知られざる、まつ毛メイクの「真実」! つけまつ毛の負担は、力士を持ち上げるほど!?

main image
まつ毛美容液「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ」をはじめ、オリジナルのエイジングケア商品を展開するアンファー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:三山熊裕)は、2012年8月6日(月)より、現代女性の傷んだ「まつ毛」を修復し、女性たちをより美しく元気にすることを目的とした、『まつ毛ソリューションプロジェクト』を開始しました。
これにともない、10代~30代の女性を対象とした「まつ毛」に関する意識・実態調査を実施、さらにまつ毛メイクや誤ったケアがどれ程の負担につながるのか専門家と検証をおこないました。
その結果、まつ毛アイテムを利用することで発生する負担は、驚くべき大きさにのぼることが明らかになりました。


▼レポートサマリー

1、「つけまつ毛 」1年間の負担は、「力士を持ち上げる」負担に匹敵!?「まつ毛アイテム」による負担を物理学者が検証!

身近な疑問を科学で解明するなど、ユニークな実験を多数おこなう物理学者、平林純先生の協力のもと、物理学的視点からまつ毛メイクの負担を数値化しました。
その結果、「つけまつ毛をつけて、まぶたを持ち上げる負担(仕事量)」は1年間で、「約95㎏の力士を1cm持ち上げる際の負担(仕事量)」と同等であるという衝撃の事実が明らかになりました。
今回、この他に「まつ毛エクステをつけている時の負担」、「つけまつ毛をはがす時の負担」、「マスカラをこすり落とす時の負担」など、普段なにげなくおこなっているメイクやケアによる負担の大きさをわかりやすく紐解いています。


2、8割が「まつ毛が傷む原因」と自覚しながらも「盛りまつ毛」をやめられない!?
  最新の「まつ毛事情」を調査!

今回、現代女性の「まつ毛アイテム」の利用実態やまつ毛の状況を知るため、10代~30代の女性に調査をおこなったところ、約8割もの女性が、まつ毛メイクによる負担を自覚しながらも、まつ毛を長く見せる事をやめられずにいるという実態がわかりました。
まつ毛への負担は、まつ毛が切れたり抜けたりするだけでなく、発毛サイクルにも影響を及ぼします。
また、まつ毛の周囲の皮膚は非常に薄くデリケートなため、負担を与えることで目元の「シワ」や「たるみ」につながることがあります。
一方で、「まつ毛のケア」をしている人はたった39%と4割以下。まつ毛の負担を気にしつつも、ケアができていない女性が多いことが明らかになりました。


3、現代女性の「まつ毛」を救う!
 『まつ毛ソリューションプロジェクト』始動!

大きな負担を強いられている、現代女性の「まつ毛」。
アンファーでは、そんな傷んだまつ毛をケアし、日本女性たちをさらに美しく、元気にするため、『まつ毛ソリューションプロジェクト』を開始しました。
同プロジェクトの公式サイトでは、まつ毛ケアの重要性を楽しくお伝えし、1人でも多くの女性が、まつ毛ケアをする事で、美しいまつ毛をつくれるような情報提供をおこなっていきます。


=========================================================================================

1、「まつ毛アイテム」による日々の負担を物理学者が徹底検証!

まつ毛メイクやエクステは、まつ毛そのものや、周辺の皮膚に対する負担につながりますが、その「負担」は具体的にどの程度なのでしょうか。まつ毛は、肌や髪ほどケアをしている人が少なく、どれくらいダメージを受けているのか、なかなかわかりづらいもの。そこで今回は、「まつ毛メイク」の負担がどの程度なのかをわかりやすく紐解くため、身近な疑問を科学で解明するユニークな実験を多数おこなっている物理学者・平林純先生に、専門的視点からまつ毛メイク、エクステなどにより発生する負担を数値化していただきました。


①「まつ毛エクステ」をつける負担1年分は、まつ毛で65kg級の「柔道選手」を持ち上げる負担と同等!

「まつ毛エクステ」をつけた状態で、まぶたを持ち上げる負担(仕事量)1年分
=【持ち上げるときの力 (N)】×【持ち上げる時にまぶたを伸ばす距離(m)】×【365(日)】
⇒約61kgのものを1cm持ち上げる負担(仕事量)に相当します!

「まつ毛エクステ」をつけた状態で、まぶたを持ち上げる負担(仕事量)は、1年分で、約61kgのものを1cm持ち上げるのとほぼ同じになります。つまり、女性柔道選手(65kg級)1人を持ち上げるのと同じくらいの負担(仕事量)が発生するのです。

※片目あたりの「まつ毛エクステ」の本数を60本、重さを0.013gとして計算
※1日に6時間寝て、5秒に1回まばたきをし、1回で5mmの距離のまばたきをするとして計算


②「つけまつ毛」はさらに大きい負担!「つけまつ毛」1年分=「力士」級!?

「つけまつ毛」をつけた状態で、まぶたを持ち上げる負担(仕事量)1年分
=【持ち上げるときの力 (N)】×【持ち上げる時にまぶたを伸ばす距離(m)】×【365(日)】
⇒約95kgのものを1cm持ち上げる負担(仕事量)に相当します!

「つけまつ毛」をつけた状態で、まぶたを持ち上げる負担(仕事量)は、「まつ毛エクステ」よりもさらに大きい値となり、約95kgのものを1cm持ち上げるのとほぼ同じになります。つまり、100kg近くある力士1人を持ち上げるのとほぼ同じ負担(仕事量)なのです。

※片目あたりの「つけまつ毛」の重さを0.02gとして計算
※1日に6時間寝て、5秒に1回まばたきをし、1回で5mmの距離のまばたきをするとして計算


③「つけまつ毛」をはがす負担=「ブルドッグ」を引っ張る負担と同じ!?

「つけまつ毛」をはがす時に、まぶたを引っ張る負担(仕事量)1年分
=【はがす時の力 (N)】×【はがす時にまぶたを引っ張る距離(m)】×【365(日)】
⇒約26kgのものを1cm引っ張る負担(仕事量)に相当します!

調査によると、「つけまつ毛」を外す時には、9割とほとんどの女性が「そのまま手で引っ張ってはがす」と回答しました。「つけまつ毛」をはがす時に、まぶたが引っ張られる負担(仕事量)を、1年分に換算すると約26kgのブルドッグを引っ張るのとほぼ同じ負担(仕事量)になります。

※「つけまつ毛」をはがす時の引っ張る力を67.5cN(=0.675N)として計算
※はがすときにまぶたを引っ張る長さを5mmとして計算


④「マスカラ」を落とす負担は、大型犬の代表格「セントバーナード」2匹との散歩に匹敵!

「マスカラ」を落とす時に、まぶたを引っ張る負担(仕事量)1年分
=【まぶたを引っ張る力 (N)】×【引っ張る長さ(m)】×【こする回数(回)】×【365(日)】
⇒約168kgのものを1cm引っ張る負担(仕事量)に相当します!

しっかりメイクをオフする事が必要なマスカラですが、落とす時にまぶたを引っ張ってしまうと、大きな負担(仕事量)がかかることに。その負担(仕事量)を1年分に換算すると、大型犬のセントバーナード2匹を引っ張るのと同じくらいの負担(仕事量)になります。

※「マスカラ」を除去する時の引っ張る力を45cN(=0.45N)として計算
※除去するときにまぶたを引っ張る長さを10mmとして計算
※1回の除去につき、5回こするとして計算


『女性たちが普段何気なく利用している、「まつ毛エクステ」や「まつ毛メイク」。しかし、これらを利用することで発生するまつ毛の負担(仕事量)を物理学的に計算してみると、実はとんでもない数値になるのです。』

*監修:物理学者 平林純(ひらばやしじゅん)
1968年、東京都生まれ。京都大学大学院理学研究科修了。主な著書に『史上最強 科学のムダ知識』(技術評論社)など。TV番組出演も多数。「江戸時代から続く秘伝のタレには、当時の分子が本当に残っているのか?」など、身近な疑問を科学で解明するユニークな実験や計算をおこなっている。


2、「まつ毛メイク」をする女性、8割は「まつ毛が傷む原因」と自覚
  最新まつ毛メイク&ケア実態!

まつ毛を長く、美しく見せたいと望む女性が増え、アイテムも日々充実しています。ビューラー、マスカラ、つけまつ毛をはじめとした「まつ毛メイク」、そして人工のまつ毛を接着する「まつ毛エクステ」など、現代の女性たちは、まつ毛を美しく見せるべく様々なアイテムを活用しています。  
今回は現代女性のまつ毛の実態調査をすべく、10代~30代の「まつ毛エクステ」をしている女性・していない女性各250名、計500名に「まつ毛」に関する実態調査を行いました。


①日常的に「まつ毛メイク」をしている女性は7割以上

まず、「まつ毛エクステ」をつけていない人を対象に、「まつ毛メイク」の利用状況について調査を実施。
「まつ毛メイク用のアイテムの利用状況」を聞いたところ、72%の女性が、日常的に何らかのまつ毛メイクをしているという結果に。
そのうち、使用アイテム別に見てみると、「マスカラ」が84%、「ビューラー」が83%と多数。また「つけまつ毛」も17%と6人に1人が使用しているという結果となりました。
「利用頻度」としては、すべてのアイテムにおいて、「毎日」という回答が多いという結果となりました。


②「熱でカール」「つけまつ毛を引っ張ってはがす」…過度な負担をかけている人も多数!

さらにまつ毛や周りの皮膚に対して強い負荷を与えるような使い方をしている人も見られ、「ホットビューラーなど、熱を与えてまつ毛のカールをつくる」という人は14%で7人に1人という結果に。
また、「つけまつ毛」は取り外す際にまつ毛が抜けたり、周辺の皮膚が引っ張られたりする原因になるアイテムですが、「つけまつ毛」ユーザーに普段の外し方を聞くと、「そのまま手で引っ張ってはがす」人が87%と圧倒的で、その他の回答を大きく上回りました。


③8割が「まつ毛メイク」によるまつ毛の負担を自覚…けれども6割が“放置”!

また、普段からまつ毛メイクをしている女性に、「まつ毛メイクが地まつ毛を傷める原因になっているか」という問いに対しては、79%と約8割もの女性が「思う」と回答。多くの女性が、“まつ毛メイク”による負担を自覚しながらも、これらのアイテムを使い続けています。
また、その一方でケアをしているかという問いに対し「している」と答えた女性は39%と4割以下。まつ毛の負担を気にしつつも、ケアができていない女性が多いという結果となりました。


④「まつ毛エクステ」ユーザーも、多くが「地まつ毛の傷み」を自覚

一方、「まつ毛エクステ」をつけている女性に、地まつ毛が傷んでいるかと聞いたところ、62%が「思う」と答えました。
日々の負荷は感じにくいものの、人工的なまつ毛を装着する施術が必要な「まつ毛エクステ」は、地まつ毛のダメージの一因になっているようです。
しかしその分、「まつ毛エクステ」ユーザーの「地まつ毛」のケア意識は高く、「定期的にケアをしている」女性も62%と高い数値となりました。


■まとめ

多くの女性が、「まつ毛メイク」や「まつ毛エクステ」が地まつ毛の負担になることを自覚しているようです。
実際に、過度なメイクやエクステ施術、誤ったケアは、まつ毛が切れたり抜けたりする要因になるほか、発毛サイクルにも影響を及ぼし、徐々に地まつ毛が少なくなる原因にもなります。
さらに、まつ毛の周囲の皮膚は非常に薄く、デリケートなため、負担をあたえることで「シワ」や「たるみ」につながることがあります。


【調査概要】
・調査対象:10代~30代女性 500名
( 「まつ毛エクステ」をしている女性・していない女性各250名)
・調査期間:2012年7月17日~7月23日        
・調査方法:インターネット調査


3、現代女性の「まつ毛」を救う!『まつ毛ソリューションプロジェクト』始動

「顔の印象」を大きく左右する重要な部位にもかかわらず、大きな負担を強いられている、現代女性の「まつ毛」。まつ毛メイクのしすぎや、誤ったケアなどで、まつ毛が抜けたり、傷んだりしている人も多いのではないでしょうか。
アンファー『まつ毛ソリューションプロジェクト』は、こうした現代女性のまつ毛を修復し、日本人女性をより美しく、元気にすることを目的にスタートしたプロジェクトです。

『まつ毛ソリューションプロジェクト』の公式サイトでは、美しいまつ毛を目指すため、今回のレポートで紹介した調査結果や専門家へのインタビュー内容のほか、3分でまつ毛年齢がわかる「ブスま診断」、専門家監修の「ブスまつ毛10カ条」、美しいまつ毛の法則を解明した「まつ毛の黄金比率」など、まつ毛をテーマにしたコンテンツが盛りだくさんです。
『まつ毛ソリューションプロジェクト』をきっかけに、1人でも多くの日本女性が「まつ毛」の悩みから解放されることを願っています。

「商品紹介」
13年の毛髪研究からまつ毛のサイクルに着目して開発した「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ」の紹介

「ブスま診断」
あなたの「まつ毛年齢は?!」
3分で今のまつ毛の状態がわかる、衝撃!?診断コンテンツ

「ブスまつ毛10カ条」
思い当たる節はないですか?
まつ毛を放っておく事で起こる「ブスまつ毛」の条件を徹底指南!

「まつ毛の黄金比率」
「美しいまつ毛」とはどんなまつ毛!?
最も美しい比率である黄金比から、理想のまつ毛を解説!!

「まつ毛の負担調査」
私たちは日々まつ毛にどのくらいの負担をかけているのかを数値化!
まつ毛メイクやエクステによる負担は、地まつ毛の傷みはもちろん、目元のたるみやシワの要因にも・・・

「すっぴん調査」
まつ毛エクステですっぴんの自信に○倍もの影響を与えている!?など、すっぴんに対する意識調査からわかったまつ毛の状況!
またすっぴんでもカワイイ女性の大きな要素であるまつ毛のヒミツを化粧心理学の専門家が解説!

「アジアまつ毛実態調査」
日本・中国・韓国のまつ毛事情を徹底比較!
(2012年8月下旬公開予定)


『まつ毛ソリューションプロジェクト』公式サイト
http://sd-beaute.angfa-store.jp/matsuge/index.html


■アンファー株式会社について
アンファー株式会社は、1987年の会社設立以来「ニッポンを若くする」をコンセプトに、皆さまの「いつまでも美しく、健やかに生きる」というエイジングケア・ライフスタイルの実現をめざすトータルエイジングケア・カンパニーです。
多くの医師や臨床機関・研究機関との密接なリレーションを構築しながら、
「スカルプD」をはじめ、様々なエイジングケア商品の企画・研究開発および
販売をおこなっております。


-----------------------------------------------------------------------------------------
■このリリースに関するお問い合わせや取材、資料ご希望の方は下記までご連絡ください■
トレンダーズ株式会社  担当:山口(やまぐち)
TEL:03-5774-8871 / FAX:03-5774-8872 / mail:press@trenders.co.jp
-----------------------------------------------------------------------------------------
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アンファー株式会社
  4. >
  5. 知られざる、まつ毛メイクの「真実」! つけまつ毛の負担は、力士を持ち上げるほど!?