日本を代表する最先端テクノロジー・アートのショーケース“MEDIA AMBITION TOKYO 2014”が、2014年2月7日(金) ~ 3月30日(日)まで開催

MEDIA AMBITION TOKYO 2014
東京と世界と、過去と未来と、技術と芸術が爻わる祭典
main image
【MEDIA AMBITION TOKYO 2014-東京と世界と過去と未来と技術が爻わる祭典】
かつて、東京は技術と芸術の都だった。最先端のアート、映像、音楽、パフォーマンスが集まり、融合し、爆発し、世界へ発信するテクノロジーアートのショーケース。MEDIA AMBITION TOKYO。東京が置き去りになる前にアートで東京を変えよう。

【MEDIA AMBITION TOKYO 2014について】
2013年2月に1回目となる「MEDIA AMBITION TOKYO(以下 MAT)」を六本木ヒルズで開催。4日間で約14,000人を動員しました。2回目となるMAT2014は規模を拡大し、六本木ヒルズ52F展望台と青山のINTERSECT BY LEXUSを使って2014年2月7日(金)~3月30日(日)まで開催。全会場を使って16作家による全18作品の展示を約2カ月間行います。展示では、眺望や時の経過とシンクロする新しいテクノロジーアート展示やインスタレーションなど、通常のギャラリーでは体験することのできない展示を行います。ライブでは夜の展望台をジャック。テクノロジーアート、映像、音楽など、異なるジャンルのクリエイティブ・イノベーター達によるライブパフォーマンスと夜の展望ギャラリーが融合。テクノロジーカルチャーに接点の少なかったクリエイター、クリエイティブプレス、ギャラリスト達に参加を促すことで、ジャンルを超えた新しい社交の場を創出。日本発のテクノロジーカルチャーを東京から世界へ向けて発信して行きます。

【主催】
MAT実行委員会
六本木ヒルズ/CG-ARTS協会/JTQ Inc./RHIZOMATIKS

【会期】
2014年2月7日(金) ‒ 3月30日(日) (日/休日:10:00~23:00 金/土/休前日:10:00~25:00)

【入場料】
1,500 円(税込)

【会場】
六本木会場:六本木ヒルズ 52F(東京シティビュー)
東京都港区六本木6-10-1 (Tel 03-6406-6652)

青山会場:INTERSECT BY LEXUS
東京都港区南青山4-21-26 (Tel 03-6447-1540)

【MAT LIVE】
異なるジャンルのクリエイター達によるライブパフォーマンスと、夜の展望空間に浮かぶテクノロジーアートを同時に鑑賞することのできる2日間限りのエンタテイメント・ナイトギャラリーが出現します。

2014.2.7 (金)
DJ: TOWA TEI / MADEMOISELLE YULIA
DJ HICO / DJ RUBY / PELI / HAZUKI
VJ: ENLIGHTENMENT
日 時:2014年2月7日(金) 19:30開場 20:00開演 24:00終了
場 所:六本木ヒルズ 52F 東京シティビュー
入場料:前売り3,675円 / 当日4,200円(税込)

2014.2.8 (土)
渋谷慶一郎プロデュース Media Ambition Tokyo Live Version.
"Digitally Show” (デジタリー・ショウ)
LIVE: ATAK Dance Hall (渋谷慶一郎+evala)
Ametsub (experimental set) / Hair Stylistics a.k.a 中原昌也
DJ: Daito Manabe+Setsuya Kurotaki
Fumitake Tamura (Bun) / Diana Chiaki
VJ: YKBX / RHIZOMATIKS / KEZZARDRIX
日 時:2014年2月8日(土) 19:30開場 20:00開演 24:00終了
場 所:六本木ヒルズ 東京シティビュー
入場料:前売り3,675円 / 当日4,200円(税込)

【MAT 展示作品概要(六本木会場 展示)】
作家名 : IMG SRC, NON-GRID / 作品名 : MAT Flipdots Wall
作家名:川崎美波 Kawasaki Minami / 作品名:育文字
作家名:黒田教裕 Michihiro Kuroda / 作品名:跡景 -Time Space Continuum-
作家名:小松宏誠 Kosei Komatsu / 作品名:Lifelog_シャンデリア_2.2
作家名:渋谷慶一郎 + 池上高志 Keiichiro Shibuya + Takashi Ikegami / 作品名:filmachine
作家名:SHIMURAbros / 作品名:FILM WITHOUT FILM - CREATIVE GEOGRAPHY
作家名:スズキユウリ Yuri Suzuki / 作品名:The sound of the earth
作家名:高木正勝 Masakatsu Takagi / 作品名:うたがき
作家名:teamLab / 作品名:世界は、均質化されつつ、変容し続ける
作家名:辻野裕明 Hiroaki Tsujino / 作品名:prayer No.2
作家名:馬場一萌 Hajime Baba / 作品名:MUJYO TYPES
作家名:平川紀道 Norimichi Hirakawa
作家名:森脇裕之 Hiroyuki Moriwaki / 作品名:光の波紋
作家名:吉田成朗 Shigeo Yoshida / 作品名:扇情的な鏡
作家名:RHIZOMATIKS / 作品名:physical presence

【MAT 特別展示(六本木会場 展示)】
MIHARAYASUHIROとのコラボレーション作品として、2011年ルーブル美術館で行われたパリコレクション・イベントにて展示された作品。19世紀に描かれたイギリスの絵画「オフィーリア」をモチーフとし、写真家Paolo Roversiが撮影した写真を映像インスタレーションという形で表現したWOWの作品「Ophelia has a Dream」。この作品を2/10~2/25まで期間限定でMATメイン会場にて特別展示を行います。

2014.2.10-25
アーティスト:WOW / 作品名:Ophelia has a Dream
展 示:2014年2月10日(月) - 25日(火)
場 所:六本木ヒルズ 52F 東京シティビュー
入場料:1,500円 (税込) ※この料金でMAT展示作品の全てがご鑑賞いただけます。

【INTERSECT BY LEXUS(青山会場 展示)】
青山会場となるINTERSECT BY LEXUSでは2名のアーティストによるインスタレーションを開催。2月は自然現象をコントロールした装置により詩的な空間表現を続けるアーティスト小松宏誠氏による新作を発表。3月にはライト・アートの第一人者森脇裕之氏による光を用いた空間インスタレーションを展示。会期中にはそれぞれのアーティストによるトークセッションを実施します。

2014.2.8-20
アーティスト:小松宏誠
作 品:Lifelog_グライダー、Secret Garden
日 時:2014年2月8日(土) - 20日(木) 9:00~23:00(不定休)
場 所:INTERSECT BY LEXUS 1F GARAGE
入場料:無料

2014.3.10-30
アーティスト:森脇裕之
作品名:未定 (新作)
日 時:2014年3月10日(月) - 30日(日) 9:00~23:00(不定休)
場 所:INTERSECT BY LEXUS 1F GARAGE
入場料:無料

【MEDIA AMBITION TOKYOの目指すところ】
2月の東京は、文化庁メディア芸術祭を中心に都内各地でメディアアートや映像関連のイベントが数多く開催され、世界的にも注目され始めています。MATは、これらの流れを加速し、拡張させていくために、アーティスト自身やそれを応援しようとする人々の力を集めて取り組むオルタナティブなイベントです。ジャンルやカテゴリーの枠を超えた新しいカルチャーの潮流を創出。都市を舞台にしたテクノロジーやアートが共生共栄する、日本のネクストビジョンを世界に向けて発信します。ジャパンコンテンツ群を中核に据えた海外マーケットへのPR戦略の転換と喚起を促し、未だ目覚めぬインバウンドマーケットの需要拡大を目指します。「東京が置き去りになる前に、アートで東京を変えよう。」

■ 文化庁メディア芸術祭(Japan Media Arts Festival)とは
文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するフェスティバルです。1997年の開催以来、応募数は年々増加し、本年度(第17回)は過去最高となる世界84の国と地域から4,347作品の応募があるなど、国際的なフェスティバルへと成長を続けています。本年度の受賞作品展は2014年2月5日から16日まで、国立新美術館(六本木)などで開催されます。

【MAT実行委員会】
六本木ヒルズ/CG-ARTS協会/JTQ Inc./RHIZOMATIKS

【MAT Partners】
INTERSECT BY LEXUS/NESCAFE/山口情報芸術センター

【URL】
MEDIA AMBITION WEB
http://www.mediaambitiontokyo.jp

MEDIA AMBITION TOKYO Facebook ページ
http://www.facebook.com/mediaambitiontokyo

【一般のお問い合わせ先】
六本木ヒルズ 東京シティビュー
TEL:03-6406-6652
http://www.roppongihills.com/tcv/jp/

【取材および本件に関するお問い合わせ先】
HiRAO INC
TEL:03-5771-8808
担当:平尾賀世子 kayoko@hirao-inc.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. JTQ Inc.
  4. >
  5. 日本を代表する最先端テクノロジー・アートのショーケース“MEDIA AMBITION TOKYO 2014”が、2014年2月7日(金) ~ 3月30日(日)まで開催