コンテンツマーケティングを更に掘り下げる「クリスクコンテンツマーケティング」

サイト未来を見据えたコンテンツ作りができていますか?

・WEBコンサルティング企業のクリスク社が「コンテンツマーケティング事業」を新設。

・300社以上のコンサル実績を基に、ナーチャリング型次世代WEBマーケティングのプラットフォーム構築を提供。

・サービスの提供開始は11月4日(火)を予定。サービスに関する問い合わせは本日(10月30日)より受付を開始.

■コンテンツマーケティング事業の新設について


WEBマーケティングコンサンルサービスを提供してきたクリスク社は、これまでのノウハウを活かしたコンテンツマーケティング事業を新たに設置いたしました。コンテンツマーケティングへの取り組みに悩みを持つ企業へ向けたサービス提供はもちろん、300社の実績を持つWEBマーケティングのリーディングカンパニーとして、マーケティング担当者向けの勉強会も定期開催し、企業のコンテンツマーケティングへの取り組みへの啓蒙を率先して実施いたします。


★ CCM(クリスク・コンテンツ・マーケティング)サービス提供フロー イメージ図

■今後の予定について

・サービスの提供開始は11月4日(火)を予定。サービスに関する問合せは開始しております。

・サービスの提供は2015年3月末迄に10社、2016年3月末迄に50社を目標に事業を推進していく計画です。

▼サービス概要資料▼

http://www.slideshare.net/clisk_cm/pr-40328256

▼コンテンツマーケティング事業に関する情報について▼

http://www.clisk.com/content-marketing/



■株式会社クリスク 代表取締役社長 杉島泰斗によるコメント

2005年の設立来、SEOを中心としたWEBマーケティングコンサルサービスを提供してきたクリスク社は、SEOに関わる構造設計・ライティング・ソーシャル活用などを得意領域として、300社以上のクライアント様を支援して参りました。

今回の事業新設では、これまでの提供領域に加え国内外の「リード・マネジメント・ツール」を活用した「個人にフォーカスしたコミュニケーションに必要なコンテンツ」を定義し、ツールの活用も含めたコンテンツマーケティングのフルフィルメントサービスを提供します。

今回のコンテンツマーケティングのフルフィルメントサービスの提供により「キーワード順位ありきのSEO」といったSEOに対する一般的な認識を「人と、人の検討プロセスを意識したコミュニケーション志向型SEO」へと変化させることが、クライアント様や生活者にとっての利益になると判断し、当事業の新設に至りました。

コンテンツマーケティングの手法として一般的な「ブランデット・エンターテインメント」や「バズ・マーケティング」などの広く集客することを狙ったコンテンツ企画の提供もBtoCモデルの企業様向けに提供を予定しておりますが、BtoBモデルや高関与商材を取り扱う企業様へは中長期的にコミュニケーションし見込み客のマインドを醸成する「リードナーチャリング型コンテンツ」を中心とした提供を予定しております。

これらの取り組みにより企業様へ「ターゲットに寄り添ったマーケティング」を広く普及し、クライアント様のみならず、市場の成長へと貢献して参りたいと思います。



■当リリースに関する問合せ

株式会社クリスク
コンテンツマーケティング事業部 中島健治、石村浩延
TEL: 03-5759-6646
E-MAIL: ccm@clisk.com



■会社概要

【会社名】
株式会社クリスク
http://www.clisk.com/

【設立】
2005年12月

【代表者】
代表取締役社長 杉島 泰斗

【会社所在地】
〒141-0031  東京都品川区西五反田2-25-1 インテックス五反田2F

【グループ企業】
グローバル ナレッジ ネットワーク株式会社

【事業内容】
1. 企業の販売促進の企画、立案、実施
2. 経営コンサルティング業務
3. 各種市場調査の企画、立案、実施
4. 宣伝および広告企画、広告業、広告代理店業務
5. 情報処理並びに情報提供サービス業務
6. インターネットを利用した通信販売業ならびに情報提供の仲介
7. コンピューターシステム、ソフトウエアの企画・開発、管理及び販売
8. インターネットホームページの企画・制作・運営およびコンサルティング業務
9. 講演・セミナー事業
10. 上記各号に関連付随する一切の業務
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社クリスク
  4. >
  5. コンテンツマーケティングを更に掘り下げる「クリスクコンテンツマーケティング」