20代~60代女性の『おにぎり』に関する意識調査 ~ 日本人は『おにぎり』が大好き!~

80%以上が好きと回答、嫌いはわずか0.8%  話題の「おにぎらず」の認知度は50%と意外な結果に

株式会社クレハ(本社:東京都中央区、社長:小林 豊)は、春の行楽シーズンに向け、お弁当の定番である「おにぎり」について20~60代の女性400人へ『おにぎりを作る頻度』や『おにぎりを食べることの好意度』、『おにぎりの好きな具材』『おにぎりのシチュエーション』、『おにぎりの作り方』、『おにぎらずに関しての興味と認知度』などの調査を実施しました。
株式会社クレハ(本社:東京都中央区、社長:小林 豊)は、春の行楽シーズンに向け、お弁当の定番である「おにぎり」について20~60代の女性400人へ『おにぎりを作る頻度』や『おにぎりを食べることの好意度』、『おにぎりの好きな具材』『おにぎりのシチュエーション』、『おにぎりの作り方』、『おにぎらずに関しての興味と認知度』などの調査を実施しました。 

今回の調査によって、おにぎりについては、食べることが好きという人が全体の8割以上となり、嫌いという人は、わずか0.8%となるなど、おにぎりが国民食であることわかる結果となりました。また、衛生意識の高まりから、おにぎりを作る際にラップを使用するという人が増えているようです。

さらに、昨年度から、クックパッド上で急激に検索ワード上位に踊りだし、話題になっている「おにぎらず」についても調査したところ、「全く知らない」という人が全体の50%と意外な結果となりましたが、「興味があるかどうか」という質問に対しては「興味がある」と回答した人が73%となり、関心度の高さがうかがえます。

『おにぎり』に関する意識調査 調査概要
□調査対象 :20代~60代女性(既婚・子供あり)400人
※過去3か月間で1回以上おにぎりを作ったことのある人
□調査エリア:全国
□調査方法 :WEB調査
□調査時期 :2015年2月
 

週1回以上おにぎりを作る人は全体の43.8%
おにぎりを作る頻度について質問したところ、43.8%の人が週に1回以上おにぎりを作っていることがわかりました。なかでも、40代がおにぎりを作る頻度が比較的高く、週1回以上作る人が51.3%と半数以上を占めています。
「おにぎりを作る頻度について」(%)N=400
 

日本人は「おにぎり」が大好き!おにぎりが好きな人は80%以上
「おにぎりを食べることの好意度」については、「とても好き」「やや好き」と答えた人が全体の83.5%になり、「やや嫌い」、「とても嫌い」と答えた人が全体の0.8%のみとなっています。年代別にみると40代以上は「嫌い」と答えた人が0%になるなど、おにぎりが国民食であることがわかります。
おにぎりを食べることの好意度」(%)N=400
 

「好きなおにぎりの具」の第1位は「鮭」!
「 好きなおにぎりの具」について聞いてみたところ、第1位が「鮭」(75.0%)、次いで第2位は「梅干し」(55.3%)、第3位は「明太子」(51.3%)となりました。「ツナ」は20代では第2位(56.3%)と人気がありましたが、50代、60代に人気がありませんでした。「ツナ」がおにぎりの具として使われ始めたのが比較的新しく、コンビニエンスストアなどで発売されて人気となったのが、1980年代ということにも関係がありそうです。

「好きなおにぎりの具」(%)N=400
 

「ラップ」でおにぎりを握った経験がある人は約9割
「おにぎりの作り方」について聞いたところ、「ラップでおにぎりを握った経験のある人」は全体の89.8%となりました。さらに、「ラップでおにぎりを握った経験のある人」の「ラップ」の使用率については、約半数の人が毎回「ラップ」使用しておにぎりを作っています。年齢別では20代の使用率が高くなっています。
「ラップでおにぎりを握った経験」(%)N=400     「ラップ使用率」(%)N=359
 

「ラップを使用する理由」の1位は「衛生的」だから!
「ラップを使用する理由」について聞いたところ、全年代を通して「衛生的だから」という理由が最も多く、年代に関わらず、全般的に衛生に関する意識が高いことがうかがえます。その他、「作りやすさ」や「作った後の持ち運びの便利さ」がラップを使用する主な理由となっているようです。

ラップを使用する理由」(%)N=359
 

「おにぎらず」全く知らないひとは50%、興味がある人は73%
最近話題となっている「おにぎらず」の認知度について調査したところ、「知っており、作ったこともある」人が8.5%なのに対し、「全く知らない」と答えた人が50%になるなど、意外と知られていないことがわかりました。ただし、「おにぎらず」への興味度については、73%の人が「興味がある」と答えています。年代別では、若年層の方がやや興味度が高くなっていますが、年代に関わらず7割前後の人が「興味がある」と回答しています。

「おにぎらずの認知度」(%)N=400       「おにぎらずの興味度」(%)N=359
 

春の行楽シーズンにぴったりのラップで簡単につくれるおにぎりレシピ

◆卵丸ごと肉巻きおにぎり◆

【材料(2個分)】
・温かいごはん…260g  ・牛薄切り肉…150g
・ゆで卵…2個        ・青のり…小さじ2
・カレーだれ(めんつゆ3倍希釈:大さじ2、カレー粉:小さじ1)
・塩・小麦粉…各適量 ・サラダ油…小さじ1

【作り方】
①ボウルにごはんと青のりを入れ、混ぜる。器にカレーだれの材料を混ぜる。
②「NEWクレラップ」を広げた上に塩少々をふり、ごはんの1/2量を広げて、ゆで卵1個をのせ、ラップごと包んで丸くにぎる。
③別の「NEWクレラップ」に牛肉の1/2量を広げ、②のラップをはずしてのせる。ラップごとごはんが隠れるように巻いて、小麦粉を薄くまぶす。これを2つ作る。
④フライパンにサラダ油を中火で熱し、③を肉の合わせ目を下にして並べる。ときどきころがしながら3~4分焼き、全体に焼き色がついたらカレーだれを混ぜながら加え、汁気がほぼなくなるまで焼く。

◆菜の花畑おにぎり◆

【材料(8個分)】
・米…2合
・A(だし汁350ml、薄口しょうゆ小さじ1/2、酒大さじ2、塩小さじ1/2)
・薄焼き卵(卵一個・塩少々)
・菜の花…1/2束
・塩(菜の花にまぶす用)…小さじ1/4
・サラダ用スパゲティ(太さ1.2mm長さ1cm)…3本
・のり…少々    ・マヨネーズ…少々

【作り方】
①米をといでザルにあげ、炊飯器にAとともに入れて30分浸水させてから炊く。
②鍋に湯を沸かし、塩少々を加えて、菜の花を約1分ゆで、冷水にとる。水気をしっかり絞り、粗めのみじん切りにしたら塩をまぶす。
③①が炊き上がったら、②を混ぜ合わせ、「NEWクレラップ」を広げた上に80gをのせて包み、丸くにぎる。
④薄焼卵を作る。ボウルに卵を溶きほぐし、塩を加えたら裏ごしする。フライパンに「キチントさんフライパン用ホイルシート」を敷き、卵液を流し入れ、弱火で両面焼く。
⑤④を花型で抜き、③に3枚をのせてスパゲティで固定する。
⑥のりをカットして目、口を作り、マヨネーズで貼る。これを8個作る。
※スパゲティはサラダ用の細いタイプ(太さ1.2mm)をお使いください。食材の水分を吸って30分程で食べられる固さになります。作ってすぐに食べる際は、オーブントースターなどで軽く焼いてから使うと、ポリポリとそのまま食べられます。
 

今回紹介したレシピ以外にも、クレハの家庭用品サイト「クレライフ」で、「今月のおすすめおにぎり」や「おにぎり特集」などたくさんのレシピを紹介しています。
「NEWクレラップでおにぎり作ろう!!」http://kurelife.jp/onigiri/
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社クレハ
  4. >
  5. 20代~60代女性の『おにぎり』に関する意識調査 ~ 日本人は『おにぎり』が大好き!~