老眼スポットレンズ搭載のサングラス「URBAN GALAXY]発売開始

サングラスと老眼鏡の融合でアウトドアに最適

眼鏡企画販売の有限会社ビューマスター(本社:福井県鯖江市 代表取締役社長:瓜生顕士)は、ブランド名「FLOAT」から新シリーズ老眼鏡付きサングラス「URBAN GALAXY」を5月26日から自社Webショップ(http://www.float-glasses.com)で発売開始します。
「URBAN GALAXY」は、サングラスに老眼スポットレンズを搭載し、旅先でガイドブックを見る時、ドライブ中に地図やナビを確認する時、釣りの仕掛けや細かい作業時、散策中携帯を見る時でも老眼鏡に掛け替える事なく視線を落とし老眼スポットレンズを覗けば老眼鏡になり、視線を戻せばサングラスになります。また、老眼スポットレンズを小玉にすることにより非常に目立たないようになっています。
main image
 アクティブシニアをターゲットとし、カラフルな色使いやデザイン性を重視しています。また、その日のファッションに応じて腕、鼻パッドの着せ替えが可能になっています。着せ替えは道具等を使用せず手作業でだれでも簡単に出来ます。また、ネジ等を一切使用せず樹脂性の開閉機構なので優しい掛け心地で、しかも壊れにくくなっています。付属のマグネットでサングラスを固定する事ができるので置き場に困らず紛失を防ぎます。レンズ枠も超軽量樹脂で作られているため軽くて長時間使用でも疲れません。

 商品は全4種類です。それぞれのパッケージにサングラス1枚、付け替え用の腕と鼻パッドが別色で2セット、サングラス固定のマグネット、眼鏡ケースが入っています。
 老眼スポットレンズの展開度数は+1.5、+2.0、+2.5、+3.0になります。老眼スポットレンズ無し±0.0の通常サングラスタイプも同時発売致します。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 有限会社ビューマスター
  4. >
  5. 老眼スポットレンズ搭載のサングラス「URBAN GALAXY]発売開始