ハイアールアジアが戦略発表会「Haier Asia Innovation Trip! 2015」を開催

「世界初★のハンディ洗濯機」「amadana社との戦略的パートナーシップに基づくコンセプトモデル」などの新製品および新規事業について発表

ハイアールアジア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:伊藤嘉明、以下ハイアールアジア)は、本日戦略発表会「Haier Asia Innovation Trip! 2015」を開催しました。戦略発表会では、ハイアールアジアが2015年以降に発売する予定の新製品や、今後新たに展開する予定の事業について発表しました。
main image
【戦略発表会の主な内容】
1.既存の白物家電分野の概念を変え、新たな使用シーンを創出する製品の提供
ハイアールアジアは、従来までの冷蔵庫や洗濯機における固定概念にとらわれず、これまでにない特徴を持ち、まったく新しい使用シーンを創出する製品を開発、提供します。

①世界初★、約200gのハンディ洗濯機 HCW-HW1(愛称「コトン」)
約200gのハンディ洗濯機 HCW-HW1(愛称「コトン」、以下コトン)は、手軽に洗濯することができるコンパクトな大きさの洗濯機です。部分汚れやシミ汚れなどをすぐに洗うことができるので、大切な衣類のシミ部分汚れを落とすことができます。また、プリーツ スカートなど、家庭では洗濯が難しい衣類の汚れ落としも、コトンなら手軽にできます。

2015年1月14日から、AQUAオンラインストア(http://www.store-aqua.com/)で先行予約販売を開始します。(製品詳細は、ハイアールアジアホームページの新着情報に掲載している「コトン」に関するニュースリリースをご参照ください: http://haier.co.jp/news/index.html)。

②水を使わず空気(オゾン)で洗う「スーツリフレッシャー」(2015年春発売予定)
※デザインはイメージです。
弊社独自の「エアウォッシュ」機能により、水を使わず空気(オゾン)の力で除菌、消臭する「スーツリフレッシャー」の発売を目指します。
「スーツリフレッシャー」は焼き肉などの食べ物やタバコのにおい、汗のにおいや体臭などの着いたスーツやジャケットなどの上着を、ハンガーにかけてスイッチを押し、ひと晩(約6~8時間)おくだけで、除菌、消臭することができます。また、お好きな香りをつけることができる機能も搭載します。
デザインについては、さまざまなブランドとのコラボレーションも検討し、事業者様向けも含め、幅広いチャネルで展開する予定です。
★:2015年1月14日時点。洗濯機能(洗いとすすぎ)を有する電動機器製品において。(当社調べ)


2.白物家電製品の嗜好品化を提案
白物家電(特に冷蔵庫や洗濯機)は、製品のデザインに個性が出にくく、機能や価格が購入時のポイントになっています。また、一般的に他の家電製品と比べて、買い替えサイクルが長いとされているにもかかわらず、ご家庭で「パートナー」として位置付けられていないことが多いのが現状です。

ハイアールアジアは、機能や価格以外の差別性を持った、新たな価値観および購入動機を感じていただけるような白物家電、お客様の生活をより楽しく充実させ、愛着を感じていただける「パートナー」のような存在になる白物家電を提供していきたいと考えています。その第1弾として、季節や生活シーン、お客様の嗜好などに合わせてイメージを変えることができる製品を提案します。

「冷蔵庫用 着せ替えカバー」(2015年春発売予定)
ご家庭で強い存在感があるにもかかわらず、画一的な色やデザインが多い冷蔵庫を、スマートフォンケース・カバーのように、扉のデザインを変えることができる「冷蔵庫用 着せ替えカバー」を開発しました。冷蔵庫の扉に、自分の好みにあったデザインの「冷蔵庫用 着せ替えカバー」を取り付けることで、気分転換をしたり、お部屋のイメージを変えたり、インテリアの一部として お楽しみいただくことができます。
この「冷蔵庫用 着せ替えカバー」の第1弾として、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社とのライセンス契約に基づき「アナと雪の女王」など人気のディズニーキャラクターを採用し展開します。

※「冷蔵庫用 着せ替えカバー」が利用可能な冷蔵庫は、発売中のAQUAブランドの冷蔵庫AQR-16D、AQR-18D、AQR-SD28C、AQR-D28C(対象製品の詳細は、http://aqua-has.com/fridge/をご参照ください)および今後発売するAQUAブランドの新製品の一部です。また「冷蔵庫用 着せ替えカバー」は本体とは別売です。
※デザインはイメージです


3.家電製品を利用した新しいビジネスモデルの構築
ハイアールアジアは、製品を販売した時点で完結する(修理・点検などのサービスを除く)という、従来の家電業界における、いわば「売り切り型」のビジネスモデルからの脱却を目指します。具体的には、家電製品を取引や利用頻度の高いサービスの構成要素と位置づけ、その考え方に基づいた新たなビジネスモデルを創出、構築してまいります。

①オフィス向け冷凍食品販売サービスの展開(現在東京都内でテスト販売実施中)
ハイアールアジアグループが販売するフリーザーをオフィスに無償で提供し、そのフリーザーの中に置いた食品の販売で継続的に収益を上げるという新しいビジネスモデルを構築します。まずは都内中心部のオフィスでサービスを目指します。取り扱うブランドは「Ben & Jerry's」(アイスクリーム)、「サンシャインジュース」(コールドプレスジュース)、「Saiby」(スムージー)などです。

②「デジタル額縁」&コンテンツ提供サービスの展開(サービス提供開始予定:未定)
ネットワーク接続された液晶ディスプレイを活用した、いわば「デジタル額縁」をベースにした事業を展開します。液晶ディスプレイの販売だけで収益を上げるビジネスではなく、液晶ディス プレイは可能な限り低価格に抑えて提供し、配信するコンテンツ(画像)の提供により継続的に 収益を上げるビジネスモデルです。

個人での利用はもちろん、飲食店やホテルのように、レイアウトやインテリアをシーズンごとに一定期間変更する必要がある企業や事業所などにも最適です。第1弾のコンテンツとして「Rock Paper Photo」(詳細は http://rockpaperphoto.jp/ をご参照ください)を提供する予定です。


4.amadana社との戦略パートナーシップに基づく製品の展開(一部製品を除き2015年夏頃から順次発売予定)
2014年6月に締結した、amadana株式会社との戦略パートナーシップに基づく第1弾の製品として、冷蔵庫(3モデル)、洗濯機(2モデル)、トースター(1モデル)を順次展開します。特徴的なデザインや、ユーザーの手に触れる部分の素材・質感にこだわるなど、従来の家電製品とは異なるコンセプトで展開します。今後も、新しいライフスタイルを提案するamadanaブランドの商品を随時展開する予定です。
※デザインはイメージです。


5.その他の製品の紹介
液晶ディスプレイを搭載した冷蔵庫や、スケルトン洗濯機など、今後の発売を目指して開発中の製品のプロトタイプモデルも紹介しました。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ハイアールアジア株式会社
  4. >
  5. ハイアールアジアが戦略発表会「Haier Asia Innovation Trip! 2015」を開催