日本ビジネスシステムズ株式会社 “マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2014”において2部門受賞


日本ビジネスシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:牧田幸弘、以下JBS)は、日本マイクロソフト株式会社が主催する“マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2014”においてCollaboration and Content コンピテンシー アワードとManagement and Virtualization コンピテンシー アワードの2部門を受賞しました。 Collaboration and Content コンピテンシー アワードでの受賞は2年連続となります。マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤーは、マイクロソフト製品を使用したシステム構築を主業務とするマイクロソフト パートナー企業を対象とし、 30 分野のアワードにおいてその年最も優れたソリューションを提供した企業を選出するものです。
今回JBSが受賞した2部門の概要は以下の通りです。

Collaboration and Content コンピテンシー アワード
アワード概要
SharePointを中心に顧客企業の従業員の生産性向上に寄与した優れたコラボレーション ソリューションを達成した企業を表彰。
JBS受賞理由
Ambient Office/アンビエントオフィス® ( JBSが 開発したマイクロソフト製品群をエンドユーザ視点のシナリオに基づいて統合するソリューション)や Yammer活用ソリューションを中心に豊富な SharePoint のソリューションを展開し、数万ユーザー規模の案件をはじめ、多数の大規模案件を獲得。さらに、多数のマーケティング活動を展開しクラウドへの対応についても多くの実績を残した。

Management and Virtualization コンピテンシー アワード
アワード概要
顧客企業の経費削減、可用性の向上、組織の IT インフラストラクチャの機敏な対応を改善するようなデスクトップやサーバーのシステム管理および仮想化ソリューションを、System CenterやHyper-V、Microsoft Azureにて提供した企業を表彰。
JBS受賞理由
Data Planet/データプラネット® (JBS が提供するクラウドソリューションとサービスの総称)等、市場のニーズに適したハイブリッドクラウド管理基盤を支える 数多くのサービスを展開。ハードウェアメーカーとの協業を深めるとともに、様々なマーケティング活動を通して、マイクロソフトのビジョンである「クラウド OS」の認知形成に寄与し、案件の獲得、導入を進めた。

JBSは、 「お客さまにとって最良のシステム・最善のサービスを」のモットーの下、今後も先進的なソリューションを提供する企業努力を継続して参ります。

【日本ビジネスシステムズ株式会社について】
所在地: 〒105-6316 東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー16F
URL: http://www.jbs.co.jp
設立: 1990年10月
資本金: 9,200万円
代表者: 代表取締役社長 牧田 幸弘
売上高: 233億 4,000万円 (2013年9月期)
社員数: 730名(単体)、1,522名(グループ全体)
事業内容: ITコンサルテーション、システムインテグレーション、 ITサービス、アプリケーション開発
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日本ビジネスシステムズ株式会社
  4. >
  5. 日本ビジネスシステムズ株式会社 “マイクロソフト パートナー オブ ザ イヤー 2014”において2部門受賞