ブレインウッズ、メディカル映像翻訳サービスを開始

医療・医薬関連の動画の翻訳~字幕・吹き替え制作をワンストップで提供する翻訳・映像制作専門サービス

【2013年12月2日】 ―ブレインウッズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:相田和宏)は、医療・医薬分野の翻訳サービスと、字幕・吹き替えなどの映像翻訳・制作サービスを融合した、メディカル映像翻訳サービスを開始しました。

東日本大震災以降の災害医療への意識の高まりや、高齢化社会における介護医療のニーズ増加、IPS細胞研究による日本人ノーベル賞受賞、アベノミクスが提唱する医療技術の輸出、医療ツーリズムの推奨……ここ数年、医療・医薬の分野でも市場の多様化、専門化、グローバル化が急速に進んでいます。しかし、拡大する需要に反し、医療技術やサービスを提供する側の人手は常に不足しています。そのギャップを埋める一助として、医療業界でも、タブレットPCやクラウド技術の普及を背景に、映像を使った効率的な情報提供に取り組む企業や団体が増えてきました。ブレインウッズでは、医療・医薬業界における、映像を使用した情報提供をサポートするため、同業界に特化した映像翻訳サービスの提供を開始します。

 

「メディカル映像翻訳サービス」webイメージ

 

■サービスの特長
これまで多くの医療機器・医薬品メーカーや医療・介護サービス関連の事業者は、自社の翻訳は社内で行うか、取引のある専門の翻訳会社に依頼するのが一般的でした。しかし、映像翻訳となると、字数や尺合わせなどのスキルに加え、専用のソフトや機材、ナレーターや音声収録環境が必要となるため、一般的な翻訳作業に加え、映像に特化した翻訳の技能と映像技術がさらに求められます。

ブレインウッズは、「通訳・翻訳・映像翻訳」の3本柱を中心にサービスを展開しており、それぞれの専門知識や技術を身に着けた翻訳者・通訳者を、登録ベースで総計1500人以上有しています。医療・医薬分野の映像についても、メディカル専門の翻訳者が忠実訳を作成し、それを元に映像翻訳者が映像や音声の長さに合わせてリライトを行う、いわば実務翻訳と映像翻訳の協業体制を実践。これにより、業界の背景事情や専門用語を適切に反映すると同時に、字幕や吹き替えとして、視聴者が見やすく、理解しやすい翻訳を実現しています。

また、映像の用途や長さに応じて、本格的なスタジオ収録やポスプロによる編集から、スタジオを使わない簡易収録やPCによる映像編集まで多岐にわたる制作体制を使い分け、お客様のこだわりや再生環境、予算に応じたサービスを提案します。

さらには、サービス提案から翻訳、納品動画制作まで一気通貫で対応することで、お客様の発注の手間を削減します。


■ご利用用途例
○医療品、医薬品、および医療・医薬関連サービス・企業のプロモーション
○医療機器の紹介映像/取扱説明映像
○患者向け医療・治療に関する啓発ビデオ
○海外での学会・シンポジウムの映像
○海外における薬剤の臨床実験映像
○海外における病院建設に向けてのPR映像   etc.

■サービス内容
○字幕翻訳/吹き替え・ボイスオーバー台本翻訳
○字幕用/台本用テキスト調整
○音声起こし
○字幕・テロップ編集、音声収録
○ナレーター派遣
○字幕入り・音声入り動画制作

■字幕入り動画制作の料金例
映像の長さが10分以内の場合
(制作内容:字幕翻訳、字幕入れ制作、動画納品)
英語→日本語の料金 : 8万円(税別)~
日本語→英語の料金 : 10万円(税別)~


■会社概要
名称 :ブレインウッズ株式会社
本社住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-7-6
設立 :2000 年 9 月 1 日  資本金 :1000 万円  代表者 :相田 和宏
業務内容:翻訳事業、通訳事業、映像翻訳事業、外国語人材派遣事業、外国語教育事業
WEB サイト URL :http://www.brainwoods.com
メディカル映像翻訳サービスWEBサイトURL : http://www.brainwoods.com/movie/medical.html

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ブレインウッズ
  4. >
  5. ブレインウッズ、メディカル映像翻訳サービスを開始