mixiへの写真投稿から読み取る若者の実態調査 結果報告

ゆとり世代は写真を通して「誉められたい」願望が高い
「自然癒され派」男子と「食事重視派」女子 写真内容男女で異なる
main image
SNSを提供する株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原健治)では、mixi内に写真を投稿している15歳から39歳の男女(1,653人)を対象に、写真投稿に関するアンケートを実施、mixi内に投稿されている写真やその動機から、若者の実態や傾向を調査しました。

今回の調査の結果、mixi内に投稿されている写真は、男性「自然、花や道端の写真」が62.6%でトップ、女性は「食べ物」が53.8%でトップとなり、男女で投稿写真の内容が異なることが分かりました。
また、mixiに写真を投稿する理由として、67%が「自分の近況を友人に報告するため」と回答。友人との思い出を共有する目的で写真を利用しているだけではなく、日記の代わりなど、写真で伝える気軽なコミュニケーションのツールとして主に利用している実態が窺えます。

その他、世代別に見ると、「自分が投稿した写真に友人からコメントが欲しい」と答えた人は、10代は73%、20代69%、30代62%で、年代が若いほど写真を通して「誉められたり、友人と繋がっていたい」という意識が高い結果となり、ゆとり世代は「友達に誉めて欲しい、認めて欲しい」願望が強い、という見方ができます。

 また、「写真を現像したことが無い」「現像しない方が多い」と答えた人は全体で83%にのぼり、若者の写真現像離れの実態が明らかになりました。更に「現像しない理由」として、「手間がかかる」と答えた人が最も多く、こちらも若い世代ほど、写真の現像が面倒であると感じていることが分かりました。

< 調査概要 >
 調査方法 : mixiユーザーのページ内にアンケートを掲出し、mixi内で回答
 調査対象 : 「mixiフォト」機能を使用したことのある15歳~39歳の男女  
 有効回答数: 1,653人(男性:463人、女性1190人)
 調査期間 : 2010年7月23日~7月26日

< 調査結果概要 >                  
■ 写真を「現像しない方が多い」、「現像したことが無い」人  ・・・約83%

「撮影した写真を現像していますか?」の問いに、83%の人が「現像しない方が多い」「現像したことが無い」と回答。写真の現像離れが進んでいることが分かった。


■ 若い年齢ほど、現像が「手間」と感じる傾向に。10代 半数以上が、写真の現像は「手間」

「写真を現像しない理由」を聞いたところ、10代の半数が「手間がかかるから」と答えた。(20代41%、30代32%)他の世代と比べると、若い年齢ほど現像が面倒であると感じていることが分かった。


■「自分の近況を友人に報告する」 ために写真を投稿 67% 

「mixiに写真を投稿する理由」を聞いたところ「自分の近況を友人に報告するため」と答えた人が全体の67%にのぼり、友人と写真を通じてコミュニケーションを取っていることが分かった。 
 
■友人が投稿した写真にコメントをするなど、写真を通したコミュニケーションが活発

「友人の写真にコメントなどをする、したことがある」と答えた人は全体の86%にのぼり、写真を通したコミュニケーションが活発であることが分かる。


■ゆとり世代は「誉められたい、繋がっていたい」願望が強い。
 10代の7割以上が「自分の投稿した写真にコメントが欲しい」

「自分がアップした写真にコメントが欲しいと思いますか?」の問いに「欲しい、どちらかと言えば欲しい」と答えた人は全体で68%。その中でも、世代で分けると、高校生は78%、19-20歳は70%、20代は69%、30代62%となった。ゆとり世代と言われている10代の7割以上が「写真にコメントが欲しい」と感じている結果となり、「誉められたい、繋がっていたい」願望が強いことが分かった。


■「自然癒され派」男子と「食事重視派」女子 男女によって投稿する写真の種類も変化
Q、あなたが普段アップしている写真はどれに属しますか?(複数回答)
男性 1位  風景、自然、道端の写真、花など  62.6%
   2位  食べもの     40.0%
   3位  趣味で作ったもの 33.9%

女性 1位  食べ物       53.8%
   2位  風景、自然、道端の写真、花など  51.1%
   3位  友達や友達と一緒に写っている写真 50.8%


【追加情報1】写真から読み取る、草食男子、肉食男子の特徴
mixiに写真を投稿している男女を比較したところ、自分を「草食男子」だと思う人、「肉食女子」だと思う人の写真投稿の仕方や、友人との写真を通したコミュニケーションに違いがあることがわかった。

■ 「肉食女子」は、投稿写真の数が平均より多く、活発的/友人へのコメントも積極的

写真の平均投稿枚数/月
 肉食女子だと思う人     16.6枚
 肉食女子だと思わない人   13.3枚

友人の写真にコメントをする人の割合
 肉食女子だと思う人    90%
 肉食女子だと思わない人  85%


■一方「草食男子」は、写真の投稿数は少なく、友人へのコメントも消極的
但し一般よりも「草食男子」の方が「自分の写真にコメントが欲しい」と思っている

写真の平均投稿枚数/月
 草食男子だと思う人   11.6枚
 草食男子だと思わない人 22.3枚

友人の写真にコメントをする人の割合
 草食男子だと思う人    85%
 草食男子だと思わない人  87%

投稿した写真にコメントが欲しいと答えた人の割合
 草食男子だと思う人    73%
 草食男子だと思わない人  63%


【追加情報2】今流行りの“パワースポット写真” mixiではどうしてる?

今巷で話題の“パワースポット”。最近は「写真に撮って携帯電話の待ち受けにするとご利益がある」、など話題になっている。そんな中、本調査ではパワースポット写真の所有率や、共有の可能性についてあわせて調査を実施。
「パワースポットの写真を持っているか」と聞いたところ、17%の人がパワースポット写真を持っている、という結果に。パワースポット写真を友人にあげたことがある人は、わずか6%だったが、「もらいたい」と思う人は、24%となり、今後mixi内でも友人同士で写真の共有が活発になる可能性も。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ミクシィ
  4. >
  5. mixiへの写真投稿から読み取る若者の実態調査 結果報告