総合ベーカリーの神戸屋、半円形の新食パン「円熟」を9月1日より新発売

オリジナルゆりかご型製法で「さっくりしっとり」食感

 2018年に創業100年を迎える総合ベーカリーの老舗、株式会社 神戸屋(本社:大阪市東淀川区、社長 桐山健一)は、オリジナルの新製法「ゆりかご型製法(特許出願中)により、どこから食べてもソフトな食感で、ライ麦・発芽玄米などの穀物をブレンドした半円形の食パン「円熟」を、関東、中部、近畿、中国、四国地域で9月1日より新発売いたします。商品情報URL http://www.kobeya.co.jp
main image
■新食パン「円熟」の製法と食感の特徴

独自のゆりかご型
従来四角型だった生地を入れる型を独自のゆりかご型で新たに開発。
じっくり熟成、高温で一気に均等な熱で焼き上げ。

「さっくりしっとり」の食感
一般的な食パンに比べ柔らかな外側(“パンの耳”の部分)と、しっとりとした内側を実現し、どこから食べてもソフトな食感。

“プチ”健康志向にも配慮
ライ麦・発芽玄米・ブランといった栄養価の高い穀物を配合。

糖分・油分を見直し
配合率として糖分は28%、油分は4%減らし(当社比)、小麦の風味も引き立つ焼き上がりで、トーストはもちろん、そのままでも、サンドイッチにもよく合います。

 現在の食パン市場は、「もっちり食感」が主力で、最近10年以上は大きな変化はありませんでした。 しかし、少子高齢化や 単身世帯の増加、健康意識の高まりなど、商品に対するニーズも多種多様になっていることから、当社は独自の製法を開発して、新たな食パンを商品化しました。
なお、発売を記念して「円熟」およびさらに進化した「もちふわ匠の逸品」を購入されたお客様を対象に、 キャンペーンを、2014年9月1日から11月30日まで実施いたします。
■キャンペーン詳細   http://www.kobeya.co.jp

<商品概要>
○商品名  「円熟」
            品名 標準売価(税抜)
              円熟ハーフパック 3枚  120円
              円熟 4枚切  240円 ※関西地域のみの発売
              円熟 5枚切  240円
              円熟 6枚切  240円
○発売日   2014年9月1日
○販売地域  関東、中部、近畿、中国、四国
○お客様お問い合わせ先 神戸屋お客様センター 0120-470-184

<神戸屋について>
神戸屋は1918年に創業した、パンの総合ベーカリーメーカーとして、スーパーマーケットやコンビニエンスストアに並ぶ食パンや菓子パンをお届けしている他、駅構内のフレッシュベーカリーショップや神戸屋レストランを運営しています。
あらゆる事業に息づくのは、神戸屋の創業以来一貫して流れる“Fresh&Pure”の理念です。
常にお客様のおいしさと健康を考え、無漂白小麦の使用(1973年)や臭素酸カリウムの使用中止(1980年)、イーストフード・乳化剤無添加(1994年)等に取り組んでいます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社神戸屋
  4. >
  5. 総合ベーカリーの神戸屋、半円形の新食パン「円熟」を9月1日より新発売