人と地球のための世界的ハックイベント「GreenHackathon」がアジア初開催

PM2.5、黄砂、住宅API等、自然環境に関する初公開データを利用して、総勢100名のエンジニアがWebサービスを開発!

10月17日(金)・25日(土)・26日(日)の3日間、持続可能なプランの創出をテーマにロンドン、バルセロナ、ストックホルムなど7都市での開催されている世界的ハックイベント「GreenHackathon」がアジア初開催されます。日本ではYahooJapan(港区)で、総勢100名のエンジニア・デザイナーが、思い思いにチームを組んでアイデアを出し合い、意見を交換しながらプログラミングを行います。

◆ 環境問題をITで解決する(グリーンIT)産業発展のために、「オープンガバメント・データ」」を推進する必要がある。
欧米では政府・企業等の持つ膨大なデータを公開する事で、環境問題を解決する手法が根付きつつあります。バラク・オバマ米国大統領は気候変動と戦うための大掛かりなアクションプラン「気候データ・イニシアチブ」の中で以下のように記述されています:
自由に利用可能なオープンガバメント・データは起業家精神、革新、科学的発見および公益に燃料を供給するかもしれないという認識のもと、広範囲な連邦気候関連データをてこ入れして、国家気象変動予防措置法の支援で、革新と民間セクターの起業家精神を刺激するために政府は、気候データ・イニシアチブをローンチしつつあります。

一方、日本ではオープンデータを活用した官民の取り組みは黎明期にあります。環境問題をIT技術によって解決する技術(グリーンIT)は注目されて久しいですが、電力の消費量・気候・人の移動情報等の環境に関するデータは各企業が個別に保有していて、データを活用するサードパーティーが盛り上がりづらい状況です。Green Hackathon Tokyoでは、政府・企業等のデータがオープン化され、環境問題を解決するイノベーションが創出されることを期待しています。

GreenHackathonの様子:スイスの原子力エネルギーの可視化



◆ ウェザーニューズ「PM2.5/黄砂API」、大和ハウス「住宅API」等、環境に関するデータがHackathon期間中のみ初公開!
GreenHackathonでは、株式会社ウェザーニューズが提供するPM2.5/黄砂のAPI、大和ハウス工業株式会社が提供する住宅API、株式会社ルートレック・ネットワークスが提供する農地の灌水API等、多数の自然環境に関するデータが期間中のみ公開されます。これらのデータを有効に活用できるのか、自然環境問題解決にどれほど貢献できるのか、総勢100名のエンジニアが3日間、知恵を集結させグリーンITサービスを開発します。

GreenHackathonの様子:開発風景



◆ エコを、「おもしろく」「身近な」Webサービスに!
環境問題を解決するためには、ストイックに省エネルギー・省資源に取り組むことも重要ですが、本GreenHackathonでは、環境への考慮だけでなく「ユーザーフレンドリー」なプランや「クレイジー」なプランも募集しています。エコを「おもしろく」「身近に」感じさせるプランが生まれることを期待しています。一種の“お祭り”的な側面も持つHackathonの場で、エコの在り方を考える“次の一手”を見つけ出すための貴重な実験の場なのかもしれません。

GreenHackathonの様子:開発風景



参加者のほとんどがプログラミングを仕事にしているプロ。そして技術力の高い学生です。募集開始後数日で定員に達してしまうほど人気のあるハックイベントです。このイベントを機に、東京からすばらしいグリーンITサービスが生まれ世界に発信されることを願っています。



<開催概要>
タイトル:  Green Hackathon Tokyo(グリーン ハッカソン トウキョウ)
開催日時: アイデアソン 2014年10月17日(金)19:00-21:00
    ハッカソン  2014年10月25日(土)10:00-19:00
       2014年10月26日(日)10:00-18:00
開催場所: ヤフー株式会社 アークヒルズ サウスタワー14階 (港区六本木1-4-5)
定員:   100名
参加費:  無料
主催:   Green Hackathon Tokyo実行委員会
      株式会社リバネス
協賛:   Akatsuki Hackers Labo
     株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
     株式会社ガイアックス
     株式会社Photosynth
     ヤフー株式会社
協力:  株式会社ウェザーニューズ
     株式会社ルートレック・ネットワークス
     GigaPan
     ソニーコンピューターサイエンス研究所
     大和ハウス工業株式会社
     東京電力株式会社
     日本気象株式会社
     富士通株式会社
後援:  オープンデータ流通推進コンソーシアム
     Think The Earth
     NPO法人BeGood
     Race for Resilience
審査員: ヤフー株式会社 執行役員 CMO 村上臣氏
     株式会社リバネス 代表取締役CEO 丸幸弘氏
     株式会社電通 ソーシャル・デザイン・エンジン クリエーティブ・ディレクター 並河進氏
     内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部 内閣参事官 村上敬亮氏


<イベントスケジュール>
10月17日(金): アイデアソン
19:00-19:15 オープニング
19:15-19:30 個人ワーク
19:30-19:45 チーム共有
19:45-20:15    チームワーク
20:15-20:45 ピッチ・投票
20:45-21:00 発表・講評
21:00-      ネットワーキング

10月25日(土) : ハッカソン Day1
10:00-10:40 イントロダクション
10:40-12:00 利用できるAPI・ハードウェアの説明
12:00-13:00 チームビルディング
13:00-19:00 ハッキング

10月26日(日) : ハッカソン Day2
10:00-15:00 ハッキング
15:00-15:30 発表準備
15:30-17:00 最終発表会
17:00-17:30 審査及び休憩
17:30-18:00 審査発表・講評


<運営団体について>
■ Green Hackathon Tokyo実行委員会
Green Hackathon Tokyo実行委員会はスウェーデンのストックホルムを本部とするGreen Hackathonの東京支部として活動しています。日本におけるグリーンITの認知・普及のために、欧米の先進的なグリーンITに関連する情報発信をしています。また“人と地球のためのハック”をキーワードに、今後もGreen Hackathonを日本各地で開催していく予定です。
■ 株式会社リバネス
科学技術分野に関する各種実験教室の企画・立案・運営、出版物の執筆・印刷等の出版業、映像企画・制作、人材育成のための教育・養成、研究開発、シードアクセラレーションプログラムなどを行っています。(設立:2002年6月 代表者:代表取締役CEO 丸 幸弘)


<関連URL>
■ Green Hackathon Tokyo
 http://www.greenhackathon.com/
■ Green Hackathon Tokyo
 http://greenhack.jp/jp/


<取材/お問い合わせ>
Green Hackathon Tokyo実行委員会   担当者:河瀬 航大
TEL: 050-3691-7573  E-mail: kodai.kawase@greenhack.jp
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社Photosynth
  4. >
  5. 人と地球のための世界的ハックイベント「GreenHackathon」がアジア初開催