毎月1度乳がんのセルフチェックを行うアプリを無料提供               更に自分撮りして楽しくセルフチェックを広めるキャンペーンを開始

若い世代に向けて、ユニークな乳がん啓もう活動を行っているキープ・ア・ブレスト(Keep A Breast、以下KAB)では、乳がん早期発見強化月間である10月から、より身近に乳がんについて考える機会を創出しようと、毎月一度行う乳がんセルフチェックアプリと、スマートフォンやモバイルから楽しく自分撮りをして、セルフチェックの大切さを広めるキャンペーン“#CHECKYOURSELFIE”(チェックユアーセルフィー)を開始いたします。

「Keep A Breastでは、乳がんはあなたのお母さんやおばあさんなどと他人ごとではなく、誰にでもなる可能性がある。その為、自分の体の状態をしっかり把握し、セルフチェックをすることが大切であることを広めていきたい」とKeep A Breastの創始者であるShaney jo Darden氏の思いのもと活動を広げています。


■Check Yourself! App (自己検診アプリ)
KABでは、英語、スペイン語、フランス語と日本語の4カ国語で利用可能なKeep A Breast Check Yourself!のアプリを10月より無料提供いたします。これはApple StoreやGoogle Play Storeにて、iosやアンドロイド携帯、タブレットなどの機器にダウンロードすることができます。

このKABのアプリでは、下記のように気軽に楽しく乳房のセルフチェック方法を掲載。また月に一度のセルフチェックを習慣づけるために、自分で設定した日時に、チェック日のお知らせが届きます。

乳がん患者の40%は自己検診により判明している(ジョン・ホプキンズ・メディカルセンター調べ)といわれていることから、月に一度自分の体の状態を確認することはとても大事であると同時に、知っていいることで冷静に対処できる力を養うと考えています。また、自己検診サイトcheckyourselfie.orgでは、動画や解析画像などを紹介いたします。



■#CHECKYOURSELFIE  自分撮りでセルフチェックの大切さを広めよう

毎日、世界中で100万枚以上の自分撮り画像がソーシャルメディアにUPされており、その30%を18〜24歳が占めているといわれています。KABは日常生活でより乳がんへの関心を持ち、自分の身体や胸について自己認識を高めてもらうために、#CHECKYOURSELEIEを開始いたします。

毎月のセルフチェックのスタイルである三本指を胸に当てた写真を自分撮りし、#CHECKYOURSELFIEのタグを付けてアップロードすると自身のSNSとKABのサイトに掲載されるという、誰にでも簡単に参加できるものです。

***************************************************************************************************************
<なぜセルフチェックが重要か>

Youth Survival Coalition(若年サバイバル連合)によると、アメリカでは、毎年約7万人の15歳から39歳の間の男性と女性が、癌と診断され、またその主な癌が乳がんであると言われています。

セルフチェックの重要性を伝え続けるKABのチームでは、癌に限らず偶然に乳房のしこりを見つけた若い女性たちと接することが多くあります。2014年の夏、KABは4554名の音楽フェス「Vans Warped Tour」参加者(85%女性・15%男性)に日頃から乳房の健康をチェックしているかアンケートをしたところ、51%が”何もしていない“と答えました。

国立がん研究所によると、乳がんの早期発見による(局部的な段階)5年の生存率が98%とされています。KABは毎月のセルフチェックにより体の変化に気づき、医者の診察を受けることができ、初期段階で検出することが可能であると信じています。

***************************************************************************************************************

<The Keep A Breast Foundation:とは>
Keep A Breast(キープ・ア・ブレスト / 以下 KAB) は、特に若い世代に対し世界規模で乳がんの啓もうを行う非営利団体です。2000年開始以来、KABは乳房の話題や乳がんを恥ずかしいと感じる気持ちを取り除こうと活動をしています。ブレスト・キャスト展示会(女性の胸を石膏でかたどる)、“ノン・トクシック・レボリューション”(有害化学物質を省く)や“おっぱい大好き!”キャンペーン等の色々な取り組みを通して、KABは乳がんに関する話題を取り上げ、乳房に関する自己認識や啓もうを活動おこなっています。

KABは若い世代向けの乳がん予防を啓もうする先進のグローバル団体と成長し、今では日本、カナダ、フランス、イギリス、チリに拠点を広げています。常に若い方が自分の乳房を大事にし、体の変化に気が付くように促しています。

■KABのSNS
Instagram: @keepabreast
Twitter: @keepabreast  
Facebook: facebook.com/keepabreast
Youtube: http://youtube.com/keepabreast
Google+:  http://bit.ly/kabapp2

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. KEEP A BREAST JAPAN
  4. >
  5. 毎月1度乳がんのセルフチェックを行うアプリを無料提供               更に自分撮りして楽しくセルフチェックを広めるキャンペーンを開始