UR賃貸住宅を建設技能労働者へ提供

~ 一般社団法人建設産業専門団体連合会と連携協定締結 ~

 本日、UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)と一般社団法人建設産業専門団体連合会(以下「建専連」という。)は、連携協定を締結しました。
 UR都市機構は、建専連と連携し、建設技能労働者の人材確保・育成対策の一環として、UR賃貸住宅を活用して、建設技能労働者の生活の基盤となる良好な住宅を提供します。

写真左:建専連 才賀会長   写真右:UR都市機構 上西理事長












○ 協定概要

・ 各建設専門業団体の集合体である建専連とUR都市機構が包括的な協定を締結。
・ 協定に基づき、各建設専門業団体を通じて、会員企業とUR都市機構が各住宅の賃貸借契約を締結。
・ 契約戸数に応じて、家賃割引(最大10%)を適用。

 


○ UR賃貸住宅提供スキーム


○ 具体的な展開

各建設専門業団体を通じた会員企業へのアンケートの結果、54社に利用意向があります。
連携協定締結を皮切りに、今後、会員企業のニーズ把握し、個別に住宅選定の上、賃貸借契約を締結していく予定です。

■■■お問い合わせは下記へお願いします。■■■

本社 住宅経営部 営業推進チーム:   電話045-650-0628
本社 広報室 報道担当:        電話045-650-0887

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 独立行政法人都市再生機構
  4. >
  5. UR賃貸住宅を建設技能労働者へ提供