世界初!電気自動車(EV)によるドリフトカーお披露目&初走行! D1GP Kick Off Drift

今年で15周年を迎えたD1による、 電気自動車(EV)ドリフトカーチャレンジプロジェクト始動!

株式会社D1コーポレーション(代表取締役社長:鈴木賢志、所在地:東京都新宿区、以下D1コーポレーション)は、1月9日(金)~11日(日)に行われる「TOKYO AUTO SALON 2015 with NAPAC」内で行われる「D1GP Kick Off Drift」を幕張メッセ屋外イベント会場・特設コース(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)にて開催致します。

「D1GP Kick Off Drift」とは、D1グランプリ年始恒例のイベントで、32年目を迎え毎年約30万人が集まる「TOKYO AUTO SALON」会場内の一角に専用コースを造り、2014年シリーズランキング上位8人のドライバーがテクニックを競い、華麗な走りを大迫力で楽しめるエキシビジョンマッチです。

今年は、D1グランプリ創立15周年を迎えるにあたり、世界約40数か国開催されるドリフト競技のパイオニアとしてモータースポーツと環境・社会との共存をテーマに掲げ、「電気自動車(EV)ドリフトカーチャレンジプロジェクト*1 」を始動。世界初*2となる電気自動車(EV)によるドリフトカー(トヨタ・プリウスZVW30)のお披露目、及びデモ走行を行う予定です。今回の「D1GP Kick Off Drift」を皮切りに、世界に通用する電気自動車(EV)によるドリフトカーの普及を目指します。

D1グランプリが魅せる、世界を牽引するドライバーの走り・最先端のマシンメイクが楽しめる「D1GP Kick Off Drift」を是非、ご堪能ください。

*1 D1コーポレーションが年間のシリーズ戦を通じて、ドリフト競技にもエコ・環境対策が応用できることを広める15周年記念プロジェクトであり、今回の「D1GP Kick Off Drift」を皮切りにスタートします。
*2 オフィシャル公認の下で、EVによる本格的ドリフトカーは世界初登場である。

 

 










■電気自動車(EV)ドリフトカー スペック情報
●ベース車両:トヨタ・プリウス(ZVW30)をFR化【外装デザイン】T&E製エアロキット&ワイドボディキット
●チューニング内容:ハイブリッド⇒完全EV化、CVT⇒シーケンシャル6速マニュアルミッション化
          ニッケル水素電池1.3kWh⇒オリビン型リン酸鉄リチウム46kWh、FF⇒FR化
         モーター⇒直列2機・ツインモーター仕様、エアロキット⇒ VERTEX WIDE Ver.
         最高出力・約400PS、最大トルク・約800Nm以
●その他: EV車両製作 OZ MOTORS(株式会社オズコーポレーション;代表/古川治)
     製作パートナー 株式会社ティーアンドイー
     開発ドライバー 上野高広

■ D1GP Kick Off Drift 概要
日時   : 1月9日(金)12:30~14:00/1月10日(土)11日(日)12:30~14:00
      会場OPENは、09:00~17:00(11日のみ~15:00)
会場   : 幕張メッセ屋外イベント会場・特設コース(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
出演   : 司会&実況:鈴木学、ゲスト:谷口信輝 等

■ TOKYO AUTO SALON 2015 with NAPAC 開催概要
日時   : 2015年1月9日(金) 13:00~17:00 ※業界&報道関係者招待9:00〜18:00
      1月10日(土) 9:00~17:00
      1月11日(日) 9:00~15:00
会場   : 幕張メッセ屋外イベント会場(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)
アクセス : JR京葉線 海浜幕張駅(徒歩5分)
チケット :特別入場●1月9日(金) 一般特別公開 前売:2,600円 当日:3,200円
      一般入場●1月10日(土)、11日(日) 前売:1,800円(大人のみ) 当日:2,200円(大人) 1,700円(中・高校生)
      ※全日とも小学生以下無料(但し保護者同伴に限る)
前売券   :ローソン/セブンイレブン/ファミリーマート/サークルKサンクス/ミニストップ/
     スリーエフ/チケットぴあ/Yahoo!チケット/イープラス/tixee/公式サイト
公式サイト: http://www.d1gp.co.jp/
運営   : 株式会社D1コーポレーション
メディアパートナー : 株式会社三栄書房
問い合わせ : D1 GRAND PRIX 事務局 TEL:03-5287-2939(平日10:00~18:00)

■ TOKYO AUTO SALONとは
1983年にチューニングカーマガジン「OPTION」誌初代編集長が、カスタムカー文化を世に広めるべく「東京エキサイティングカーショー」としてスタート。
1987年の第5回からは「TOKYO AUTO SALON」に名称を変更し、会場も晴海から有明、そして幕張メッセと開催場所を変え、年々規模を拡大。
近年では自動車メーカーも出展し、オートサロンに合わせて新車発表を行なったり、各種パーツの展示販売や、レーシングマシンのデモラン、avexライブステージ、キャンギャルの撮影会を開催するなど、コアな自動車ファンだけでなく、自動車を利用する家族連れでも十分に楽しめるビッグイベントにまで変化発展してきました。
第33回目となる「TOKYO AUTO SALON 2015 with NAPAC」では、前回に引き続き1~11ホールを加えイベントホールも使用して、TOKYO AUTO SALON史上でも最大規模の世界最大級のカスタムカーイベントとして開催いたします。

■ D1 グランプリとは

【15周年記念ロゴ】

2001 年に初開催し、今年で 15年目を迎えるドリフト走行の美しさで勝敗を競う日本で誕生した自動車競技であります。毎年 6~7 戦をシリーズ戦として全国のサーキットや特設会場で競技を行い、年間チャンピオンを争い、約6万人の総観客動員数を誇ります。2015年は、全 6 戦のシリーズ戦&4回のEXに加え、海外エキシビジョンを昨年に引き続きロシア・プリムリングサーキットにて9月に 1 戦開催します。その他タイ、アメリカLAS VEGAS、中国マカオ等での開催も検討中です。ドリフトは海外でも人気があり現在、世界 40 ヶ国以上で競技が行われています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社サンプロス
  4. >
  5. 世界初!電気自動車(EV)によるドリフトカーお披露目&初走行! D1GP Kick Off Drift