最も “幸せ” を感じて生きているのは60代女性  ~ADKアラ☆ダン研究所調べ

幸せを実現する60代女性の貪欲な行動力と向上心   ~今や「女房元気で留守がいい」?~

本レポートでは、日常生活における生活者の“幸せ度合”に着目。幸せを感じる度合によって、日常での活動やよりどころに差異があることが浮き彫りになりました。

■結果のトピック
①どの年代よりも“幸せ”を実感する60代シニア  
 60代に次ぐのは10代、最も低いのは20代男性。総じて男性より女性の方が「幸せ」
②男女ですれ違う幸せの源泉  
 60代男性は「妻頼み」。60代女性は「子ども」「友人」など幅広く 
③幸せを実現する60代女性の貪欲な行動力と向上心   
 今や「女房元気で留守がいい」?

①どの年代よりも“幸せ”を実感する60代シニア
~60代に次ぐのは10代、最も低いのは20代男性。総じて男性より女性の方が「幸せ」~


個人の「幸せ」の度合を10点満点の「幸福度得点」として採点してもらったところ、60代がつけた得点が他の年齢層を大きく上回る結果となりました。
60代に次いで高いのは男女とも10代、以降50代、40代、30代と続き、一番低い年齢層は20代でした。
性年齢別に詳しくみると、60代の女性が「平均6.89点」と、性・年代別(調査対象の12~69歳)で最も「幸せ」を感じているという結果が出ました。60代女性の次に高いスコアは10代女性(同6.59点)、次いで60代男性(同6.55点)で、最も低いのは、20代男性(同5.39点)でした。

<「幸福度得点」の平均> ※(設問文)「現在、あなた自身はどの程度幸せですか。「とても幸せ」を10点、「とても不幸せ」を0点とすると、何点くらいになると思いますか。」(択一回答) →「0点」から「10点」まで1点ずつの選択肢を答えた平均点


②男女ですれ違う幸せの源泉
~ 60代男性は「妻頼み」。60代女性は「子ども」「友人」など幅広く ~


「自分にとってのよりどころ」を、60代男女の中で「幸せ」の意識が高い層(前ページの幸福度得点で7点以上を回答/以降「幸福度が高い層」と表記)と低い層(同6点以下を回答)で比べてみました。

<「よりどころ」にしているもの> (複数回答)

幸福度が高い60代男性は、そのよりどころが「配偶者」(=妻)に集中(68%)しているのに対し、幸福度の高い女性は「配偶者」(=夫・58%)のほか、「子ども」(59%)や「孫」(28%)、「趣味や特技」(42%)、「健康や体力」(52%)、そして「友人」(33%)など、よりどころが幅広く挙がっているのが特徴的です。

幸福度の高いシニア男性のよりどころが配偶者に集中している、言わば「妻頼み」の状況は、「“妻が頼り”と言えるシニア男性は幸せ」という意味でもあるようです。

次に、 60代の男女別に、幸福度の高低による「よりどころ」の違いを比べてると以下の傾向がみられます。

男性・・・幸福度の高い人は「配偶者」を筆頭に、「健康や体力」「勤勉さ」「生き方や信念」「家庭」なども高いのに対し、幸福度の低い人は「配偶者」や「子ども」「友人」「生き方や信念」が目立って低くなり、よりどころとして最も高いのは「健康や体力」になっています。

女性・・・幸福度の高い人は前述の通り「配偶者」や「子ども」「友人」「健康や体力」「趣味や特技」が高く挙がっているのに対し、幸福度の低い人は「子ども」への集中度が高く、「配偶者」「趣味や特技」「財産」などは相対的に低くなっています。

上記のように、特に60代のシニア女性は、幸福度の強弱によって、よりどころが分散と集中に分かれています。幸福度の高い人は、よりどころが広範に分散していることから“幸せ”の重層化がみてとれます。またこのことは、幸せを維持するためのリスクヘッジとも捉えることができるのではないでしょうか。

③幸せを実現する60代女性の貪欲な行動力と向上心
~今や「女房元気で留守がいい」?~


「幸せ」の感じ方に影響を与えるものとして、趣味やスポーツなどの活動状況をみてみました。その結果、
幸福度の高い60代女性は、60代男女の中でも趣味活動の活発さが際立っていました。

<普段行っている趣味・スポーツ>(約100項目の複数回答) ※60代男性・女性で幸福度の高低による比較  「幸福度7点以上」の女性の上位20項目抜粋 単位:% 


60代女性で幸福度が高い人とそうでない人を比べた差が大きいのは、「旅行(国内・海外)」を筆頭に「食べ歩き」、「料理・お菓子づくり・パンづくり」、「映画館での映画鑑賞」、「園芸・ガーデニング」、「美術館・博物館めぐり」、「温泉めぐり」、「音楽鑑賞(クラシック)」など、領域が幅広いのがわかります。

またそれらの多くが、10代を含む全層と比べても圧倒的に高いことが注目されます。

以前のシニアレポートでも、元気で活発なシニア層の姿を紹介してきましたが、今回「自分は幸せ」だと感じる人はそれに輪をかけて活動的であることが確認され、その積極性が際立っています。
一方、幸福度が高い男性と、幸福度が高い女性の「幸せ実感者」同士を比べてみると、行っている趣味・スポーツの中身に差が見られます。

女性特性が強いと考えられる「料理」や「手芸」を別にすると、幸福度が高い女性が、幸福度が高い男性を大きく上回るものとして、「旅行(国内・海外)」や「園芸・ガーデニング」「食べ歩き」、「ライブ・コンサートの鑑賞」、「美術館・博物館めぐり」、「映画館での映画鑑賞」、「温泉めぐり」など、外出を伴うものが多く挙がりました。その昔「亭主元気で留守がいい」という言葉がありましたが、現代は「女房元気で留守がいい」とも言えそうな現象です。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アサツー ディ・ケイ
  4. >
  5. 最も “幸せ” を感じて生きているのは60代女性  ~ADKアラ☆ダン研究所調べ