電子新聞サービス 「神戸新聞NEXT」11月1日スタート

 神戸新聞社(本社・神戸市、高士薫・代表取締役社長)は11月1日、電子新聞サービス「神戸新聞NEXT」を発刊します。


<サービス内容>

 神戸新聞NEXT(ネクスト)で提供する主なサービスは、ウェブサイト(ホームページ)での速報など有料記事閲覧▽朝刊紙面と兵庫県内12地域すべての地域版が当日を含めて過去1カ月間読める紙面ビューワー▽過去1年間の紙面記事を検索し、テキストや切り抜きイメージで表示できる過去記事データベース▽重大ニュース・安全安心ニュース・鉄道運行情報などのメールサービスです。有料ページでは、連載記事、紙面未掲載の記事写真や動画、地域スポーツ情報など多彩なコンテンツを盛り込み、新聞紙面とあわせてニュースをいつでもたっぷり読んでいただくための工夫を凝らします。

 地域に密着した身近なニュース、暮らしの安全を守る大切な情報をいつでもどこでも利用していただくために、パソコン、スマートフォン、タブレットのブラウザー(閲覧ソフト)を使ってインターネットに接続できる環境であればすべてのサービスをご利用できます。

<神戸新聞NEXT発刊の目的>

 ライフスタイルが多様化する中で、自宅でゆっくり新聞を読む時間は限られています。通勤通学の途中や昼休み、少しの待ち時間など、いつでもどこでもすきま時間にさまざまな端末で新聞コンテンツを読んでもらうことを期待しています。さらに、記事データベースや安全安心メールなど、新聞読者が便利に使える機能も加えて、新聞を補完するサービスとして最も便利に使ってもらえるようにデザインしました。

 神戸新聞社は兵庫県内で最大の取材網を持つ地方紙として、きめ細かい地域情報をこれまでも紙面で読者の皆様にお届けしてきました。神戸新聞NEXTは、この取材網を生かして、地域型の電子新聞サービスを読者の皆様や兵庫県外にお住まいの方に提供します。

 また1995年1月17日の阪神・淡路大震災の被災体験を教訓に、災害時など地域の安全安心情報をメールサービスでも提供していきます。

<コース・利用料金>

☆神戸新聞をご購読いただいている方は新聞購読料+月額157円(税込)の「ダブルコース」
☆神戸新聞NEXTを単独で利用される方は月額3675円(税込)の「電子版単独コース」 の2種類です。

 ダブルコースは新聞購読料とあわせて販売店にお支払いいただきます。電子版単独コースはネットからクレジットカード決済していただく必要があります。

<利用申し込み>

 2つのコースとも11月1日から下記の「神戸新聞NEXT」サイトで受け付けを開始します。なお発刊記念キャンペーンとして2013年2月末まで無料でお使いいただけます。キャンペーン終了後は、申し込み当月と翌月の最大2カ月無料でお使いいただけます。

<ご利用環境>

■パソコンの場合 WindowsXP/Vista/Windows7、MacOSX10.5以降など Internet Explorer8.0以降、Safari・Chrome・Firefoxの最新版
■iPhone、iPadの場合 iOS4.0以降 (OS標準のブラウザでのご利用をおすすめします)
■Androidスマートフォン、Androidタブレットの場合 Android2.2以降 (OS標準のブラウザでのご利用をおすすめします)

※iPad、iPhoneは、Apple Inc.の商標です。 ※Androidは、Google Inc.の商標です。 ※従来の携帯電話には対応していません。なお、安全安心メールは携帯電話のアドレスにも送ることが可能です。

<ご利用制限>

 同じIDでの複数の端末での利用は、同一世帯にお住まいのご家族に限らせていただきます(台数制限があります)。ご利用は個人に限り、法人でのお申し込みはできません。

<プレゼント・特典>

 神戸新聞NEXTの利用登録をしていただいた方は全員、神戸新聞の読者会員組織「ミントクラブ」会員として、多彩なプレゼントが抽選で当たるほか、提携店で割引サービスなどを受けることができます。    


〇神戸新聞NEXT情報掲載サイト
 パソコン版  http://www.kobe-np.co.jp/info/nextguide/
 スマートフォン版  http://www.kobe-np.co.jp/info/nextguide/sp/

〇サービスの一般お問い合わせデスク
 050-3757-5255(10:00-18:00)  メール:next@kobe-np.co.jp



※2015年9月13日より、お問い合わせ電話番号と受付時間が変わりました

〇サービスの一般お問い合わせデスク 078-381-5578(10:00-17:30)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 神戸新聞社
  4. >
  5. 電子新聞サービス 「神戸新聞NEXT」11月1日スタート