YTLホテルズ、新ブランド 『KASARA』 を発表

2014年12月、ニセコビレッジに「KASARAニセコビレッジ・タウンハウス」オープン

マレーシアを中心に世界7か国に、周辺地域の自然や地理的特徴を最大限に生かしたラグジュアリーリゾートおよびホテルを所有するYTLホテルズ(東証外国株1773)は本日、新ブランド「KASARA」(カサラ)を、2014年12月より、日本を含むアジア各国に立ち上げる方針を発表しました。
main image
マレーシアを中心に世界7か国に、周辺地域の自然や地理的特徴を最大限に生かしたラグジュアリーリゾートおよびホテルを所有するYTLホテルズ(本社:マレーシア、親会社:YTLコーポレーション・バーハッド[東証外国株1773])は本日、新ブランド「KASARA」(カサラ)を、2014年12月より、日本を含むアジア各国に立ち上げる方針を発表しました。

YTLホテルズは、マレーシア有数のコングロマリット企業、YTLコーポレーション・バーハッドのホスピタリティ事業として、これまでにニセコビレッジ(北海道虻田郡)をはじめ、シドニー、ブリスベン、メルボルンに展開するマリオットホテル、世界遺産都市で知られる英バースのスパ完備のクラシックホテル「ザ・ゲインズバラ・バース・スパ」など、世界各地で様々なリゾートおよびホテルの開業を手掛けてきました。現在、マレーシアを中心に世界24カ所にプロパティを所有・運営しており、KASARAブランドの施設は今後、ニセコ町(北海道)、コサムイ(タイ)、ボルネオ島(マレーシア)に、順次、展開される方針です。

KASARAでは、“ラグジュアリー、かつオーセンティックでタイムレスな滞在”提供することを目的に、各施設の地理的な特徴を生かして、旅慣れた旅行者にも満足してもらえるエクスクルーシブなサービスを提供します。

第一弾として、世界有数のスキーリゾートとして名高いニセコビレッジ内に、2014年12月1日、「KASARAニセコビレッジ・タウンハウス」をオープン。3ベッドルームを備えたKASARAタウンハウスでは、同リゾートに併設されているヒルトン・ニセコビレッジやザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジなど、同グループが所有する他のホテルとは一線を画する、ビスポークな滞在を提供する方針です。KASARAニセコビレッジ・タウンハウスの宿泊料金は1泊20万円~(予定)。

YTLホテルズ、セールス兼マーケティング担当副社長のルーク・ハフォード(Luke Hurford)はKASARAの魅力について、「この度、新ブランドとしてKASARAを発表することができ、大変嬉しく思います。KASARAでは、プロパティごとに特別なご体験を提供する方針で、例えば、ニセコでは、熟練スタッフが早朝のシークレットゲレンデへお客様をご案内するほか、コサムイでは地元漁師の案内による船上での魚の水揚げ、調理体験ツアーなど、またボルネオでは天然のマッドスパツアーなど、その場所でしか体験できない、エクスクルーシブな体験、サービスをご提供します」と話しています。

KASARAの詳細につきましては、こちらwww.kasara.com (英文サイト)をご覧ください。

【KASARAについて】
KASARAでは、“ラグジュアリー、かつオーセンティックでタイムレスな滞在”を提供することを目的に、各施設の地理的な特徴を生かした、エクスクルーシブな滞在を提供します。山岳地域や手つかずの熱帯雨林、美しいビーチなど、それぞれの地域が誇る自然資産をベースに、トレンドに沿ったラグジュアリーの在り方を追求し、また各地域に根付く風習や文化を取り入れ、旅慣れたゲストにも満足いただける、特別な体験とサービスを提供します。

【ニセコビレッジについて】
標高1308mを誇るニセコアンヌプリの南側に位置し、アスペン(米国コロラド州)、サンモリッツ(スイス、グラウビュンデン州)と並ぶ世界有数のスキーリゾートとして知られる、日本を代表する山岳リゾート。ニセコビレッジは、「Best Ski Resort Hotel in Japan」(ワールドスキーアワード 2013)に選出されたヒルトン・ニセコビレッジをはじめ、ザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ(ホテル)、アーノルド・パーマー設計によるゴルフコースのほか、屈指のパウダースノーを誇るニセコビレッジ・スキー場などを有しています。

【YTLホテルズについて】
YTLホテルズは、2003年に「世界のベストリゾート」(英コンデナスト・トラベラー誌)に選出されたパンコール・ラウト・リゾートをはじめ、マレーシア、タイ、インドネシア、中国、日本、フランス、英国において、数々の受賞を誇る一流リゾート、ホテル、ブティックホテル、スパ施設を展開しています。2012年7月には、南国のボルネオにガヤ・アイランド・リゾートを開業。同年12月には、クラシックホテルの一つとして70年におよぶ歴史を持つザ・マジェスティック・ホテル クアラルンプールをリニューアルオープンしたほか、2014年2月には、ビジネスおよびレジャー客を対象としたホテルブランド「Vistana」(ビスタナ)のリブランディングを手掛けています。

YTLコーポレーション・バーハッド(MYX:4677)のホスピタリティ事業として、周辺地域の自然や地理的特徴、また文化、伝統を体験いただける施設・サービスの提供に努めています。
www.ytlhotels.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. YTLホテルズ
  4. >
  5. YTLホテルズ、新ブランド 『KASARA』 を発表