スイッチ・メディア・ラボ、テレビ視聴分析サービス「SMART」 を2014年10月より提供開始

関東エリア最大規模のテレビ視聴機械式調査~ 年内に個人5,000人(約2,000世帯)のテレビ視聴状況をネット上でリアルタイム分析可能に

 メディアリサーチを提供する株式会社スイッチ・メディア・ラボは、昨年末より関東エリア国内最大規模のテレビ視聴パネルを構築、機械式継続調査により蓄積してきたデータをもとに、個人のテレビ視聴状況をさまざまなプロフィールで手軽に分析できる、クラウド型テレビ視聴データ分析システムを独自開発しました。
2014年10月より、クラウド型テレビ視聴データ分析システム「SMART(スマート)」の正式サービス提供を開始することをお知らせします。
main image
■ 背景・活用シーン

昨今、個人のライフスタイル・生活行動は多様化しており、テレビ視聴についても「世帯」で測るだけでなく「個人」の視聴をより詳細に分析したいというマーケティングニーズが高まっています。 こうしたニーズに応えるべく、大量サンプルによってさまざまなテレビ視聴者の傾向を分析可能にしようと開発されたのが、クラウド型テレビ視聴データ分析システム「SMART(スマート)」です。

本サービスにより、個人テレビ視聴者の視聴傾向や、特定テレビ番組の視聴者構造について、多種多様な分析が可能となり、テレビ局にとっては、番組視聴者に適したスポンサー探し、CM広告主にとっては、ターゲットのユーザにより合ったCMの出稿計画や番組枠探しが可能になります。


■ クラウド型テレビ視聴データ分析システム[SMART(スマート)] の特長
  • 関東エリアでは、日本最大規模のテレビ視聴パネル調査

関東エリアで日本最大規模の機械式テレビ調査パネルを構築しました。2014年末には、2000世帯・5000人のパネル構築を完了予定です。


調査方法:機械式テレビ視聴継続調査
※家庭用テレビリモコンと独自開発のテレビ視聴データ収集機器、
 インターネット通信を利用した機械式継続調査。
  2013年12月末よりデータ蓄積開始。

対象エリア:関東エリア (1都6県:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県)
      ※関西エリアは、関東エリアのサービス安定稼動後に順次計画。

対象局:地デジ7局
     ※BS局、県域U局も現在は実験データとして視聴状況取得。

調査パネル:大規模インターネットリサーチパネルより構築した
      関東1都6県在住の世帯とその家族(4歳以上の個人)のSwitch Panelを対象

      ※国勢調査の性別、年齢別、未既婚別、居住地別分布に近似する様に対象世帯を決定。

パネル数: 約1,650世帯、個人4 ,000人 (2014年9月29日現在)

視聴データ測定単位:秒単位に視聴状況を測定
  • 最新クラウド型システム SMARTで、手軽に、リアルタイムに、テレビ視聴分析が可能

これまで翌日でないと把握ができなかったテレビ視聴状況を、インターネット上の最新クラウドシステム[SMART]を開発したことにより、ほぼリアルタイムに(※注1)、24時間いつでも気軽に分析できるようにしました。また、これまで分単位でしか捉えられていなかった視聴状況を、SMARTは秒単位で取得。15秒、30秒CMの視聴状況もより正確に把握・分析することが可能になります(※注2)。

テレビ視聴分析システム [SMART]の主なメニュー
・時間帯別視聴データ
・番組別視聴データ
・CM視聴データ
・CMリーチ&フリークエンシー分析
このほか、個別分析も承ります (別途有料)。

※注1: 時間帯別視聴データは15分後に速報値の結果表示。番組視聴データは放送終了後約2-3時間後に速報値
表示。番組内コーナーの視聴推移も把握可能。
※注2: SMART標準のCM視聴集計では、15秒単位で視聴有無を測定して集計しています。
個別分析で、より詳細な秒単位での視聴状況を分析することも可能です。
  • 豊富な個人プロフィールでテレビ視聴データを分析可能に

これまで「C、T、F1、F2、F3、M1、M2、M3」の8区分だったテレビ視聴ターゲット分析に対し、大量個人サンプルを確保したSMARTでは、個人全体、世帯のテレビ視聴状況に加えてさまざまなプロフィールで個人テレビ視聴データの分析を手軽に行えるようになりました。

【SMART 5つの標準集計区分】
① 性・年齢8区分   ・・・ 従来の8区分でも分析可能
② 性・年齢12区分  ・・・ <FC、FT、F1、F2、F3-、F3+、MC、MT、M1、M2、M3、M3+>
C(4-12歳)とT(13-19歳)を男女別に、従来50歳以上男女のM3,F3区分を、65歳を区切りにF3-、M3-、F3+、M3+と4つの区分に分けて分析可能に
③ 男女10歳区分  ・・・ 10代以下、20代、30代、40代、50代、60代以上 各男女
④ 男女未既婚区分 ・・・ 女性未婚・女性既婚・男性未婚・男性既婚
⑤ 職業区分     ・・・ 経営者・自営、会社員、主婦、パート・バイト、未就学、小学、中・高校、大学(院)、他・無職


■ オプション提供サービスについて

今後、法人企業様のニーズに応じて、下記のオプションサービス提供を順次予定しています。 (※オプション料金)

(1)リアルタイムトレンド
 放送局向けサービス。ほぼリアルタイム更新で、局別視聴状況・占拠率(速報値)の分単位の推移を視覚的にグラフチャートで表示する専用画面をご提供します。SMART5つの集計区分で視聴者属性のブレイクダウンも可能です。

(2)CM視聴状況分析
CM放送から終了までの間、秒単位で測定した視聴状況を分析する分析サービスです。

(3)番組視聴者プロファイリング
指定した複数の番組間で、特定番組だけに見られる視聴者属性の特徴を分析。デモグラフィック属性だけでなく、メディア接触、生活価値観、趣味嗜好、耐久消費材などの所有状況などでも分析可能です。

(4)番組視聴構造分析
特定の複数番組の視聴者を構造的に分解。リピート視聴の構成比、トレンド、視聴者クラスター構成比、ポジショニングマップ作成など、番組の潜在的な強み・弱みを分析レポートします。


■ サービス利用料金
法人企業を対象に、年間契約でご提供します。
※利用アカウント数、オプション分析サービスの契約により費用は異なります。詳しくは別途お見積もりいたします。

■ トライアル利用提供
本サービスをご検討いただける法人企業様に、期間限定でトライアル利用をご提供しています。
詳しくは、下記サービス担当まで、お問い合わせください。


<株式会社 スイッチ・メディア・ラボ 会社概要>

企業名:  株式会社 スイッチ・メディア・ラボ
所在地:  品川区東五反田1-6-3 東京建物五反田ビル9F
代表者:  代表取締役社長 福羽 泰紀
設 立: 2012年10月1日
事業内容: テレビなどのメディアリサーチ、テレビCMの効果測定調査・分析ツールの提供
URL:   http://www.switch-m.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. スイッチ・メディア・ラボ
  4. >
  5. スイッチ・メディア・ラボ、テレビ視聴分析サービス「SMART」 を2014年10月より提供開始