餃子および麺の国産化に関するお知らせ

「餃子の王将」を運営する株式会社王将フードサービス(京都市山科区/代表取締役社長 渡邊直人)は、10月8日(水)より、「餃子の王将」全店で販売する餃子の主要食材および麺類に使用している小麦粉の原産地を100%国内産へ切り替えましたのでお知らせいたします。

従来から「餃子」に使用している食材のほとんどは国産でしたが、餡に使用している生姜と、皮に使用している小麦粉については、国内調達の難しさから外国産を使用しておりました。しかし、全てのお客様へより安心、安全で、より上質の「餃子」を召し上がっていただきたく、このたび生姜と小麦粉を国産化することで、「餃子」に使用している主要食材(豚肉・小麦粉・キャベツ・ニラ・にんにく・生姜)はすべて国産※になりました。今まで以上に安心、安全で、上質の「餃子」をご賞味ください。
※一部調味料等は外国産を使用しております。

「餃子」の主要食材国産化とともに、麺料理で使用する「麺」の小麦粉についても国産化※しました。
今回の国産化により、「麺」の表面はしっとりつるっつる、芯はしっかりとしたコシがあり、もっちりとした食感を実現しました。国産小麦粉の特色を生かした上質の「麺」を、ぜひご賞味ください。
※揚げそば(皿うどん)の麺のみ、従来通り外国産小麦粉を使用しております。

当社は今後も、お客様の「安心」と「美味しさ」を追求してまいります。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社王将フードサービス
  4. >
  5. 餃子および麺の国産化に関するお知らせ