食品工場に特化した工程管理ソフトウェア「JoyFood」を開発、販売を開始

≪簡単な運用でトレーサビリティを実現!≫ 

食品製造業の製造システムに多くの導入実績を持つ、ジェイティ エンジニアリングが、
現場の声を集め、食品業界に特化して開発した
工程管理ソフトウェア「JoyFood(ジョイフード)」の販売を開始。
導入し易いパッケージソフトで展開、食品業界のトレーサビリティに貢献します。
main image

■ジェイティ エンジニアリング株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:田口 敏夫)は、
当社が提供しております製造業界向けパッケージソストウェアJoyシリーズの新製品として、
食品業界に特化した工程管理ソフトウェア「JoyFood(ジョイフード)」を開発、販売を開始します。

●コンセプト
新製品:JoyFoodは、食品製造現場への徹底したマーケティングとこれまでの培った経験をベースに、
市場要求が高まり続けている食の安心・安全に対して最も不可欠なトレーサビリティの構築に特化、
使い易さ・導入し易さを併せ持つ新しいコンセプトの食品製造業向け工程管理ソフトウェアです。
JoyFoodを導入する事により、製造データの詳細管理による品質向上、廃棄ロス・誤投入の防止などの
トラブル対策、さらに在庫情報をリアルタイムで把握出来るので、在庫管理の向上にも貢献します。

●主な特長
・製品ロットと原材料のひも付けによる、確実な製品履歴管理
 →手書きなどで行われてきた作業日報や伝票管理を、受入登録・処理などの情報を電子化する事により
  正確なデータを収集、迅速かつ正確なトレーサビリティを実現します。
・原料投入時の使用期限チェックによる投入ミスの低減
 →受入時に使用期限を入力することで、投入時の使用期限チェックが簡単に行えるので
  投入ミスを未然に防ぐ事が可能となります。
・携帯端末対応による作業負荷の軽減
 →スマートフォンやタブレット端末に対応しているので、現場で簡単に入力作業が出来ます。
  IP54(防滴仕様)に準拠したハンディーターミナル(パナソニック製JT-320HT)を
  標準採用しているので、水や粉ものなどを取り扱う現場でも使用出来ます。
・導入し易いパッケージソフトウェア
 →必要な機能に絞り込み、パッケージ化する事により低価格化を実現しました。
  使い易さを考えたシンプル画面と高い視認性で、導入後すぐに、そして簡単にお使い頂けます。
・他のJoyシリーズとの連携による高い拡張性と柔軟なシステム構築
 →他のJoy製品との連携と柔軟な拡張性により、収集データの更なる有効活用や
  ご希望に合わせたカスタマイズなどが柔軟に行えます。

■ジェイティ エンジニアリング株式会社について
ジェイティ エンジニアリング株式会社は1987年にJT(日本たばこ産業株式会社)より
「専門技術集団の分社化による機動性の発揮」及び 「JTにおいて培った技術の展開」
を目的として設立されました。システムインテグレーション部では、MESにおける3つ
のステージ計画・実行・監視制御の全てのステージをカバーする製造業向けの部品系
MESパッケージ群をラインナップ、汎用の生産管理システムはもちろん、ERPパッケージ
との連携により製造業における統合情報システムを強力にサポートしております。

本社:東京都墨田区横川1丁目17番7号 TEL.03-5610-7601(代表)
設立:1987年(昭和62年)10月
資本金:2億円(日本たばこ産業株式会社全額出資)
ホ-ムページ:http://www.jte.co.jp/

当プレスリリースに関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

◆ 報道関係者問い合わせ窓口
ジェイティ エンジニアリング株式会社 
営業部 営業2チーム 担当:入江 修
Email: osamu.irie@jt.com
phone: 03-5610-7605
*このプレスリリースに記載された会社名、商品名は、各社の商標、または登録商標です。

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ジェイティ エンジニアリング株式会社
  4. >
  5. 食品工場に特化した工程管理ソフトウェア「JoyFood」を開発、販売を開始