高齢者住宅向け介護浴槽『iebath(イエバス)』の発売について

main image
創業以来131年にわたり、病院や高齢者施設向けに
介護入浴装置とリハビリテーション機器を製造販売してまいりました酒井医療株式会社は、
一般住宅や高齢者住宅向けの新型介護浴槽『iebath(イエバス)』を2012年6月1日に発売いたします。

『iebath』のコンセプトは「くつろげる“家のお風呂”」です。
現在日本では団塊世代の高齢化に伴い、人口の3人に1人が高齢者という超高齢者社会に突入しようとしています。
介護施設の整備が十分ではない中、今後自宅や高齢者住宅など多くの場所でも高齢者介護が必要となります。
介護の専門職がいない高齢者住宅でも、
入浴する高齢者や介護をするご家族が安心して安全にくつろぎながら入浴をしていただくために本製品は開発されました。

高齢者と介護者の入浴に対する不安を以下の3つの機能により解消・支援いたします。
①浴槽縁の扉が上下するので、普通のお風呂のように足を大きくまたぎ上げる動作がありません。
②シートが上下に電動昇降するので、座り込み・立ち上がり動作も楽に行えます。
③在来工法の浴室だけではなく、ユニットバスにも設置が可能です(弊社指定機種あり)。

2012年6月1日より全国の建築会社やユニットバスメーカーを通じて受注開始予定です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 酒井医療株式会社
  4. >
  5. 高齢者住宅向け介護浴槽『iebath(イエバス)』の発売について