自治体として全国初!白川郷の合掌造家屋がスペースマーケットにレンタルスペースとして出展

 岐阜県白川村(村長:成原茂)は、世界遺産・白川郷の合掌造家屋であり、国指定重要文化財の“旧遠山家住宅”を、使われていないスペースや建物を簡単に貸し借り出来るインターネットサービス「スペースマーケット」に期間限定で出展し、中山間地域に存在する遊休スペースの積極的な活用方法を提案します。地方自治体が管理する建物が「スペースマーケット」に出展されるのは、全国で初めての取り組みです。

旧遠山家住宅外観

”旧遠山家住宅”は、2015年に世界遺産登録20周年を迎える白川郷の代表的な合掌造家屋のひとつで、現在は博物館施設として活用されています。
スペースマーケットとは、遊休スペースの利用していない空き時間と、スペースを必要としているユーザーとマッチングさせる、2014年月に誕生した新しいインターネットプラットフォームサービスです。

 白川村は、今年の1月から地域おこし協力隊を導入し、限界集落や空き家など他の中山間地域と同様に村が抱える課題の解決に取り組んでいます。今回は、昨今「空きリソース」に特化したビジネスが国内外で活発化していることに注目し、村が管理している文化的な遊休スペースを積極的に活用するために、スペースマーケットに出展しました。今後も、村内など中山間地域に眠る各種資源と、国内外の様々なベンチャー企業やソーシャルメディア、ITサービスなどを組み合わせ、地域課題解決や地方創生、観光産業や日本経済の活性化を目指します。

【合掌造と旧遠山家住宅の概要】

旧遠山家住宅外観

合掌造りとは、木材を梁(はり)の上に手の平を合わせたように山形に組み合わせて建築された、勾配の急な茅葺きの屋根を特徴とする住居です。

 旧遠山家住宅は、文政10年(1827)頃、能登の大工によって建てられ、その後改築を経て160年経った今も、屋内は黒光りし、外観も重厚な威容を誇っており、現在は国重要指定文化財となっています。
 また、白川郷と合掌造りを世界に発信したドイツの建築学者ブルーノ・タウト(1880~1938)が来村時に訪れた、白川郷の“生き字引”ともいえる家屋です。当日の様子は著書「日本美の再発見」で、「極めて論理的かつ合理的で、日本の建築では例外に属する 珍しい庶民の建築」と、高く評価されています。広々とした合掌家屋と多く残る民芸品に、大家族で過ごした当時の活気ある様子を偲ぶことができます。

現在は、かつての白川郷の生活を伝える民俗博物館施設として活用されています。2014年11月より保存修理工事に入ることから、工事終了後に教育的に使用する機会や、改修工事後の活用方法のアイデアを積極的に模索するため、この度試験的に一般開放することになりました。

【白川郷の歴史について】

旧遠山家住宅内観

白川郷の合掌造りは、「切妻合掌造り」といわれ、屋根の両端が本を開いて立てたように三角形になっているのが特徴です。これは、積雪が多く雪質が重いという白川の自然条件に適合した構造に造られています。合掌造りが日本の一般的な民家と大きく違う点は、屋根裏(小屋内)を積極的に作業場として利用しているところです。幕末から昭和初期にかけ白川村では養蚕業が村の人々を支える基盤産業でした。屋根裏の大空間を有効活用するために、小屋内を2~4層に分け、蚕の飼育場として使用していました。

白川郷は1995年12月に、「白川郷・五箇山の合掌造り集落」としてユネスコの世界遺産へ登録されました。対象は、岐阜県白川村荻町(しらかわむらおぎまち)、富山県平村相倉(たいらむらあいのくら)、同県上平村菅沼(かみたいらむらすがぬま)の合掌造り集落で、3種類ある世界遺産の内の世界文化遺産に該当します。

【旧遠山家住宅 詳細】

住所:〒501-5506 岐阜県大野郡白川村御母衣12(駐車場完備)
貸出可能時間:2014年10月1日(水)~31日(金)のうち 毎週水曜日 朝10時~夕方16時まで
利用金額:1日24,000円(1日1団体1棟貸し切りとなります。)
申し込み方法:スペースマーケット内紹介ページより
URLhttps://spacemarket.jp/spaces/shirakawago_toyamake/rooms/3FKesTOQ7TUdgNTa
スペースマーケット内で「白川郷」と検索してください。(ご予約にはアカウント作成が必要となります)
■注意事項
・民俗資料又は家屋の施設、設備等をき損し、又は汚損しないこと。
・他人に危害又は迷惑を及ぼす行為をしないこと。
・火気又は危険物を取り扱わないこと。
・利用用途は「教育・文化活動」に限る。利用用途によってはご利用をお断りする場合があります。

【スペースマーケットについて】

スペースマーケット画面

 「MICE」※1に活用できるユニークな遊休スペースを保有している法人もしくは個人が、スペースを利用していない空き時間に、スペースを必要としているユーザーとマッチングさせる2014年月に誕生した新しいインターネットのプラットフォームサービスです。
様々な種類のユニークな貸しスペースを、使用目的に応じて探し、1時間単位から簡単に借りることが可能です。スタート当初から、青山迎賓館(結婚式場)、
ユナイテッド・シネマ豊洲(映画館)、門間箪笥店(古民家)、正蓮寺(お寺)、Coca-Cola Park(野球場)等ユニークなスペースが100以上登録されております。
 現在、こうした「空きリソース」活用ビジネスが世界的に市民権を得ており、日本でも、シェアオフィスや貸し会議室や時間貸し駐車場等の「シェアリングスペース」のビジネスが急成長しています。

※注1:「MICE」とは
Meeting(会議・研修・セミナー)、Incentive tour(報奨・招待旅行)、 ConventionまたはConference(大会・学会・国際会議), Event(イベント)または Exhibition(展示会)の各分野を総称したものであり、ビジネス性の高い会合、イベント全般を指します。2013年6月11日に観光立国推進閣僚会議で決定された「観光立国実現に向けたアクション・プログラム」において観光立国実現に向けた主要な柱の一つとしてMICEが位置付けられました。

【株式会社スペースマーケット 会社概要】
社名 :株式会社スペースマーケット
本社所在地 :〒150-0045 東京都渋谷区神泉町8-16 株式会社VOYAGEGROUP BOAT内
設立 :2014年1月8日
代表 :重松大輔
事業内容:球場から、映画館、結婚式場、お化け屋敷まで!
ユニークなスペースをネットで簡単に貸し借り出来る「スペースマーケット」
https://spacemarket.jp 運営

【プレスリリースPDF】
http://prtimes.jp/a/?f=d11348-20140925-4962.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 岐阜県白川村
  4. >
  5. 自治体として全国初!白川郷の合掌造家屋がスペースマーケットにレンタルスペースとして出展