被災3県の新聞社による、復興に向けた初の試み iPhoneアプリ『Smile News』創刊 スマイルとうほくプロジェクト

main image

福島民報社(本社:福島県福島市、代表取締役社長:高橋雅行)、河北新報社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:一力雅彦)、岩手日報社(本社:岩手県盛岡市、代表取締役社長:三浦宏)は、2012年1月より、被災地の復興支援のために、「スマイルとうほくプロジェクト」を展開しています(特別協賛:花王株式会社、株式会社ニコン) 。

この度スマイルとうほくプロジェクトでは、被災から3年目となる2013年3月11日より、東北と全国をつなぐ新しい取り組みとして、iPhoneアプリ『Smile News』を創刊しました。

アプリでは、3つの新聞社が交替で、少しずつ伝わりにくくなってきた東北の「今」がわかるニュースを、365日配信。記事を読めば読む程、アプリの中で花が成長し、花が咲いたら、自分のネームプレートつきで、実際に被災地に花が植えられます。(スマイルとうほくプロジェクトの基幹活動である、被災地で花を植え育てる「咲かせよう笑顔の花」プロジェクトと連動。)

毎日花の成長を楽しみながら、同時に被災地の現状を知ることができ、さらに被災地で花を植え、育てることで、大きな課題の一つである地域のコミュニティづくりにも貢献します。

今後、花が満開になる夏~秋にかけては、被災地での満開フェスティバルなども実施し、全国からの観光客の誘致にもつなげていく考えです。

東北のニュースを読んで、笑顔の花を咲かせよう!

Smile Newsのダウンロードはこちらから
https://itunes.apple.com/ja/app/smilenews/id606189418

スマイルとうほくプロジェクトについてはこちらから
http://smile-tohoku.jp/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. SMILE TOHOKU PROJECT 事務局
  4. >
  5. 被災3県の新聞社による、復興に向けた初の試み iPhoneアプリ『Smile News』創刊 スマイルとうほくプロジェクト