ビステオン、ジョンソンコントロールズの電子機器事業の買収を完了

ビステオン、世界3位の自動車コックピット電子機器サプライヤーとなった

2014年7月1日、ミシガン州バンビューレンタウンシップ — ビステオンコーポレーション(NYSE:VC)は本日、ジョンソンコントロールズ(NYSE:JCI)の車載電子機器事業の買収を完了したことを発表しました。これにより、ビステオンは世界3位の自動車コックピット電子機器サプライヤーとなります。二社は、1月13日に2億6500万ドルの現金取引が行われる予定であることを発表しました。
main image
2014年7月1日、ミシガン州バンビューレンタウンシップ — ビステオンコーポレーション(NYSE:VC)は本日、ジョンソンコントロールズ(NYSE:JCI)の車載電子機器事業の買収を完了したことを発表しました。これにより、ビステオンは世界3位の自動車コックピット電子機器サプライヤーとなります。二社は、1月13日に2億6500万ドルの現金取引が行われる予定であることを発表しました。



この買収により、ビステオンの世界的な展開、製造およびエンジニアリング拠点、製品ポートフォリオ、そして顧客浸透率が強化され、急成長する自動車コックピット電子機器部門におけるビステオンの競争力が高まります。統合後のグローバル電子機器企業は、世界最大の自動車メーカー10社のうちの9社に製品を供給することで、年間売上高が30億ドルを越え、ドライバー情報においては世界第2位の地位を誇り、またコックピット電子機器部門では平均を上回る成長率を遂げることとなります。



「この買収はビステオンの変容におけるマイルストーンで、私たちはそれにより顧客、投資家、そして世界中の新規ならびに既存の社員に大きな利益をもたらすことができると確信しています」とビステオンのTimothy D. Leuliette CEO兼社長は述べています。「当社の価値創造計画の基礎として、この取引はコックピット電子機器を、現在当社が世界2位の地位を占めている車両熱管理システム事業とともにビステオンの2つの高成長中核事業のうちの一つとして揺るぎないものとします。」



Leuliette CEO兼社長は次のように付け加えています。「この高く評価されている電子事業を買収することで、当社の世界的な展開は広がり、また自動車メーカーの新たな世界的なプログラムを支持するための費用対効果が生まれ、ビステオンはコネクテッド・カー技術を促進する一流企業へと発展します。技術と人材の流入は、すでに強力な当社のイノベーション能力を一層強化します。私は、影響を受ける顧客、サプライヤー、そして社員にとっての円滑な移行を保証するための両社のさまざまな取り組みに満足しています。」



ビステオンの取締役副社長兼電子機器社長Martin T. Thallは、この買収によって「自動車電子機器業界における主要なプレーヤー」が誕生すると述べました。



「この新たな電子機器企業は、自動車部門においてトップ技術会社になるための市場での地位とイノベーションを有しています。「当社はめまぐるしく移り変わる家電および自動車業界からの最高の技術を組み合わせたソリューションを開発しています。当社は、顧客のモビリティ戦略の接点として、好まれる自動車機器パートナーとなるために、自社の能力を強化することにワクワクしています。」



ジョンソンコントロールズから買収した事業は、自動車メーカーにドライバー情報、インフォテインメント、コネクティビティ、そしてボディ用電子機器製品を提供します。ヨーロッパ、アジア、および北米における約1,000名のエンジニア、電子機器の専門家ならびに設計者を含む、およそ5,000名の社員がこの取引による影響を受けます。ビステオンの新たな電子機器事業は、世界中に24カ所の製造施設、8カ所のグローバルテクニカルセンター、そして約10,500名の社員を擁します。



2013年9月30日に終了した事業年度では、ビステオンによって買収された事業が約13億ドルの収益、そして5800万ドルのEBITDA(利払い・税金・償却前利益)をもたらしました。このEBITDAには、取引によって譲渡されない当社配賦分の約1200万ドルの減額が含まれます。この取引は、推定年間費用の相乗効果が2017年までに4000万ドル超に達成するという規模の経済によって、長期的な利鞘の拡大の機会を提供します。



この取引に際して、ロスチャイルド・インコーポレーションとスキャデン・アープス・スレート・マー&フロム LLPがビステオンの顧問を務めました。



ビステオンについて

ビステオンは、2つの高成長中核事業(コックピット電子機器事業と熱管理事業)を通して自動車メーカーならびに株主に価値をもたらしている自動車用電子機器のグローバルサプライヤーです。ビステオンは世界で2番目に大きな車両熱管理ソリューションのプロバイダーであるハラ・ビステオン・クライメイト・コントロールの70%を所有しています。ビステオンは事実上、世界中すべての自動車メーカーのために、革新的な部品およびシステムを設計、立案、および製造しています。米国ミシガン州バンビューレンタウンシップ、 中国の上海、英国のチェルムスフォードにおける会社の事務所を初めとして、32 カ国に施設を構え、およそ29,000名の社員を擁しています。ビステオンは2013年に74億ドルの売上高を記録しました。詳細についてはwww.visteon.comをご覧ください。

Visteon Completes Acquisition of Electronics Business of Johnson Controls
VAN BUREN TOWNSHIP, Mich., July 1, 2014 — Visteon Corporation (NYSE:VC) today announced that it has completed the acquisition of the automotive electronics business of Johnson Controls (NYSE:JCI), creating one of the world’s three largest suppliers of vehicle cockpit electronics. The two companies announced plans for the $265 million cash transaction on Jan. 13.
The acquisition will enhance Visteon’s competitive position in the fast-growing vehicle cockpit electronics segment by strengthening its global scale, manufacturing and engineering footprint, product portfolio and customer penetration. The combined global electronics enterprise has more than $3 billion in annual revenue, with a No. 2 global position in driver information and above-average growth rates for the cockpit electronics segment, supplying nine of the world’s 10 largest vehicle manufacturers.
“This acquisition is a milestone in Visteon’s transformation, which we are confident will greatly benefit our customers, investors and new and existing employees around the world,” said Timothy D. Leuliette, Visteon CEO and president. “As a cornerstone of our value creation plan, this transaction solidifies cockpit electronics as one of Visteon’s two high-growth core growth businesses – along with vehicle thermal management systems, in which we hold the No. 2 position globally.”
Leuliette added: “Acquiring this highly regarded electronics business gives us the worldwide scale and cost efficiency to support new global programs from automakers, and elevates Visteon into the top tier of companies accelerating connected car technology. The influx of technology and talent will bolster our already strong innovation capabilities. I am pleased with the efforts of both companies to ensure a smooth transition for our customers, suppliers and the employees involved.”
Martin T. Thall, Visteon executive vice president and president, Electronics, said the acquisition marks the creation of a “major player in the automotive electronics industry.”
“This new electronics enterprise has the market position and innovation to become the leading technology company in the automotive sector,” Thall said. “We are developing solutions that combine the best technology from the fast-paced consumer electronics industry and the automotive world. We’re excited to strengthen our ability to be the automotive partner of choice – the connecting point for our customer’s mobility strategies.”
The business acquired from Johnson Controls provides automakers with driver information, infotainment, connectivity and body electronics products. The transaction involves about 5,000 employees, including approximately 1,000 engineers, electronics specialists and designers in Europe, Asia and North America. Visteon’s new electronics business has 24 manufacturing locations, eight global technical centers and about 10,500 employees worldwide.
In the fiscal year ended Sept. 30, 2013, the business acquired by Visteon generated
approximately $1.3 billion in revenue and about $58 million in EBITDA (earnings before
interest, taxes, depreciation and amortization). This EBITDA includes a deduction of
approximately $12 million for corporate allocations that will not transfer with the
transaction. The transaction offers opportunities for long-term margin expansion
through economies of scale, with estimated annual cost synergies reaching more than
$40 million by 2017
Advising Visteon on the transaction were Rothschild Inc. and Skadden, Arps, Slate,
Meagher & Flom LLP.
About Visteon
Visteon is a global automotive supplier delivering value for vehicle manufacturers and
shareholders through two high-growth core businesses: automotive cockpit electronics
and thermal management. Visteon owns 70 percent of Halla Visteon Climate Control
Corp., the world’s second largest provider of vehicle thermal management solutions.
Visteon designs, engineers and manufactures innovative components and systems for
virtually every vehicle manufacturer worldwide. With corporate offices in Van Buren
Township, Mich. (U.S.); Shanghai, China; and Chelmsford, UK; Visteon has facilities in
32 countries and employs about 29,000 people. Visteon had sales of $7.4 billion in
2013. Learn more at www.visteon.com.
Follow Visteon:
Media Contacts:
Jim Fisher
Visteon Corporation
+1-734-710-5557

+1-734-417-6184
– mobile
jfishe89@visteon.com
Jonna Christensen
Visteon Electronics
+44-1245-395038

jchris18@visteon.com
Investor Contact:
Bob Krakowiak
+1-734-710-5793

bkrakowi@visteon.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ビステオン・ジャパン株式会社
  4. >
  5. ビステオン、ジョンソンコントロールズの電子機器事業の買収を完了