エッジスクウェアがクラウド対応型の低価格ミラーリングソフトウェアを2010年10月7日よりリリース

株式会社エッジスクウェア

報道関係者各位
2010年10月3日
株式会社エッジスクウェア
代表取締役CEO 堀 勝行
COO 竹内 信一郎
CTO 伊藤 和雄

クラウドサービスの導入ならびにSOA基盤導入・開発を行っている株式会社エッジスクウェア(大阪市東淀川区 代表取締役 CEO:堀 勝行)は2010年10月7日よりWindows環境向けの低価格高速ミラーリングソフトウェアの「MiKaGaMi」のリリースを開始致します。
■製品リリースの背景
~高機能バックアップアプリケーションの低価格導入を実現~

弊社では10月25日にリリースを予定している低価格、高機能BPM、SOA基盤アプリケーションのリリースに先駆け、製品群の一部として「MiKaGaMi」をリリース致します。
 同様の製品群には比較的高額な製品が多く、必要性を感じながらも導入に際し二の足を踏むケースも少なくありません。しかもそれらのケースは初期投資に慎重になりがちな中小企業に多く見受けられます。しかし中小企業であってもバックアップの重要性に変わりはなく、逆にそれらが導入できない事によるデメリットから発生するインパクトは大企業よりも大きな物となる事が多いと考えられます。 エッジスクウェアではそれらの企業に対して安価でかつ十分な機能を有したバックアップソリューションを提供する事により企業のデータ・システム保全に関するBCPに纏わる問題などを解決したいと考えております。 

■製品の特徴
MiKaGaMi(御鏡)は、Windowsサービスとして動作し、2つのフォルダを相互にミラーリング(複製)することにより相互間のフォルダのバックアップを行うソフトウェアです。
特に高速、双方向、スケジューリング、カタログ構造という特性を持ち、下記の様な問題点に対する課題解決策として企業様の社内システム等の中で安価で安定したバックアップを実施するために活用される事を目的として開発されております。

・クラウドサービスを利用したバックアップの構築
・災害対策の為に各拠点におけるそれぞれの共有フォルダをWAN越しにミラーリングしたい。
・WEBサイトの更新を夜間等にスケジュール設定をしたい。
・企業システムのクライアントプログラムの設定ファイルを自動更新したい。
・クライアントのログファイルをサーバに収集したい。
・現行のミラーリングソフトはログインが必要な為、やむなく自動ログイン設定を行っている。
・大容量ストレージのバックアップに時間が掛かりすぎる。
・高価なバックアップソリューションの機能は不要だが利用せざるを得ない。
・バックアップの検討を行っているが実験に費用が掛かりすぎる。
■製品の価格体系
・ダウンロード版 
・エンタープライズ版 月額保守料金:3,000円
 
無償版・エンタープライズ版ともに機能面での差別化は行っておりません。
エンタープライズ版では企業様に要求されるメール、電話による保守対応サービスを実施させて頂きます。

以上


会社概要
(1)商   号:株式会社エッジスクウェア(http://www. edgsquare.co.jp/)
(2)代 表 者:代表取締役 CEO  堀 勝行
(3)本店所在地:大阪府大阪市東淀川区東中島2−8−8
(4)設立年月日:2009年6月26日
(5)主な事業の内容:クラウドコンピューティング導入支援/SOA製品の開発、販売並びに導入におけるコンサルティング
(6)資本金:800万円
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社エッジスクウェア
  4. >
  5. エッジスクウェアがクラウド対応型の低価格ミラーリングソフトウェアを2010年10月7日よりリリース

PR TIMES|プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1

エッジスクウェアがクラウド対応型の低価格ミラーリングソフトウェアを2010年10月7日よりリリース

ページトップへ戻る