「被害多発中の改ざん攻撃に終止符を!」ウェブサイト改ざん瞬間検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス)をリリース

「我が社のウェブサイトが、知らぬ間にウィルス配布サイトになっていた。」被害多発中のウェブ改ざん攻撃から企業を守る、セキュリティ製品を販売開始しました。

デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社は、2014年7月1日、企業のウェブサイトやサイト訪問者をサイバー攻撃の脅威から守るセキュリティソフトウェア新製品、『改ざん瞬間検知・瞬間復旧ソリューションWebARGUS(ウェブアルゴス)』をリリース・販売開始いたしました。
main image
◆WebARGUS(ウェブアルゴス)の特徴◆

1. ウェブサイトの改ざん状態を極力ゼロにする、瞬間検知・瞬間復旧。

2. 正規ユーザーになりすました改ざんや内部犯行、防御が困難な新手の手口にも対応。

3. 1ビットの改ざんも見逃さない、『電子署名』技術を駆使した高精度の改ざん検知。

4. 通常監視時にウェブサーバにかかるCPU負荷(使用率)は1%未満。

5. アプリケーションや設定ファイルを狙った高度な改ざん攻撃にも対応。

6. アラート通知や証拠保全等、安心・便利にご利用いただける各種機能を搭載。


◆背景◆

近年、日本国内企業のウェブサイトへの改ざん攻撃が急増しており、金銭目的と見受けられる攻撃が多発しているのが実態です。

その手口の多くは、通常の一般企業のウェブサイトをマルウェア配布サイトに改ざんするもので、サイトを閲覧したユーザーのパソコンが知らぬ間にウィルスに感染してしまう危険があります。具体的な被害としては、
  • 機密情報やクレジットカード情報を搾取される
  • 偽のインターネットバンキングサイトを表示し不正送金をさせられる
  • PCを遠隔操作される
などが挙げられ、改ざん攻撃にあった企業だけでなく、ウェブサイトを閲覧しているだけの不特定多数の個人までもが脅威にさらされています。

こうした深刻な背景を受け、ウェブサイト改ざんの被害軽減に貢献すべく、新たに自社製品を開発いたしました。
そのコア技術には、2005年に発売を開始し、現在も多くの金融機関でご愛用いただいている自社開発のセキュリティ製品が保有する電子署名の技術が生かされています。

ウェブサイトを狙ったサイバー攻撃に対する防御強化の1つとして本製品を多くの企業様にご利用いただくことで、日本国内のセキュリティ強化の一助になれればとの所存です。

◆システム構成◆

ウェブサイトを監視・復旧するためのソフトウェア「WA-Agent」と、WA-Agentの管理や各種設定、WA-Agent自体の稼働監視を行うための「WA-Manager」の2システム構成になります。

◆動作環境◆

<稼働要件>
☆JAVA:Java Runtime Environment (JRE) 1.7.0_25 以降
☆CPU :Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2650 0 @ 2.00GHz (1 core) 相当以上
☆MEM :1.7GB 以上
☆HDD :100MB(インストール用の空容量として)

<サポートプラットフォーム>
LinuxOS搭載サーバに対応。各種クラウド環境でもご利用いただけます。

※詳しくはウェブサイトでご紹介しています。
https://webargus-jp.ditproducts.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. デジタル・インフォメーション・テクノロジー
  4. >
  5. 「被害多発中の改ざん攻撃に終止符を!」ウェブサイト改ざん瞬間検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス)をリリース