オーストラリアの牛肉業界が東北の次世代農業家を奨学制度で支援

豪州牛肉業界による「トゥゲザー・ウィズ・ジャパン(TWJ)」オーストラリア奨学プログラム募集開始

オーストラリアの牛肉業界が、東北の肉牛生産の将来を担う若い世代の方々を対象に、「トゥゲザー・ウィズ・ジャパン(TWJ)」奨学プログラムを立ち上げました。

2014年7月15日

オーストラリアには、まさしく「トゥゲザー・ウィズ・ジャパン」、日本と一緒に歩んできた軌跡が多く存在しています。2011年3月、重要な貿易パートナーであり、また同時に、世界に名高い高品質の牛肉を生産する日本が東日本大震災・津波と原発事故に襲われました。この時、オーストラリアの生産農家、牛肉生産・流通企業、そして一般市民が集まってスタートしたのが、「トゥゲザー・ウィズ・ジャパン」被災地支援活動です。以来、微力ながらも息の長い支援活動を、とバーベキュー、飼料用干草の提供、地元学生や農家によるオーストラリア視察などを行って参りましたが、この度、日本の肉牛生産の将来を担う若い世代の方々を対象に、「トゥゲザー・ウィズ・ジャパン(TWJ)」奨学プログラムを立ち上げる運びとなりました。

本制度は、被災3県(福島・岩手・宮城)出身で、1)将来肉牛生産や流通に係ることを目指している学生の方々、あるいは2)実家で肉牛を飼育している・していた方々、あるいは3)すでに就農され、現在飼育を行っている農家の方々、を対象とし、2週間の英語研修・ホームステイと、10日間の肉牛農場体験を提供させていただくプログラムです(詳細については下記リンクから募集要項をご確認下さい)。

将来の就農を目指し、国際的な体験を積んでみたい方、すでに就農され、さらにオーストトラリアの畜産について学んでみたい方、あるいは肉牛を通してオーストラリアの農家と地域の生活ぶりを実感してみたい方、ぜひ募集要項をご覧いただき、参加をご検討下さい。

オーストラリアの肉牛・羊生産者を代表する団体・MLA豪州食肉家畜生産者事業団のアンドリュー・コックス駐日代表は次のように述べています。「国は違っても、肉牛生産への情熱、そして農業を続けてゆく上で農家が直面する課題は、世界共通の点が多く存在するのではないでしょうか。今回、日本の肉牛生産の将来を担う若い皆さんにオーストラリアを訪れて頂き、オーストラリアの農業、そしてライフスタイルを経験していただけることを心よりお待ちしております。」

募集要項:ここからダウンロードしてください。
http://www.mla.com.au/files/7a17af61-ea6e-49b2-9fcd-a36400d9366c/ABOUT-TWJ-PROGRAM.pdf

応募用紙:ここからダウンロードしてください。
http://www.mla.com.au/files/f4b08500-5ff8-4ef6-88c6-a36400dc2315/TWJ-scholarship-application-form.docx

参照書類(在日豪州大使館書簡):ここからダウンロードしてください。
http://www.mla.com.au/files/4e44522a-592d-4d79-ad66-a36400dc7a0b/AUSTRALIAN-EMBASSY-LETTER.pdf

本プログラムに関するお問い合わせ
MLA豪州食肉家畜生産者事業団
「トゥゲザー・ウィズ・ジャパン」奨学プログラム事務局
twj@mla.com.au
電話:03 4589-0083(直通)あるいは03 4589-0077
担当:近藤
main image
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. MLA豪州食肉家畜生産者事業団
  4. >
  5. オーストラリアの牛肉業界が東北の次世代農業家を奨学制度で支援