ウェアラブル心拍センサを使用して、 ストレス・リラックスのコンディションを簡易に可視化するサービス 「Lifescore」の解析ソフトウェアを法人向けに提供開始

WINフロンティア株式会社は、超小型ウェアラブル心拍センサを活用した、ストレス・リラックス等のコンディションの可視化サービス「Lifescore」の解析ソフトウェアを、クリニック、フィットネスクラブ、ヨガスタジオ、リラクゼーションサロン、ホテル・リゾート等の法人に、6月2日(月)より、クラウドサービスにて提供を開始します。本ソフトウェアは、特別な知識がなくても、どなたでも利用可能なソフトウェアです。
東京大学発の特定非営利活動法人「ウェアラブル環境情報ネット推進機構(略称WIN)」(理事長 板生清東京大学名誉教授)のセンシング技術を活用して、メンタルコンディション等に関するソフトウェア及びサービスを提供するWINフロンティア株式会社(所在地:千代田区有楽町1-12-1、代表取締役社長 板生 研一)は、超小型ウェアラブル心拍センサを活用した、ストレス・リラックス等のコンディションの可視化サービス「Lifescore」の解析ソフトウェアを、クリニック、フィットネスクラブ、ヨガスタジオ、リラクゼーションサロン、ホテル・リゾート等の法人に、6月2日(月)より提供を開始します。弊社はこれまでも、企業向けのメンタルヘルスチェックサービスの一環として、あるいは、クリニックやヨガスタジオ向けの付加価値サービスとして、「Lifescore」を直接提供して参りましたが、今回、この「Lifescore」解析ソフトウェアを法人向けに提供することで、法人の会員顧客の健康作りに役立てていただけるよう、務めて参ります。本ソフトウェアは、特別な知識がなくても、どなたでも利用可能なソフトウェアです。

現代人はストレスから交感神経が優位になりがちで、その状態が続くと血流が悪くなり、便秘や冷え性、不眠や消化不良といった症状が出て、免疫力低下を招くといわれています。そのため、現代人にとって副交感神経をいかに高めるかが重要なテーマと言えますが、「Lifescore」サービスを活用することで、簡単にセルフコンディションチェックが可能となりますので、法人の会員顧客への付加価値サービスとして最適です。なお、「Lifescore」サービスは、東京大学医学部の矢作直樹教授と順天堂大学医学部の小林弘幸教授が監修しています。

【サービスのフロー】
各法人の店舗等にて、心拍センサ「My Beat」を会員等のお客様に貸し出し、一定時間装着・測定してもらいます。その後、各法人にて本ソフトウェアを使用したデータの自動解析を行い、測定結果レポートを作成・発行します。そのレポートに基づいて、生活習慣の見直し等のアドバイスにも活用することができます。また、レポートの中で、自律神経バランスを整えるのに有用な、日常生活で簡単にできるアクティビティも紹介しております。

【測定レポートの内容】
測定レポートで出力される評価項目は、「メンタルコンディション(起きているとき全体、行動ごと、寝ているときの自律神経の状態)」と、「フィジカルコンディション(カラダを動かした時間、姿勢の美しさ)」、そして、「きょうのメンタル×フィジカルバランス」になります。特に、お客様がその時々における「行動内容」や「自分のキモチ」を記録しておくと、「どんなときにストレスを感じているか」、「自分のキモチと測定結果にギャップがあるか」等がわかり、隠れたストレッサーを発見できるので、生活習慣の見直しに有用です。

 

測定レポートの項目別の内容は以下のとおりです。
  • メンタルコンディション(起きているとき):起きているとき(日中)の自律神経バランスから、ストレス・リラックスの割合を測定し、年齢・性別に応じてスコアリングします。
  • メンタルコンディション(行動ごと):行動ごとにストレス・リラックス割合を測定するとともに、「自分のキモチ」と測定値とのギャップが表示されます。
  • 睡眠の質:寝ているときの副交感神経の活動量から、睡眠の質を測定します。
  • 姿勢の美しさ:加速度センサによってカラダの傾きを検知し、猫背の度合を測定します。
  • きょうのメンタル×フィジカルバランス:「ストレス・リラックス度」と「カラダを動かした時間」の2つの指標から、その日のタイプ(4分類)を判定します。
  • 測定後のおススメ健康法の紹介:自律神経バランスを整えるのに効果的な簡単健康法をご紹介します。

【レポート例】

【WINフロンティア株式会社】
WINフロンティア株式会社は、生体センサ等を活用した人間情報センシングという技術を活用し、生体データと行動データを蓄積し、ソフトウェア開発力を加えることで、社会に還元していく会社です。「ココロの可視化によるソリューションの提供」という新しいビジネス・モデルを提唱し、先端技術を基盤にしながらも、わたしたちの生活を身近で支える“パートナー”でありたいと願っています。

【特定非営利活動法人ウェアラブル環境情報ネット推進機構(略称WIN)】
WINは、マイクロマシン技術、マイクロセンサ技術、ネットワーク技術の融合により、動植物、人間、人工物に微小端末(ネイチャーインタフェイサ)を付け、ワイヤレスでその状態のセンシングを行う「ウェアラブル・インフォメーション・ネットワーク」のサービスを開発し、特に人間の健康・福祉の向上と環境の保全に貢献することを目的とした組織で、東京大学名誉教授板生清が設立した特定非営利活動法人です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. WINフロンティア株式会社
  4. >
  5. ウェアラブル心拍センサを使用して、 ストレス・リラックスのコンディションを簡易に可視化するサービス 「Lifescore」の解析ソフトウェアを法人向けに提供開始