「Orée(オリー) ポップアップストア」が世界に先駆け東銀座にオープン

目で見て触って、木目が選べて、その場カスタム刻印 30分でお持ち帰り可能 仏ギルトの権威「Compagnon(コンパニョン)」の職人が手がける木製デザインキーボード

南仏のIT機器メーカーのOrée SAS(フランス法人・代表:ジュリアン・サラナーブ)は、世界の主要都市で期間限定のリアル店舗「Orée ポップアップストア」のツアーを行います。その第1弾として、世界に先駆け日本から、6月29日(土)~7月7日(日)の期間限定で、東京の東銀座にポップアップストアをオープンいたします。

南仏のIT機器メーカーのOrée SAS(フランス法人・代表:ジュリアン・サラナーブ)は、世界の主要都市で期間限定のリアル店舗「Orée ポップアップストア」のツアーを行います。その第1弾として、世界に先駆け日本から、6月29日(土)~7月7日(日)の期間限定で、東京の東銀座にポップアップストア※1をオープンいたします。

 

 

 

 

ストアでは、タブレット、パソコン用の木製キーボード、「Orée board(オリーボード)」を販売いたします。高級なクルミ材・メープル材を使い1枚板でできたキーボードで、「Compagnon(コンパニョン)」と称されるフランスで最も敬意を払われる職工ギルトの称号を持った職人が監督する南仏の工房で一つ一つ手作りされております。南仏は高度な技術を持った家具職人を多数抱えることで有名ですが、本商品はその伝統工芸技術と、最新の加工技術を見事に融合させた逸品で、2012年9月の発売以来、フランス国内はもとより欧州全土、アメリカでも大人気で、デザインアワード※2も入賞しております。

 

 

 

 日本国内では、2012年10月の発売開始以来、弊社ホームページ上での限定発売でありながらも大変ご好評を頂いております。森林が国土の7割を占める日本は世界的に見ても木製製品が生活に定着しており、こだわりや愛着をもつ人が多い地域です。また、林野庁が今年の4月より木材の利用促進を目的とした「木材利用ポイント制度」をスタートさせており、木製製品に注目が集まることが予想されます。以上から、Oréeでは、日本を世界で最も重要な市場の一つと捉え、「Orée ポップアップストア」を、日本を皮切りに開始いたしました。

 ストアは南仏の田舎町にある木工房のゆったりとした雰囲気を表現し、お客様はOréeの世界観をお楽しみいただけます。キーボード購入の際は、その場で木目や素材をお選び頂くことが可能で、レイアウト、キーフォントの選択、カスタム刻印などもその場で行い、最短で30分でお持ち帰り頂くことが可能です。
 Oréeでは、「高度な伝統工芸技術」と「最新のIT技術」を用いて、木材を軸に「環境に配慮した長く使えて愛着のわく高品質な商品」を全世界で展開し、多くの人々に全く新しい長く愛されるIT製品を提供していきます。
※1ポップアップストア:期間限定で街に登場する仮の商業店舗のこと。人々に驚きを与える効果が高いとして欧州では人気の宣伝手法。
※2 受賞歴:フランスデザインアワード「Fubiz Award 2013」入賞、スタートアップビジネスコンペ「Coup de Pousse」のイノベーション部門賞

 

【Orée ポップアップストア概要】

名   称: Orée Popup Workshop (オリーポップアップワークショップ)
住   所: 東京都中央区銀座3-11-3 LEAGUE 5階
開催期間: 2013年6月29日(土)〜7月7日(日)
営業時間: 10:00〜20:00 (最終日は10:00〜17:00)
内   容:ポップアップストアはOréeデザイナーフランク・フォンタナによる設計。南仏の田舎町にあるOrée工房のゆったりした雰囲気を再現しました。
特   長:
① 選べる木目:ズラリとならんだキーボードから、お好きな木目・色味のものをお選び頂けます。
② その場で刻印:国別やOS別のレイアウト(MacもしくはWindows)、キーフォントの選択、カスタム刻印(文字やOréeオリジナルイラスト)など、オンラインと同じカスタマイズができます。世界で唯一のあなた仕様のデザインでお作りします。
③ その日のうちに:オンライン注文では受注生産のため、お届けに5〜6週間程度かかりますが、ポップアップストアでは最短30分(レーザ刻印)でお渡しいたします。

 

 

 

製品価格:
・Orée Board (オリーボード、素材:クルミ、カエデから選択): 各20,000円 (税込)
・Orée Board Leather Pouch(オリーレザーパウチ:専用ケース・タブレットスタンド): 4,000円(税込)


【製品概要】
オリーボード 製品スペック概要
製品名(仏語) Clavier Orée
製品名(英語) Orée Board
製品名(日本語) オリーボード
発売開始 2012年9月
材質 カエデ、クルミから選択
サイズ(長さ x 奥行き x 高さ) 約294mm x 137mm x 12~22 mm
重量 約285g
キーピッチ 約19mm (X axis) x 18.5mm (Y axis)
キーストローク 2.0 +/- 0.3mm
押下圧 60 +/- 10 g
キー配列 US 78 keys
キー構造 メンブレン
レイアウト刻印オプション 日本、アメリカ、カナダ(英・仏)、フランス、イギリス、スペイン、ドイツ、スイス、ベルギー
対応 デバイス/OS* iPhone, iPad / iOS 4.0~
Mac OS 10.5~
Windows 7~
Android 4.0~
*2012年中旬以前に発売された型の古いデバイスなど、接続できない場合があります。
接続インターフェース Bluetooth 3.0
操作距離** 5m
**使用環境により異なります
駆動 単4アルカリ電池 x 2本
ショートカットキー (iPhone/iPad) ホーム(iPad/iPhone)音量アップ、ミュート、音量ダウン、曲送り、曲戻し、画面ロック、検索、スクリーンキーボード
使用電池 単四型(AAA)アルカリ乾電池
価格(Orée ホームページからのご購入) €150(+国際配送料)
価格(ポップアップストアでのご購入) 20,000円
製造国 フランス


【Orée board(オリーボード)誕生の背景〜日本とフランスの共通点〜】

 『私達の周りにあふれるIT製品はどれも似通っていて、環境への配慮が欠け、デザインはすぐに廃れてしまう・・・』 Orée ブランドはそんな現在のIT機器に対する省察から生まれました。フランスも、日本と同様に「良いものを長く使う」という習慣があり、新商品が出ては消えて行くという「回転率の早いIT機器」に対する疑問は、人々の心に必然的に沸き上がっていました。そこで、若きIT起業家であるOrée CEOのジュリアン・サラナーブは、南フランスに息づく伝統工芸技術に着目しました。南仏には素晴らしい伝統技術をもった家具職人が沢山おり、何百年も使い続けられる質の高い製品を生み出しておりますが、現代ではそれら高級家具に対する需要が低下していることも事実でした。
 そこでOréeは、全く新しいアプローチとして「長きに渡り受け継がれた伝統工芸技術」と「最新の加工技術」を融合させ、IT機器という新しい領域で斬新な商品を作ることにしました。それが「Orée Board」です。長期間の使用に耐え、使うほどに愛着がわく製品を、自然で堅牢、再生可能なマテリアルである木材を軸に展開、すべての製品はエコ設計、エコ製造され、フランス国内で手仕上げられています。
 日本とフランスの共通点は「素晴らしい伝統工芸技術」と、「良いものを長く使うという習慣」があるということです。Oréeでは、同じ伝統と考え方を持った日本市場ではOréeの製品への考え方を受け入れて頂けるに違いないと確信し、世界の主要都市で開催される「Orée ポップアップ」ツアーを日本からスタートさせることと決めました。

 

【Oréeの4つの理念】
【独創性】デザイン・素材・製品の独自性の追求し、個性的でパーソナルな製品を作り出す。
【合理性】設計、加工、製造において製品の信頼性と耐久性を最大限に高める一方で、材料の無駄を最小化し、リサイクルを進める。
【優美性】フランスらしいエレガントなタッチはOréeにとって欠かせない要素。お客様だけでなく、パートナー、従業員、広くは社会にとって優しく温かく、必要とされる企業を目指す。
【貢献性】 持続可能な社会のためにOrée製品とブランド運営が及ぼす影響を最低限に抑えつつ、森林保護と再生をサポート。


【Orée チームのご紹介】

◆CEO ジュリアン・サラナーブ
Oréeプロジェクト全体の統括と運営を担当。フランス通信業界の老舗調査会社IDATE社にてマネージングディレクターとして経験を積み、2009年に独立。調査会社Upnext Researchを設立。モバイル通信・インターネット関連を強みとする少数精鋭の調査会社で、依頼、欧州、北米、日本、インドの主要マーケットにアナリストを配置しスカウティングを展開。France Telecom, British Telecom, Telefonica, Deustche Delekom, NTTドコモ、KDDIといった世界の名だたる通信事業者や政府機関、シンクタンクに調査・アドバイザリーサービスを提供しています。技術製品のための材料を調査する中で、丈夫で個性的、環境にやさしい製品開発には木材が最適だと気づき、Oréeの構想を立ち上げ、ビジョンを実現するためにデザイン、技術チームを編成。

◆デザイナー フランク・フォンタナ
秀逸な形状を誇るOrée製品のアートディレクションを担当。フランスの名門デザインスクールであるENSCIで学ぶ。素材がもたらす本来の、しかし忘れられがちな特性を再考するデザインに注力しています。アート作品である”Coup de Scie”は彼の代表作で、独創的な形を持つオーク材のスツール。上部に数層のスリットを入れることで木材の弾性が持つ可能性を示すデザインを達成。フランス国内の有名デザインサイトDesign Pyrenees Boutiqueで賞を受けた。より意欲的に発表の場を作るため、2009年にバルセロナで自身のスタジオを開設。

◆工房責任者 クリストファー・デラ・シニョーラ
Orée工房の監修・アドバイザー。Oréeコンセプトを具現化する工芸部門を率います。15歳で木工職人を志し、”Compagnon”と呼ばれる長く厳しいフランスの伝統的な職人師弟制度の門をくぐり、才能あふれる木工、家具職人に囲まれて修行を積む。最近南仏のLanguedoc(ラングドック)に自身の工房を開き、伝統技術に最先端の加工技術を融合することでユニークな作品を創りだすかたわら、後進の育成にあたっている。


【Orée 会社概要】
会 社 名     Orée SAS(フランス法人・株式会社)
C E O     ジュリアン・サラナーブ
本社住所 48 rue du Capitaine Roucher Lansargues, 34130 France
            (48 ル ド キャピタン ローシェ ランサーグ 34130 フランス)
事 業 内 容 ITデザイン機器の企画・製造・販売
ホームページ http://oree.jp

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Orée
  4. >
  5. 「Orée(オリー) ポップアップストア」が世界に先駆け東銀座にオープン