RYTAI-RYTAI リトアニア日本建築家EAST-EAST 3 2011年6月1日(水)~6月29日(水)

main image
================================================
RYTAI-RYTAI リトアニア日本建築家EAST-EAST 3
2011 年6 月1 日(水)~6 月29 日(水)
================================================

[ヨーロッパの東・リトアニア共和国]と[アジアの東・日本]。
両国の建築家たちによる互いの建築文化の理解と交流のイベント、
EAST-EASTは2001年に第一回、2009年に第二回が開催され、
日本の建築家と建築学生が渡欧し、展示・シンポジウム・学生ワークショップ等の
交流プログラムをおこなってきました。
第三回目となる今回、ついに日本・東京での開催となり、
リトアニアの建築家と建築学生を迎えることとなりました。
「East-East 3 EXHIBITION」では来日する10人のリトアニア建築家と
40人の日本建築家による50cm×180cmの布製スクリーン
(建築写真や図面で構成)計80本を展示します。
「East-East 3 Student’s Design Workshop」では、銀座をテーマに、
銀座の街の方々の協力を得ながら、10人のリトアニア学生と10人の日本学生が
具体的な建築提案をまとめるもので、5日間の共同作業をおこないます。
「East-East 3 SYMPOSIUM」では、「21世紀の建築と都市を襲う大きな波」
と題し、両国の建築家がこれからの建築と都市のありかたについて議論を
展開します。学生デザインワークショップの成果発表もおこなわれます。
そのほか、リトアニアの建築家と学生の1週間の滞在の間、建築ツアーや
パーティなど様々な交流プログラムをおこないます。

EAST-EAST3の日本側の出展建築家は40人、これまでの参加者たちが
築いてきた絆を次世代に伝え、一緒になって活動し、世界との連帯を
強めていくという意味で、槇文彦氏から中渡瀬拡司氏まで幅広い世代の
建築家が参加しています。両国の建築家の作品は、
UIA2011 TOKYO 111 Days Before 展―第24回世界建築会議
(UIA2011東京大会)プレイベントーの一環として展示されます。
東京駅丸の内中央口直結の「行幸地下ギャラリー」にて会期1か月の間、
建築関係者のみならず、広く市民の方々にも発信していきます。


------------------------------------------------
RYTAI-RYTAI リトアニア日本建築家 EAST-EAST 3
------------------------------------------------
【EXHIBITION】
会期:  2011年6月1日(水)~6月29日(水)
会場:  行幸地下ギャラリー JR東京駅丸の内地下中央口より直結
展示内容:10人のリトアニア建築家と40人の日本建築家による
     50cm×180cmの布製スクリーン(建築写真や図面で構成)計80本

【リトアニア建築家・建築学生来日プログラム】
学生デザインワークショップ:5 月31日(火)~6月4日(土)
シンポジウム:6月4日(土)16:00-19:00
       JIA建築家会館1階大ホール(東京都渋谷区神宮前2-3-16)
       ※シンポジウム内にて学生ワークショップの成果発表をおこないます。

----------------------------
オープニングテープカット
----------------------------
<UIA2011 TOKYO 111 Days Before展>
日時: 2011 年6 月1 日(水)18:30~18:45
場所: 行幸地下ギャラリー・イベントスペースにて
http://www.gyokochika.com/event/event.html#uia
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. UIA2011 東京大会 日本組織委員会
  4. >
  5. RYTAI-RYTAI リトアニア日本建築家EAST-EAST 3 2011年6月1日(水)~6月29日(水)