iPadと雑誌が連動!ポカリスエットの新感覚デジタル雑誌広告が登場

【世界初!】手を触れずにタッチパネルが自動的に作動!

 

 

 大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本太郎)は、「ポカリスエット」から音楽ファンへの特別企画として、世界で初めて静電インクを用いた、手で触れていないのにiPad(※1)から音楽が流れる雑誌広告「POCARI MUSIC PLAYER」を7/20(土)発売の「Switch」( 2013年8月号)に、またプロジェクションマッピング(※2)のような光のアートが表現される新感覚の体験型雑誌広告「POCARI SWEAT EFFECT」を8/1(木)発売の「BRUTUS」( 2013年8月15日号)に、それぞれ掲載します。

 

①夏フェスを盛り上げろ!「POCARI MUSIC PLAYER」 (URL: http://pocariplayer.jp/

 

「Switch」( 2013年8月号)に掲載される POCARI MUSIC PLAYERの広告

「POCARI MUSIC PLAYER」は、「手で触れていないのに音が鳴る」という新感覚の音楽体験をすることができる、世界初のデジタル雑誌広告となります。「Switch」に掲載された雑誌広告ページのレコード型の部分を取り外してiPadで特設webページにアクセスし、そこに用意されたターンテーブルに紙を載せると自動的に楽曲とミュージックビデオが再生されます。「POCARI MUSIC PLAYER」は、「PIT System(※3)」と呼ばれる特殊な印刷技術を世界で初めて広告に採用しており、読者に見えない形で印刷された「静電インク」と液晶タッチパネルが反応し、音が鳴る仕組みとなっています。液晶画面を指で触っても反応せず、3枚のレコード型の紙を載せ換えると異なる音楽が流れはじめます。

 

 

 

レコード型の部分を取り外し、iPadの特設ページに用意されたターンテーブルの上に乗せると、手を触れずに楽曲とミュージックビデオが再生

 

iPad上で再生される音楽は、7月26日~28日に開催されるFUJI ROCK FESTIVAL’13(※4)の出演アーティストの中で、本企画の趣旨に賛同いただいた3組に楽曲提供をいただいています。実力派ポストロックバンドである「LITE」の『bond』、あらゆるルーツミュージックに根ざした独特のルーズサウンドが魅力の「光風&GREEN MASSIVE」の『櫻』、横浜出身の雑草系ヒップホップ&ラッパー4人組「STERUSS」の『go city blues』の3曲を、耳だけではなく、視覚的にも最新の音楽体験として楽しむことができます。「ポカリスエット」は毎年、日本を代表する4大夏フェスに協賛し、熱いフェス会場での熱中症対策や水分補給をサポートしていることから、今回このような音楽ファンに向けた特別企画が実施される運びとなりました。

 

②光のアートで構築されるうるおいのストーリー「POCARI SWEAT EFFECT」
(URL: http://pocarieffect.jp/

「BRUTUS」( 2013年8月15日号)に掲載されるPOCARI SWEAT EFFECTの広告

 

「POCARI SWEAT EFFECT」は、iPadの光を雑誌広告ページの裏から当てると、

紙に印刷された画像と液晶画面からの映像が一体となって見え、誌面上でプロジェクションマッピングのような視覚効果が現れる、国内初のリアプロジェクション型(※5)雑誌広告です。「POCARI SWEAT EFFECT」は、速やかにうるおいを届ける飲料「ポカリスエット」の世界観を“乾燥した世界がうるおっていく”というストーリーのもと2分42秒にわたり展開する、デジタルとアナログが融合した新しいアートです。

 

 

 

 

 

 表示されるCG映像は、2012年12月に東京駅に投影されて話題を呼んだ「東京ミチテラス2012 TOKYO HIKARI VISION(©東京ミチテラス2012実行委員会)」の映像を演出し、2013年10 月には特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」で東京国立博物館への3Dプロジェクションマッピングを担当する、株式会社ネイキッド(代表・村松亮太郎 http://www.naked-inc.com/)が手がけています。

雑誌広告の下にiPadを入れると、 “乾燥した世界がうるおっていく”ストーリーが光と音で表現

 

(※1)iPadは、Apple Inc.の商標です。対象端末:iPad2、New iPad。ご視聴環境:Wi-Fi、LTEでの通信を推奨。
(※2)プロジェクターを用いて空間と映像を合成する新しい空間演出。

(※3)「PIT System」(ピット システム)とは

 株式会社GOCCOジャパンが開発した、「静電インク」と呼ばれる特殊なインクを紙などに印刷し、人の手指の代わりにスマートフォンやタブレット、デジタルサイネージなどの液晶タッチパネルの入力に利用する技術。ICチップの埋め込みなどが不要であり、導入コストもより安価なのが特長。また、反応するスマートフォンやタブレット端末側は、アプリ、ブラウザーのどちらでも動作させることが可能。(HP: http://goccojapan.com/pit/

(※4)「FUJI ROCK FESTIVAL」、略称「フジロック」およびロゴマークは、株式会社スマッシュの登録商標です。
(※5)背面から光を投影して映像を表示する手法。

 

<参考資料>

■ポカリスエットについて
 ポカリスエットは、「汗の飲料」をコンセプトに、発汗によって失われた水分、イオンをスムーズに補給する健康飲料として1980年に発売されました。日本発のグローバル製品として、世界17カ国・地域で展開し、海外での売上は国内を上回るまでに成長しています。また当社の佐賀栄養製品研究所にて、発汗による水分・イオンをすばやく補給する飲料の更なるエビデンスを求めた研究を30年以上にわたり続けています。


■ポカリスエットの先進的なチャレンジについて
 今年で発売33周年を迎え、夏の熱中症対策をはじめ日常の水分とイオンの補給に欠かせない飲料として定着したポカリスエットは、新しいことや初めてのことにチャンレンジし続けてきました。

 1980年の発売当時、飲料業界では暖色系のパッケージが多く、青い色をイメージカラーに使うのはタブーとされていました。その固定概念を破り、鮮やかなブルーと白い波形を採用したパッケージデザインは、すっかりおなじみになっています。

 1989年の横浜博覧会では、軽飛行機が編隊を組んで飛行機雲で空に文字を描く「スカイメッセージ広告(写真上)」を初めて実施しました。1990年にローリングストーンズ初来日コンサートで冠スポンサーとなり、1997年には旅客機の機体にペインティング(ラッピング)する広告をいち早く取り入れています。

 2001年にはとうとう宇宙へ飛び出し、国際宇宙ステーション内で初の「宇宙CM(写真下)」を撮影し、画期的な取り組みとして話題を呼んでいます。


■FUJI ROCK FESTIVAL’13 開催概要 
開催日: 7月26日(金)、27日(土)、 28日(日)
開場/開演: 開場9:00 / 開演 11:00 / 終演予定 23:00
開催地: 新潟県湯沢町苗場スキー場
主催: SMASH Corporation
企画・制作: SMASH / HOT STUFF PROMOTION / DOOBIE,Inc

 

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 大塚製薬株式会社
  4. >
  5. iPadと雑誌が連動!ポカリスエットの新感覚デジタル雑誌広告が登場