【トロント国際映画祭2013入選】これぞCool Japanの奇跡! 中小企業もやればできる!

主演・社長、キャスト・一般人(社員)という素人集団の熱意で創り上げた映画「人間(ningen)」がトロント国際映画祭に入選!

北米最大規模の映画祭であるトロント国際映画祭2013の「Contemporary World Cinema」部門に一民間企業が制作した映画「人間(ningen)」(監督:チャーラ・ゼンジルジ&ギョーム・ジョヴァネッティ)が見事ノミネートされ、ワールド・プレミア上映が決定しました。

町工場が衛星を打ち上げ、海底を探索するいま、映画界にも起死回生を図る新しい波が生まれようとしています。スポンサーが存在する訳でも、有名俳優が出る訳でもない、普通のサラリーマン達が「手弁当」で製作した映画が北米最大規模の映画祭であるトロント国際映画祭2013に招待されました。

トロント国際映画祭は、2003年に北野武監督の『座頭市』が受賞した事でも知られ、観客動員数世界3位を誇る北米でもっとも注目される国際映画祭です。
今年は、カンヌ映画祭で審査委員賞を獲得し、話題となった是枝裕和監督の『そして父になる』、日本を代表する映画監督として知られる黒沢清監督の『リアル〜完全なる首長竜の日〜』、さらに松本人志監督の『R100』や李相日監督、渡辺謙主演の『許されざる者』などが出品されています。

そんななか、IT、翻訳、教育、映像、出版事業など、異色の複合経営を展開しているメディア総合研究所(以下、メディア総研)が製作した日本=トルコ合作映画『人間(ningen)』が、同映画祭のContemporary World Cinema部門に
選ばれ、ワールド・プレミア上映されることとなりました。
Contemporary World Cinema部門のテーマは「人の心を掴む物語とグローバルな文化視点」。

本作では、日本神話やギリシャ神話でもシンボライズ化されている黄泉の国の逸話をヒントに、狸と狐の化かし合いをプロットに混ぜ込んでいます。自身が運営する会社が経営難に陥ったことから精神を病んでいく中小企業の社長(じつは狸)が、さまざまな人間との出会いを通して、「人間とは何か」「生きるとは何か」「愛とは何か」をふたたび見つけるまでをファンタジー豊かに描いています。主役の迷える社長を演じているのは、メディア総研の経営者である社長の吉野眞弘自身であり、社内のシーンに登場するスタッフたちも実際の社員たちがエキストラ参加しており、まさに全社一体となって製作された、世界的にも稀有なインディペンデント映画となっています。

ここまで書くと、素人による映画という印象を与えるかも知れませんが、監督含め制作サイドはプロの布陣によるもの。今回メガホンを取ったのは、文化と国境を越えてメディア総研と摩訶不思議な縁を持った、チャーラ・ゼンジルジ(トルコ出身)とギョーム・ジョヴァネッティ(フランス出身)のデュオ監督。
撮影現場では、日本語はもちろん、英語、トルコ語、フランス語までもが飛び交い、新宿・歌舞伎町から古都・京都、東北・恐山のイタコの巫女文化まで、あらゆる要素が混じり合うなか、決められた台本はなく、シチュエーションのなかで出演者たちが個々に振る舞い、自分の言葉で語っています。即興的演出と演技によって人物のエモーションを掬いとるという監督独自の方法論によって撮影は進行しました。

その困難な現場で撮影を担当したのは、岩井俊二監督の『花とアリス』などで知られる角田真一、録音はベテランの鈴木昭彦。一般人による主演、そして制作クルーを除いて素人集団によって製作された、この希有なCool-Japan映画がトロント国際映画祭でどこまで観客に受け入れられるのか、今後の動向に注目して行きたいと思っています。尚、映画『人間(ningen)』は9月5日よりトロントにてワールドプレミアを行い、その後も国内外の映画祭に出品予定。第38回トロント国際映画祭は現地時間9月5日から15日まで、カナダ・トロントにて開催されます。

皆さまのご支援をこころからお願い申し上げます。

(参考)
トロント国際映画祭「人間(ningen)」正式リンク
http://tiff.net/filmsandschedules/festival/2013/ningen 


トロント国際映画祭上映スケジュール(全5回)
9月7日:21時15分(プレス向け)
9月8日:18時15分(一般公開)
9月10日:18時15分(一般公開)
9月12日:20時30分(プレス向け)
9月15日:21時30分(一般公開)


・作品タイトル:人間(ningen)
・監督:チャーラ・ゼンジルジ(トルコ)、ギョーム・ジョヴァネッティ(フランス)
・出演:吉野眞弘、李小牧、和島政子、鮎川めぐみ、福田訓久 他
・製作国:日本、トルコ
・製作年:2013年
・上映時間:104分
・言語:日本語、中国語
・撮影:角田真一
・録音:鈴木昭彦
・ライン・プロデューサー:田中深雪
・プロデューサー:谷元浩之
・製作:株式会社メディア総合研究所、II Film

 

株式会社メディア総合研究所
http://www.mediasoken.jp

main image
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社メディア総合研究所
  4. >
  5. 【トロント国際映画祭2013入選】これぞCool Japanの奇跡! 中小企業もやればできる!