「新型ビッグXプレミアムシリーズ」を発表

トヨタ・アルファード/ヴェルファイア専用 大画面10型カーナビをはじめとする「新型ビッグXプレミアムシリーズ」の発表とともに、9型/8型の「ビッグX」、7型車種専用カーナビ、プレミアムサウンドも発表

アルパイン株式会社とアルパインマーケティング株式会社は、トヨタ・アルファード/ヴェルファイア専用大画面10型カーナビをはじめとする「新型ビッグXプレミアムシリーズ」を発表しました。「新型ビッグXプレミアムシリーズ」は世界初WXGA液晶の採用により高精細画面を実現。“大空間高級サルーン”のコックピットを彩る造形美のクリスタル照光キーや、高画質をいかした美しく見やすい地図表示が特徴です。

カーナビゲーションをはじめとしたカーエレクトロニクス製品の開発・製造・販売のアルパイン株式会社(東京都品川区、宇佐美 徹社長、東証1部、資本金: 259億2,059万円)と、その国内マーケティング部門であるアルパインマーケティング株式会社(東京都大田区、岩渕 和夫社長)は、世界初の従来比(WVGA)の2.4倍となる高精細WXGA液晶を搭載し(※1、2)、市販カーナビでは世界最大サイズ(※2)となる10型大画面を搭載したトヨタ・アルファード/ヴェルファイア専用モデルをはじめとした「ビッグXプレミアムシリーズ」の新製品など、9型、8型の大画面搭載モデルと7型画面搭載モデルの車種専用カーナビ新製品を発表。5月下旬より順次、全国のアルパイン製品取扱店にて販売を開始いたします。

 ※1:従来のWVGA液晶との比較
 ※2:市販型カーAV/ナビゲーション一体機として、2015年4月23日時点(ともにアルパイン調べ)
 

EX10-AL-B(トヨタ・アルファード専用モデル)10型ディスプレイ搭載/キー色 ブラック/LED色 ホワイト

EX10-VE-S(トヨタ・ヴェルファイア専用モデル)10型ディスプレイ搭載/キー色 シルバー/LED色 ブルー

◆◆【新製品の概要】◆◆

■ 新型アルファード/ヴェルファイア専用の「ビッグXプレミアム」は、奥行き感が美しいクリスタル照光キーや2種類の操作キー/LEDライティングでプレミアム感を演出
トヨタ・アルファード/ヴェルファイア専用のビッグXプレミアムは、市販製品世界最大となる10型の大画面を装着するためにセンタークラスターパネルを専用設計。スイッチ部分には複層してカットされ奥行き感のある美しいクリスタル照光キーを装備するとともに、操作キーもブラックとシルバーを用意。それにあわせてLEDライティングもホワイトとブルーの2種類をラインアップ。新デザインのメニューもキーカラーにあわせて2種類とするなど、「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」の中心となるユニットとして、さらなる高級感と存在感をコクピットにもたらします。

■世界初(※1)WXGA液晶採用による従来比2.4倍(※2)の高精細ディスプレイを搭載
新製品のビッグXプレミアムシリーズ(10型/9型/8型画面)、ビッグXシリーズ(9型/8型画面)は、従来のWVGAに対して2.4倍の高精細を誇るWXGA液晶ディスプレイを搭載。さらに運転席や助手席の斜め方向からも見やすい高視野角方式や、24ビットフルカラー表示(従来のWVGAは16ビットカラー表示)により、映像や地図のグラデーションをなめらかに、メリハリのある色鮮やかな表示を実現します。
 ※1:市販型カーAV/ナビゲーション一体機として、2015年4月23日時点
 ※2:従来のWVGA液晶との比較で (ともにアルパイン調べ)

■市販カーナビ世界最大(※)となる10型大画面搭載「ビッグXプレミアム EX10シリーズ」
ビッグXプレミアム「EX10シリーズ」(トヨタ・アルファード/ヴェルファイア、ヴォクシー/ノア/エスクァイア専用モデル)には、市販型カーAV/ナビゲーション一体機として世界最大サイズ(※)となる10型大画面を搭載。高画質のWXGA液晶により、大画面でこれまで以上に美しい映像と見やすい地図表示を実現しています。
 ※:市販型カーAV/ナビゲーション一体機として、2015年4月23日時点(アルパイン調べ)

■新開発の統合型チップやICメモリの採用によりカーナビエンジンをフルモデルチェンジ。処理速度アップなどナビゲーションパフォーマンスが大幅に向上
新製品のビッグXプレミアム、ビッグXシリーズは、カーナビエンジン部(半導体チップおよび関連ソフトウエア)をフルモデルチェンジ。処理速度やデータ転送速度の高速化により、カーナビゲーションとしてのパフォーマンスが大幅に向上しました。

■WXGAの高画質をいかした見やすい地図と、使いやすい操作メニューのグラフィカル・ユーザー・インターフェース(ビッグXプレミアム/ビッグXシリーズ)
新製品では新開発の見やすく、分かりやすい地図を格納。道路と地名などの文字が同時に見やすくなるデザインを行うとともに、WXGAの高画質をいかしてジャギーのない美しい地図を実現しました。さらに操作しやすい新メニューのグラフィカルユーザーインターフェイスを採用。スマートフォンで見なれたフラットデザインがもたらすシンプル階層表現により、高画質の大画面での見やすさと使いやすさを実現しています。

■ “ Tuned by Alpine ” で、お客様の“おクルマ専用”にチューニング
新製品は、“Tuned by Alpine”(チューンド・バイ・アルパイン)と呼ばれる車種専用のチューニングが施されています。おクルマのダッシュボードに合わせた美しい装着や、車種ごとに臨場感あふれる音を創り出すサウンドチューニング。また実車計測による正確なバックカメラガイド線などにより、お客様の快適で安心、安全なドライブをサポートします。

■お客様から好評だったダブルゾーン機能がさらにパワーアップ。前席と後席の会話もはずむ「ダブルゾーンコミュニケーション機能」を新搭載
これまでのビッグXシリーズでもお客様から好評だったダブルゾーン機能がさらに進化。DVDや地上デジタル放送が後席のみで視聴できるだけでなく、ミニバンという大空間において、走行中に聞き取りにくい前席の声がマイクを通して後席スピーカーから出力する「ダブルゾーンコミュニケーション機能」を搭載(※1、2、3)。ドライブ中でも後席のお子様と楽しくお話しすることができます。さらに同時発表のルームカメラ「HCE-CR1000 ¥9,800/税・取付キット・取付費別)を接続すれば、後席のお子様の表情を見ながら会話を楽しむことも可能。ご家族でのドライブがこれまで以上に楽しい時間となります。
 ※1:リアビジョンリンクおよびダブルゾーン機能の利用には別売の接続ケーブルと専用リモコンが必要です
   詳細は添付資料の製品特長ページをご覧下さい
 ※2:ビッグXプレミアム/ビッグX/7Wシリーズ/7DシリーズとリアビジョンをHDMI接続するには別売のHDMI
   ケーブルが必要となります
 ※3:7W/7Dシリーズは、ダブルゾーンコミュニケーション機能には対応していません

■よく行くチェーン店の検索や高速渋滞インフォなど、子育て家族に便利な機能を満載
子育て家族のドライブをサポートするさまざまな機能を搭載しているのもビッグXシリーズの特長です。ファミリーレストランやファーストフード、コンビニエンスストアなど、よく利用するチェーン店をすぐに探しだせることで好評な「クイックお気に入り周辺検索」を搭載しています。
また、目的地までの案内ルートにある高速道路の渋滞状況が事前にわかり好評だった「高速渋滞インフォ」も使いやすさがアップ。地図画面のVICSマークにタッチするだけで、VICS情報による高速道路の渋滞情報を素早く呼び出すことができます。

■臨場感あふれるサウンドと、車種専用の高品位デザインを追求した3ウェイスピーカーパッケージ
臨場感あふれるサウンドで好評なアルパインのスピーカーに、車種専用の3ウェイ・プレミアムサウンドパッケージが登場。車種ごとにチューニングされたサウンドとともに、車室内をプレミアムな空間にグレードアップする専用の高品位デザインスピーカーパネルを実現。「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」としてのトヨタ・アルファード/ヴェルファイア(30系:H27/1~現在)と、ヴォクシー/ノア/エスクァイア専用のパッケージが登場します。


◆◆【新製品の企画コンセプト】◆◆

ALPINE STYLE プレミアムスペースデザインのイメージ

■“大空間高級サルーン”の室内をさらにグレードアップする「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」
「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」は、車種ごとに最適な空間をデザインする、アルパインが提唱する新たな車室内空間のデザインコンセプトです。
ナビゲーションやリアビジョン、サウンドなど、アルパインが車種専用で創り上げたいくつもの商品は車内空間を高品位に高め、クルマに乗る人の五感を刺激して、心を満たしていきます。
人はクルマという空間と一緒に走るもの。その空間をデザインすることは、カーライフをデザインすることだとアルパインは考えています。
「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」は、クルマと過ごす時間や会話の楽しさ、そして笑顔の数さえも変わるような、お客様に最適な車室内空間のデザインを目指しています。
今回、発表するアルファード/ヴェルファイアのビッグXプレミアムをはじめリアビジョンやプレミアムサウンドといった新製品により、お客様のおクルマをさらにプレミアムな空間に創り上げる「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」がスタートします。

■“車種専用・大画面カーナビ” 市場を創造した「ビッグXシリーズ」
「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」の中心となるビッグXシリーズは、2010年6月の発売以来、従来の規格概念を超えた8型/9型大画面をダッシュボードへ美しく装着することで高い評価を獲得。市販のカーAV/ナビゲーションに「車種専用・大画面」という市場を創造しました。
2014年には市販カーナビでは世界最大サイズとなる10型画面を搭載した「ビッグXプレミアムシリーズ」を発表。車種ごとにコクピットとのマッチングを考慮して専用にデザインされた操作キーなど、コクピットと一体化した美しい装着を実現。とくに2014年に登場したトヨタ・ヴォクシー/ノアや先代のアルファード/ヴェルファイア専用モデルはカーナビ市場で高い評価を獲得し、大ヒットモデルとなりました。
今回の新製品は、この車種専用・大画面というコンセプトをさらに進化させた製品です。

■車種専用のチューニングが、おクルマを所有する歓びを倍増させる
ビッグXシリーズをはじめとしたアルパインのカーAV/ナビゲーション一体機は、すべて車種専用設計。お客様の車種専用にデザインされた美しい装着をはじめ、車種専用チューニングは、おクルマのグレード感を高めるとともに、快適で安全なドライブを提供。市販カーAV/ナビゲーション一体機らしいスタイリッシュさと専用機能で、おクルマを所有する歓びも倍増します。

■後席モニター「リアビジョン」をはじめとして、子育て家族向け機能も充実
ビッグXシリーズのもうひとつの大きな特長が、子育て家族の楽しいドライブを応援する数々の機能を搭載していること。たとえば、ミニバンの必需品となっている後席用モニター「リアビジョン」(別売)と組み合わせれば、リアシートでDVDや地上デジタル放送が楽しめるほか、後席ではDVDや地上デジタル放送、前席では音楽が楽しめるダブルゾーン機能や、リアビジョンからカーナビを操作することも可能(※)。さらに今回は、前席と後席での会話もはずむダブルゾーンコミュニケーションという新たな機能も装備するなど、今回の新製品にも楽しい家族ドライブの実現に向けた数々の新機能を搭載しました。
 ※:リアビジョンリンク機能には、別売の接続ケーブルと専用リモコンが必要です。

アルパイン新製品の更なる詳細につきましては、別紙資料をご参照ください。

■一般読者・視聴者様からのお問合せ先
 アルパイン インフォメーションセンター 電話 : 0570-006636
 月曜日~金曜日:9:30~17:30 土曜日:9:30~12:00 13:00~17:00(日祝日、当社休業日は除く)

■「よくあるご質問」は、こちらもご紹介下さい
 アルパインホームページ  「よくあるご質問」
 http://alpine.custhelp.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アルパインマーケティング株式会社
  4. >
  5. 「新型ビッグXプレミアムシリーズ」を発表