マーチエキュート神田万世橋にて、メイド・イン・ジャパンの扇風機「GreenFan Japan」を展示。

山形デスティネーションキャンペーンの一環として、山形県米沢市で生産されているバルミューダ株式会社の扇風機「GreenFan Japan」の特別展示を行います。
main image
バルミューダ株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:寺尾玄)は、JR東日本が展開している観光キャンペーン「山形デスティネーションキャンペーン」の一環として、8月10日までマーチエキュート(mAAch ecute)神田万世橋のイベントスペース「佇マイ」にて、山形県米沢市で生産されている日本の扇風機「GreenFan Japan」を展示いたします。

海の幸・山の幸に恵まれた山形県の多彩な魅力と日本のカルチャーを楽しむひとときを、GreenFan Japanの心地よい自然界の風でおもてなしいたします。


GreenFan Japanについて
「GreenFan Japan」は最小の電力で静かに、夏の午後を吹き抜ける自然界の風を再現する扇風機です。独自の二重構造の羽根が、自然界と同じ、やさしく心地のよい風を送り出します。消費電力は従来の扇風機の1/20。1日8時間ひと夏使い続けても、電気代はわずか24円です。そして最小動作音は蝶二羽の羽ばたきの音量とほぼ同じ13dB。ぐっすり眠れる静音性能も実現しました。

また「GreenFan Japan」は高い品質を実現するために山形県米沢市で一台一台、丁寧に作られています。
日本人ならではの「メイド・イン・ジャパン」の扇風機。
体を包みこむようなやさしい風を部屋中に送り届けます。


バルミューダ株式会社について
バルミューダは2003年に東京で設立された家電メーカー。この時代に製品を作り、それを販売し、お客様にご利用いただくメーカーとして、『最小で最大を』という理念に基づいて行動しています。2010年に発表された「GreenFan」は特許技術の二重構造の羽根により、扇風機ではじめて自然界の心地よい風を再現。世界で初めてDCモーターを採用し、消費電力4Wという省エネ性能を達成した他、限りなく無音に近い静音性能なども評価され「高級扇風機」「DC扇風機」という新しい市場を作りました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. バルミューダ株式会社
  4. >
  5. マーチエキュート神田万世橋にて、メイド・イン・ジャパンの扇風機「GreenFan Japan」を展示。