日本市場でのnxTOMO(ネクストモ)事業戦略を発表 120秒のCGアニメーションを最速90分で制作!

main image

 Next Media Animation Japan株式会社(本社:東京都港区、運営責任者:岡本伸一)は、この度日本市場への本格参入を表明し、4つの柱となる戦略プランを発表いたします。
Next Media Animation Japan株式会社は、香港で新聞・雑誌・出版などのメディア事業を展開する上場企業「Next Media Limited」のグループ会社として2012年5月に設立いたしました。
この度、日本市場への本格参入のための事業戦略として、4つの柱からなる「nxTomo(ネクストモ)事業」を掲げ、
モバイルエンターテイメントコンテンツを中心としたサービス展開を図っていきます。120秒のCGアニメーションを
最速90分で制作する台湾の専用スタジオが生み出す新規性に富んだ、話題性のある動画ニュースや動くマンガなどのコンテンツの他、オリジナルアニメーション/ゲームの制作や、海外での人気ゲームの輸入など様々なジャンルの
エンターテインメントコンテンツを提供いたします。
 今回の日本市場への本格参入を通して、アジア地域におけるビジネス強化はもちろん、日本のエンターテインメントコンテンツの新しい風となれるような事業展開を目指してまいります。

 

■nxTomo(ネクストモ)事業4つの柱
・「TomoNews(トモニュース)」  :
これまで実写映像では再現できなかった部分をCGアニメーションで補うことで全体像が見える、実写+CGアニメの【ハイブリッドニュース】と、【CGアニメニュース】を 超スピードで配信。 

・「TOMOTOON!(トモトゥーン)」 :
漫画のもう一つの未来。漫画のコマ、構成、セリフなどの特性を生かしたビデオエンタテインメント。

・「TOMOANIME(トモアニメ)」   :
世界を狙う、オリジナル新作ショートCGアニメーションのラインアップ。

・「TOMOGAMES(トモゲームス)」 :
「人と人とのコミュニケーションを広げる」をテーマにワールドワイドでビジネス展開。


【会社概要】
・社名: Next Media Animation Japan株式会社(ネクストメディアアニメーションジャパンカブシキガイシャ)
・運営責任者:マネージング・ダイレクター岡本伸一
・所在地: 東京都港区赤坂7-6-38 アルファベットセブン 302
・URL: http://www.nmaj.co.jp

【日本本格参入における4つの柱に関して】
■TomoNews(トモニュース)
TomoNewsはCGアニメーションをつかって、ニュースの全体像を、より詳細にわかりやすくお伝えする次世代のニュースメディアです。CGアニメニュースはもちろん、CGアニメと実写映像を組み合わせることにより、他のニュースメディアではできない、よりリアルで分かり易いニュースを発信します。 
ニュースを正確に伝えるには、映像だけでは伝わりにくいと弊社では考えています。
先日起きた山梨のトンネル崩落事故や、エジプトでおきた気球の墜落事故のように、実写映像は実際に起きたことのほんの断片しか視聴者に伝えることができません。しかし、その欠如をCGアニメによって埋めることで、事件や事故の内容や、日時などの全体像をより詳細・正確に、そして効果的に説明し、視聴者に発信できます。
またTomoNewsはメジャーなニュースだけではなく、重箱の隅をつつくような細かい話題もフォローします。
そして、従来の伝統やしがらみからニュースを解き放ち、新たな視点でニュースをお伝えします。


・日本サービス開始日時 : 4月16日(火)
・閲覧方法 : 各サイト・アプリよりアクセス。(専用アプリのダウンロードは無料。コンテンツ視聴も無料。)
<WEBサイト>  
・TomoNewsJP   http://www.tomonews.net
・YOUTUBE    http://www.youtube.com/TomoNewsJP
・フェイスブック  https://www.facebook.com/TomoNewsJP
・ツイッター    https://twitter.com/TomoNewsJP
<専用アプリ>
・TomoNews β版
アンドロイド https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nextmedia.gan 
iOS      https://itunes.apple.com/jp/app/tomonews/id633875353?l=en&mt=8
          
・配信数:1日20本前後(国内・国外のニュースを含む)
・配信地域:日本 (※2013年末までには、香港・アメリカでも展開予定)

■TOMOTOON!(トモトゥーン)
TOMOTOON!は、日本が誇る世界の文化「漫画」をもとにして生まれ、スマートフォンやタブレットなど、モバイル機器での視聴を意識して作られた新しいビデオエンタテインメントであり、配信サービスです。
TOMOTOON!という名称には、「漫画・アニメ」という意味のCartoon、「明日」という意味のTomorrow、ふたつの言葉 を組み合わせ、「漫画」のもうひとつの未来を切り開きたいという私たちの思いをこめました。
原作となっている漫画のコマ、構成、セリフ、吹き出し、擬音を生かし、原画をCGアニメーションとして書き起こした画期的なビデオエンタテインメント。ページをめくらなくてもコマが動いて物語が進んでいくので、漫画を読むときの躍動感をより体感的に感じていただけます。

・閲覧方法:各サイト・アプリよりアクセス。(専用アプリのダウンロードは無料。コンテンツダウンロード毎に課金。)
< WEBサイト> 
・TOMOSTORE(無料視聴および購入) http://tomostore.jp/
・Youtube http://www.youtube.com/user/tomotoonYT
・フェイスブック http://www.facebook.com/nxtomo.tomotoon
・ツイッター https://twitter.com/tomotoon2013
<専用アプリ>(IOS、アンドロイド) ※ios版は申請中
・TOMOSTORE(アンドロイド版)https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nextmedia.nxtomo.tomostore
・無料視聴アプリ〝TOMOSTORE FREE(仮)″(5月上旬アンドロイド版、6月上旬iOS版ローンチ予定)
・閲覧料金:コンテンツによって異なります。
・配信地域:日本 (※香港ほか海外でも随時配信予定)

【配信予定のコンテンツ作品】 
・タイトル :ダブル・ハード
・販売開始日:2013年4月16日(火)
・価格:1巻(全4章22話収録) 525円 (※オープニングキャンペーン価格¥315)
    
1章157円  (※オープニングキャンペーン価格¥105)
・作品紹介:’93~’03年まで『月刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された、今野直樹先生による 伝説の喧嘩バトルコミック。無敵を誇るKF(ナックルファイター)・速水大貴が、相棒でプロの「殴り屋」である鷹山仁と、生身のファイトを繰り広げていく。
※「ダブル・ハード」のコミックは集英社ジャンプ・コミックスより発売
※Double Hard “Video comic”は香港、台湾のSharp Dailyでも4月下旬より掲載予定

・タイトル:クロカン 
・販売開始日:2013年7月2日(火)
・価格 :525円予定
・作品紹介:「ドラゴン桜」の三田紀房先生が、’96~’02年まで「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)に連載した熱血高校野球漫画。主人公となるのは、野球部監督「クロカン」こと黒木竜次。型破りな指導と采配によって更迭寸前の黒木が、様々なチームを勝利に導く痛快高校野球漫画。


■「TOMOANIME(トモアニメ)」
TOMOANIMEは、マルチクリエイターとして活躍中の広井王子プロデュース、元・ドリームワークス副社長のリチャード・チュアン監修による、オリジナルショートCGアニメーション群です。広井王子の感性と500名からなる台湾スタジオの技術が合わさり、毎日新しい作品を次々に生み出しています。

・閲覧方法:各サイト・アプリよりアクセス。(専用アプリのダウンロードは無料。コンテンツダウンロード毎に課金。)

<WEBサイト> 
・TOMOSTORE http://tomostore.jp/
・フェイスブック http://www.facebook.com/tomoanimation
・ツイッター https://twitter.com/tomoanimation
<専用アプリ>(IOS、アンドロイド) ※ios版は申請中
・TOMOSTORE(アンドロイド版)https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nextmedia.nxtomo.tomostore
・無料視聴アプリ〝TOMOSTORE FREE(仮)″(5月上旬アンドロイド版、6月上旬iOS版ローンチ予定)


【ローンチ予定のコンテンツ作品】
・タイトル:SPY PENGUIN(スパイペンギン)
・配信開始日:4月16日(火)              
・作品紹介 :子供心を掴む、1話完結・勧善懲悪のスパイアニメーション「スパイペンギン」!フルCGの可愛いスパイペンギン達が、画面狭しと躍動感たっぷりに駆け回ります。
※集英社「最強ジャンプ」にて2012年10月号(9/4売り)よりDVD付録&マンガで連載!(5月号(4/4売り)よりマンガのみ連載中)
※Gyao!にて4月末日ローンチ予定
・スタッフ :原作・監督:広井王子、キャラクターデザイン:辻野芳輝
・YouTube:http://www.youtube.com/user/spypenguinYT
・コスプレカメラbyスパイペンギン:https://itunes.apple.com/jp/app/kosupurekamera/id621327980?l=ja&ls=1&mt=8 

・タイトル:Mad Box Zombies(マッドボックスゾンビーズ)
・配信開始日:4月16日(火)
・作品紹介 :個性豊かでキモカワなゾンビたちがキッチンで大暴れ!死んでも死なないサバイバルを 制し、最後まで生き残るのは誰!?R15指定ギリギリ!?のゾンビショートアニメ!
・スタッフ:監督:広井王子、キャラクターデザイン:Michi66 x 池内美智子
・YouTube:http://www.youtube.com/user/madboxzombies

・タイトル :ODDBODS(オッドボッズ)
・配信開始日:4月16日(火)
・作品紹介:カラフルな毛皮に覆われた7人(?)のオッドポッツ。怒りんぼ、のんき、まじめなど、様々な個性を持ったキャラクター達が今日もちっちゃな事件を巻き起こします。
・制作:one animataion
・YouTube:http://www.youtube.com/user/oddbodsYT

・タイトル :夏恋戦機(カレンセンキ) 
・ローンチ:2013年秋予定
・作品紹介:奇跡のタッグが再結成!プロデュース:広井王子、作画:藤島康介の最新オリジナルアニメーション。機械が人間を制圧した世界で、夏恋は戦う・・・。
・スタッフ:原作/監督:広井王子 、 キャラクターデザイン:藤島康介

【広井王子】
漫画/アニメ/テレビゲームなどの原作を手掛けるマルチクリエイター・舞台演出家。『魔神英雄伝ワタル』でアニメの原作を手掛けた。さらにゲーム業界でも『サクラ大戦シリーズ』等多くのヒット作を生み出す。キャラクターを中心とした独特の世界観づくりは、キャラクタービジネスの可能性を広げた。2011年11月より、Next Media AnimationのChief Creative Officerに就任しオリジナルアニメーションを制作中。

【Richard Chuang(リチャード・チュアン)】
CG、デジタルエフェクト界の第一人者で、1981年にPacific Data Imageの共同創業者としてエンターテインメント業界でアートと技術の収束を始める。現在TVやゲームで偏在しているアニメーションとデジタルエフェクトの先駆けとなる。PDIは後ににドリームワークスとなり、『Shrek』や『マダガスカル』など数多くのCGアニメーション映画を手がける。2012年1月からNext Media Animation の社長兼CEO、2013年1月より副会長に就任。

 

■TOMOGAMES(トモゲームス)
TOMOGAMESは、会員登録不要ですぐに遊べるカジュアルゲームから、リアルロケーションを使った本格的なゲームまで、さまざまなジャンルのオリジナルゲームを続々制作予定しております。また、海外の大人気ゲームを日本向けに配信しています。言語を日本語表記にすることに止まらず、アイテムやマップなどを日本向けに変更することで、日本独自の要素を盛り込んだ魅力あふれるゲームとしてお届けしております。

【オリジナルゲームタイトル】
・タイトル:ふわふわ「フラッフィ」
・配信開始日:配信中
・販売サイト:AppStore
・販売価格:有料版170円 (配信開始記念として85円にて配信中)
・対応環境:iOS4.3以降
・作品紹介:わたげの妖精「フラッフィ」がくりひろげる“ふわふわ”感が可愛いシンプルアクションゲーム。

・タイトル:つりとも
・配信開始日:未定
・販売サイト:AppStore
・販売価格: ダウンロード無料(一部課金あり)
・対応環境:iOS4.3以降
・作品紹介:いっしょに“つり”しよ。 コミュニケーションつりコンプリートゲーム。

・タイトル:LIFE IS MAGIC
・配信開始日:4月中(予定)台湾、香港、マカオ同時リリース
・販売サイト:AppStore、GooglePlay
・販売価格:ダウンロード無料(一部課金あり)
・対応環境:iOS4.3以降、Android2.3以上対応
・作品紹介:最強の魔法使いを目指せ。
      
LBS(リアルロケーションベース)のfantasy MMO(大規模多人数同時参加型オンラインゲーム)。

【海外ゲーム輸入タイトル】
・タイトル:犯罪人生ライフイズクライム
・配信開始日:大人気配信中 (日本 RPG部門1位!、アメリカ RPG部門1位!総合2位!)
・販売サイト:AppStore、GooglePlay
・販売価格: ダウンロード無料(一部課金あり)
・対応環境:iOS4.3以降、Android2.3以上対応
・作品紹介: LBS(リアルロケーションゲーム)とソーシャルゲームを融合したバーチャルクライムMMO(大規模多人数同時参加型オンラインゲーム)。

このほか、香港や台湾などネクストメディアグループのネットワークが強い地域において、日本や韓国の人気ゲームをローンチする「ライセンシー部門」もあり、ゲームを通じて世界中の人と人とのコミュニケーションを広げております。

【NMAアジア展開するゲーム】
・タイトル:バーコードフットボーラー
・配信開始日:香港、台湾、マカオ 7月予定 (日本 スポーツ部門1位!)
・販売サイト:AppStore、GooglePlay
・販売価格:ダウンロード無料(一部課金あり)
・対応環境:iOS4.3以降、Android2.3以上対応
・作品紹介:本格サッカークラブ育成ゲーム

・タイトル:Brandnew Boy
・配信開始日:香港、台湾、マカオ7月予定
・販売サイト:AppStore、GooglePlay
・販売価格: ダウンロード無料(一部課金あり)
・対応環境:iOS4.3以降、Android2.3以上対応
・作品紹介:Unreal エンジンを使った 3DアクションRPGゲーム

・タイトル:Dragon Hunter
・配信開始日:香港、台湾、マカオ6月予定
・販売サイト:AppStore、GooglePlay
・販売価格: ダウンロード無料(一部課金あり)
・対応環境:iOS4.3以降、Android2.3以上対応
・作品紹介: RPGゲーム

【Next Media Animataionの動画制作に関して】
「nxTOMO」事業の「TomoNews」、「TOMOTOON!」、そして「TOMOANIME」の動画コンテンツは、「Next Media Animation」台湾の専用アニメスタジオにて制作されています。
約500人のスタッフの技術力とチームワークによって、日夜新しいコンテンツの制作と配信を実現しています。

特長① ニュースや漫画を丸ごと解析
ニュースや漫画の内容を台湾の現地スタッフが、事実・台詞・描写・情景・空気感などを正確に丸ごと解析し、CGアニメの設計図を作成いたします。

特長② 総勢500人のスタッフが、超スピードで動画を制作
ニュースや漫画をCGムービーとして次々と配信するために、台湾の制作現場では500人のスタッフが、圧倒的なスピードで制作を行っています。

特長③ 完成までの全行程を全て同時に
ビデオコンテの作成、キャラクターの3D解析、ナレーション/台詞の録音、モーションキャプチャー、コンポジット、カメラワーク、そして編集、そのすべてを同時に行うことができる体制が整っています。

【nxTOMOのネーミングについて】
「nxTOMO」のnx(next)には3つの意味があります。
一つ目はネクストメディアの『ネクスト』。
二つ目は『次世代』、三つ目は、『いつもそばにいる』、というモバイル時代にぴったりの意味です。
また、TOMOは『友達』のトモと、『TOMORROW』の2つの意味を込めています。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Next Media Animation Japan株式会社
  4. >
  5. 日本市場でのnxTOMO(ネクストモ)事業戦略を発表 120秒のCGアニメーションを最速90分で制作!