~7月17日は「東京の日」~ 東京の未来を支える中央環状品川線 完成に向けて続々建設工事進行中

~8月10日(日)「道の日」に夏休み親子見学会を開催~

首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原 秀夫)では、中央環状品川線の完成に向け着実に建設工事を進めています。

本日、7月17日は1868年に東京が江戸から改称されたことにちなみ、「東京の日」とされています。江戸から東京に生まれ変わり、東京は高度経済成長とともに世界有数の大都市へと成長しました。そして、平成26年度開通予定の中央環状品川線の完成により、東京の未来を支える首都圏3環状道路のうち、最も内側に位置する中央環状線が3環状道路として最初に全線開通となります。この開通により、首都圏の高速道路全体のネットワークの機能向上に大きく貢献し、東京の未来を明るくつなぎます。

また、8月10日(日)には「道の日」を記念して、中央環状品川線の夏休み親子見学会を開催致します。親子見学会では、今しか見ることのできないトンネル工事の現場などを体験することができます。

 

【大橋ジャンクションの機能と工事状況】
大橋ジャンクションは、東京を代表する競技場であった国立競技場とほぼ同じ大きさであり、全国初となるジャンクション屋上への回遊式和風庭園の整備を行うなど、未来の東京を担う構造物です。中央環状品川線は大橋ジャンクションで渋谷線と山手トンネルに接続し、開通後は3号渋谷線(上り・下り)と中央環状線(内回り・外回り)の全方向へ行き来できるようになります。

現在、大橋ジャンクション部では、地下空間で2本のシールドトンネルをつなげて分岐・合流部分を構築する作業を進めています。あわせて、内装工事などトンネル内部の工事も行っています。


夏休み親子見学会の概要


【詳細】
■主催:首都高速道路株式会社 東京建設局

■実施日:平成26年8月10日(日)9:00~17:00 のうち、2時間程度
※見学時間及び時間帯のご指定はできません。

■見学場所:大橋ジャンクション付近のトンネル工事現場など

■募集対象:小学校3年生以上のお子様とその保護者:150名
18歳以上の希望者:50名

■参加費無料 、応募〆切 7月22日(火)

※詳細は下記サイトにてご確認お願いします。
http://www.shutoko.jp/ss/tokyo-smooth/shinagawa/kengaku/140810/


【参考情報】
■中央環状品川線のパンフレットおよび広報紙のPDFデータは下記サイトで配布しています。
http://www.shutoko.jp/ss/tokyo-smooth/shinagawa/download/

■中央環状品川線の工事の様子を撮影した、定点観測カメラの映像を下記サイトでご覧いただけます。
http://www.shutoko.jp/ss/tokyo-smooth/shinagawa/movie/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 首都高速道路株式会社
  4. >
  5. ~7月17日は「東京の日」~ 東京の未来を支える中央環状品川線 完成に向けて続々建設工事進行中