20〜30代独身男女の3人に2人は クリスマスに向けてパートナーなし!2013年クリスマスのディナーに対する意識調査レポート

〜アベノミクス効果はどこに?! クリスマス予算は昨年並みに〜

食事客向けの無料のリアルタイム・オンラインレストラン予約サイト、ならびにレストラン向けの予約管理・顧客管理システム「OpenTable®」を提供するオープンテーブル株式会社(本社:東京都渋谷区、以下オープンテーブル社)は、同サービスのターゲット層でもある首都圏在住の20〜30代独身男女(有職者)1,791人に対して、約2か月後に迫ったクリスマスに対する意識調査を実施しました。その調査結果からは、今年のクリスマスの予定や予算を考える以前に、そもそも独身男女の約3人に2人はクリスマスを一緒に過ごすパートナーがいない、という傾向が浮かび上がってきました。
main image

■クリスマスに「アベノミクス効果」なく、予算も5,000円未満豪勢なクリスマスデートはもはや過去のもの?

世の中的には景況感が伝えられている昨今ですが、「今年のクリスマスにかける予定の合計予算は昨年と比べて増やす予定ですか? 減らす予定ですか?」という質問に対して、大多数の75.9%が「昨年と同じ」と回答しました。ちなみに、「今年のクリスマスにかける予定の合計予算として該当するものをお選びください」という設問に対する答えで一番多かったのは「5,000円未満」の45.0%、クリスマスに向けて20〜30代独身男女の財布のひもは今年も固そうです。
 「今年のクリスマスはどのように過ごす『予定』ですか?」という問いに対しても、一番多かった答えは「自宅でのんびり過ごす」(33.1%)、続いて「特に決めていない」(32.9%)といった様子で、クリスマスの日に何かを積極的にしようと予定していない層が過半数を占めました。

 

■予算横ばいは「行きたくない」わけじゃなくて、単純に、一緒に行く相手がいないから?!

例年並みの予算については「収入が変わらないから(20代女性)」、「来年結婚を控えているので(30代女性)」という明確な理由がある回答者もいる一方で、「クリスマスに特別な思い入れはない(30代女性)」といった声に代表されるように、『クリスマスはちょっと豪華に』といった感覚が完全に一昔前のものとなっていることも確かです。

しかし、理由はそれだけでもないようです。

 そもそも、クリスマスに向けて約2か月となった調査時点で、「現在つきあっている人がいますか?」という問いに対しては、男性の70.3%、女性の57.5%が「いない」と回答しています。つまり、男女あわせると64.5%、20〜30代の独身男女の約3人に2人は、クリスマスを目前に控えて、彼氏・彼女のいないフリーの状態なのです。
 さらに、「過去に恋人とのクリスマスデートを経験したことはありますか?」という問いに対しても、約半数の45.5%が「ない」と答えています。

 クリスマス予算についての自由回答の欄にも「特に予定がない」、「(予算を増減する)理由がない」、「予定を決めていない」という、これといった判断材料のないまま現状維持になるだろう、と考えている意見が多く見受けられました。
 今現在、彼氏・彼女もいなく、過去にクリスマスにデートに出かけたこともない。これでは、クリスマスデートに予算を割こうという発想すら浮かばないのも当然かも知れません。

 

■ディナーに出かけるかはパートナー次第、それでもクリスマスのディナーは憧れ

 「あなたは今年のクリスマスは外食ディナーを楽しみたいと思いますか?」という設問に対しては、「思う」と答えた人は35.4%にとどまりました。しかし、これも彼氏・彼女のいる・いないで分けて見てみると、だいぶ様相が変わってきます。
 彼氏・彼女のいる人たちの外食ディナー希望率は61.9%と倍近くに跳ね上がり、そのうちの90%超はその彼氏・彼女とディナーに行きたいと思っています。また、出かける場所についても、「特別な日にしか行かないような高級店」(32.0%)、「一緒に過ごす相手が行きたいお店」(32.9%)、「自分が前から行きたかったお店」(25.6%)という具合に、クリスマスこそ、いつもとはちょっと違う、スペシャルなディナーを計画したいと思うようです。

 また、「今年はクリスマスディナーを楽しみたい」と回答した彼氏・彼女のいない人たちも、56.7%が「今は彼氏・彼女がいないけれど、それでもクリスマスには恋人とディナーを楽しみたい」と夢見ています。残り2か月を切ったタイミングでもやはりクリスマスには…と思わせてしまう一大イベントなのです。
 豪勢なバブルの時代は過ぎ去ったとは言え、やはり特別な人とのスペシャルなクリスマスディナーは憧れの存在であると言えそうです。

 

■女性はそこまで男性に期待していない?!がんばれ、70%超のフリー男子!

最後に、70%を超えるというフリーの20〜30代独身男性に朗報をひとつ。外食ディナーに出かけた際のお勘定について、「今年のクリスマスの外食ディナーを恋人と楽しむ場合、あなたはお会計のどの程度を自分で負担するべきだと思いますか?」と訪ねたところ、女性の32.2%は「50%(完全割り勘)でいい」と答えています。これは「0%(男性がすべて負担すべき)」と答えた女性27.5%を上回る数字です。ちなみに、男性の回答を見ると54.1%が「100%(男性がすべて負担すべき)」と思っていますが、女性は男性が思っているほど,男性に期待していないのかもしれません。
 今年のクリスマスの傾向が、『例年並みの予算、割り勘もあり、しかも半数以上の女性はフリー』となれば、後は男性に求められるのはアクションを起こすのみ、かもしれません。

 

■「OpenTable」を活用すれば、スマートなクリスマスも簡単にちょっと背伸びした「あこがれのお店」もクリスマス直前まで予約可能

「OpenTable」には、ミシュランの星付きから有名シェフの人気店、老舗、行列店まで、東京・大阪・神奈川を中心に、約1660店の多彩なレストランが加盟しています。このクリスマス、彼氏・彼女を連れてきたいと思うようなハイクラスなお店、スペシャルなお店も多数取りそろえています。
 しかも、「OpenTable」であれば、レストランの営業時間を気にせず、1日24時間いつでもPC、携帯、スマートフォンからアクセスし、オンライン上で即座に予約をすることが可能です。アクセスしたタイミングでの実際の空席状況を確認した上で予約ができるので、利用直前のタイミングまで予約可能ですし、レストランから予約確認の電話やメールを待つ必要もありません。
 さらに、ロケーション検索を活用すれば、六本木、丸の内、表参道といった具合に「クリスマスイルミネーションを楽しんだ後に、この時間で予約できるレストランは?」といったように、ピンポイントに利用可能なレストランを即座に知ることができるので、パートナーをスマートにエスコートするのにも大いに役立ちます。

 「OpenTable」では今後、クリスマスに向けた様々な企画を展開予定です。
 その第一弾として、11月21日(木)には南青山Restaurant MOSAIQUEにてプレクリスマスパーティー“Sweet Night for Smart Christmas ”を開催します。詳細は「OpenTable」のFacebook( https://www.facebook.com/OpenTable.Japan )にて紹介しております。
 また、今後もFacebook、ウェブサイトを通じて、様々な情報を発信していく予定です。

 ちなみに今回の調査結果によると、クリスマスディナーを検討している人たちの予約タイミングは「1か月前〜2週間前」がピークとなる模様。“クリスマスディナー難民”にならないためにも、早めに「OpenTable」を活用して、最高のクリスマスディナーをスマートに楽しみましょう。

 

 

調査概要
<スクリーニング調査>
レストラン情報収集におけるネット活用とクリスマス需要に関する調査
■調査方法 :インターネット調査
■実査期間 :2013年10月1日~2日
■対象属性 :20代~30代、未婚の男女
:東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に居住/有職者(正社員、派遣社員、契約社員を含む)
※パート・アルバイトを除く
■調査対象者数 :1,791名
:男性=54.9%、女性=45.1%/20代=40.8%、30代=59.2%
<本調査>
2013年クリスマス外食ディナーに関する調査
■調査方法 :インターネット調査
■実査期間 :2013年10月1日~2日
■対象属性 :20代~30代、未婚の男女
:東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に居住/有職者(正社員、派遣社員、契約社員を含む)
※パート・アルバイトを除く
■スクリーニング条件: 2013年のクリスマスに外食ディナーを楽しみたい
■調査対象者数 :432名
:男性=49.5%、女性=50.5%
:20代=50.5%、30代=49.5%


【Open Tableについて】
 「OpenTable (オープンテーブル)」 は、お食事をするお客様向けに無料で瞬時にレストラン予約が行えるオンラインレストラン予約サービスを提供し、レストラン向けに予約管理・顧客管理を行えるソリューションを提供する、業界をリードする企業です。「OpenTable」 の加盟店ネットワークは、お食事をするお客様にオンラインレストラン予約の利便性を提供し、レストランにコンピュータ化された予約台帳の合理性を提供します。1998年の設立以来、「OpenTable」 は世界中の4億人を超すオンライン予約のお客様に実際に来店して  お食事をしてもらっている実績を誇ります。「OpenTable」は、米国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、米国全土をはじめ、カナダ、ドイツ、日本、メキシコ、およびイギリスにおいてサービスを提供して います。イギリスの toptable.com は、米国 OpenTable, Inc. の子会社です。オープンテーブル株式会社は、米国 OpenTable, Inc. の日本法人です。
 ◎ウェブサイト: http://www.opentable.jp
 ◎モバイルサイト: http://m.opentable.jp
 ◎iOSアプリダウンロード: https://itunes.apple.com/jp/app/opentable-jp/id360284244?mt=8
 ◎Androidアプリダウンロード: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.opentable&hl=ja

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. オープンテーブル株式会社
  4. >
  5. 20〜30代独身男女の3人に2人は クリスマスに向けてパートナーなし!2013年クリスマスのディナーに対する意識調査レポート