日本の「贈り物」を変えるECモール 「ギフトネットコム」誕生!

~ギフトカード&カタログギフトの革命~

 株式会社アスカネット(本社:広島県広島市、代表取締役社長兼CEO:福田幸雄)は、金額が不記載の「オンデマンド・オリジナルカード」を商品交換券として使用する「選べるギフト」に特化したECプラットフォーム「ギフトネットコム」を12月1日より開始します(特許申請中)。
 また、FacebookやLINEなどのSNSやメールにて、選べる権利付の「ギフトコード」を贈る方式も同時にスタート。本サービスを利用することで「特に欲しくない物」を贈ったり受け取ったりする「ギフトの違和感」が無くなります。
 米国ではギフトカードの市場だけでも既に10兆円を超え、更に伸び続けていますが、日本の場合は「好きな物を自由に購入できる合理性」は認めながらも、ギフトカード上の金額表示に抵抗感があるためか、あまり普及していません。一方、金額の入っていないカタログギフトは一般的ですが、商品の選択肢が少なく、受け取りも一品に限定されています。
 アスカネットの得意とする「1枚から制作可能な美しいオリジナルカード」とECを利用することでギフトカードやカタログギフトの良い点を踏襲しつつも従来の問題点を大幅に改善しました。

■カタログギフトと比較
○カード又はコードを使用するため荷物にならない
○ショッピングモールに匹敵する商品種から選択可能
○複数商品に分けて受け取りが可能(分割受け取り)
○スマホアプリやPCでいつでも何処でも贈答が可能

■ギフトカードと比較
○金額やポイントが入っていないので気軽に渡せる
○オリジナルなカードで温かみがある
○目的に応じて自由なデザインが可能
○ギフト付き年賀状や暑中見舞などの挨拶状になる

■贈答の流れ
 パソコンやスマホで贈り手も受け取り手も簡単な操作で完了。

<カードで贈る>
01.金額と人数を決定
02.カードを選択・作成
03.お届け先を指定して完了

<SNSで贈る>
01.金額を決定
02.SNSの種類と贈り先を選択
03.メッセージを添えて送信

<ギフトを受け取る>
01.ギフトコード入力
02.表示される商品から選択
03.商品が届く

■予想される用途と設定金額
 相手の好みが分からない場面全てにおいてお中元・お歳暮・クリスマスなどはもちろん結婚式などのお返しで大勢の方に贈る場合でも悩むことがありません。
 また、ギフト以外にもゴルフなどの景品・記念品や株主優待などにも最適です。
※設定可能金額は3,000円~100,000円
(分割受け取りのみ2,000円相当まで)

■受け取られた方の選び易さ
 一般的になったショッピングモールで商品を選ぶように食品からアパレルまで、カテゴリーやキーワード検索でご希望の商品が簡単に選択できます。サイト上には金額表示の無い受け取り可能な商品のみが都度表示されています(分割受け取りの場合、一度受け取ると次に受け取れる商品構成に更新されます)。
 また、一般的な商品以外に、特にレアな商品・オシャレなグッズ・ブランド別などを特集したコーナーも随時オープンの予定です。

■出展(出品)希望の方
出展者として登録しておけば、自由に商品を出展することが可能で、月額システム利用料や決済手数料、売上ロイヤリティ、広告費は一切発生しません。商品が交換された場合には出品者が設定した販売価格と送料も全額支払われます。詳しくは出展要項サイトをご覧ください。

■スマホアプリ名   選ぶをおくる「ギフトネットコム」
カテゴリー:ライフスタイル 動作環境:iOS6.0以上 Android4.0以上
ギフトネットコム公式サイト   http://giftnet.com
動画解説サイト   https://www.youtube.com/watch?v=_JUUkDUamds
出展(出品)要項サイトhttp://giftnet.com/lp/partners.html

■株式会社 アスカネット 概要
所在地:〒731-0138 広島県広島市安佐南区祇園3-28-14
設立 : 1995 年7 月6 日 資本金:4.9 億円 東証マザーズ上場
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 福田 幸雄(ふくだ ゆきお)
事業内容:
パーソナルパブリッシングサービス事業(インターネット経由写真集製作)
メモリアルデザインサービス事業(デジタル写真加工・処理)
エアリアルイメージング事業(空中映像用ディバイス)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アスカネット
  4. >
  5. 日本の「贈り物」を変えるECモール 「ギフトネットコム」誕生!