太陽光発電のサンパワー社 創業30周年

1985年から画期的な技術と他に類を見ない革新で太陽光発電業界を牽引

太陽光技術およびエネルギーサービスのリーディングプロバイダーであるサンパワー社(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:SPWR)は、2015年4月23日をもちまして創業30周年を迎えました。サンパワー社は、最も効率的な太陽光電池とパネルの開発をミッションに、世界的な太陽光発電技術およびエネルギーサービス会社として設立されました。現在では、市場に出ている最も変換効率の高い太陽光電池とパネルを生産するだけでなく、世界中で住宅・商業施設・大規模発電所に完全な太陽光発電ソリューションを提供しています。米国環境保護局の試算によると、当社が今日までに全世界で設置したシステムは、総計2500万メガワットアワーで、年間に240万世帯の電力消費量に匹敵する電力を供給してきました。

サンパワー社の創立者であるリチャード・スワンソン(元スタンフォード大学 電気工学教授)は、次のように述べています。「30年前、サンパワー社を少人数の仲間と始めたとき、多くの人は現実的に太陽エネルギーが化石燃料で作られたエネルギーの代替品になると思っていませんでした。しかしながら、今日の太陽光発電は、費用効率、信頼性ともに高く、強い需要があります。そして、サンパワー社が画期的なエネルギー革命に大きな役割を担うことができたことを誇りに思います。現在、当社の7,000人の従業員は、世界中で住宅用や産業用、大規模発電のお客様に太陽光が身近なエネルギーの選択肢であることを確信していただくために尽力しています」

シリコンバレーに本社を置く当社の歴史の中で、数々の画期的な成功を収めてきました。その中のいくつかの事例をご紹介します。

・世界で環境意識を実践する優秀企業と協力しており、そのうちApple社はアメリカと中国の8拠点で130メガワットのシステムに投資しています。
・アメリカの60の学区域や大学などの高等教育機関にて98メガワット規模の太陽光発電を設置し電気を供給、特にスタンフォード大学で必要な電力の半分以上をまかなっています。
・世界で唯一クレイドル・トゥ・クレイドル認証(Cradle to Cradle Certified™)においてシルバーを獲得した太陽光パネルをメキシコのメヒカリで生産しています。これは会社全体で持続可能性に対してアプローチしている姿勢の現われです。
・450以上の太陽光関連の特許を取得済みで、そのうちのいくつかは社会的な利益のために特許技術の使用を認めている米国登録商標特許庁の「人類のための特許賞(Patents for Humanity Award)」を受賞しています。
・2015年にカリフォルニア州南部で完成予定の世界最大となる579メガワット(交流)発電可能な太陽光電子力発電所Solar Star Project を現在建設中です。
・チリの電力分野の市場において、共同開発のパートナーであり当社の過半数の株を所有するトタル社と提携し、助成金を受けずに再生可能電力を販売する世界で最も大規模な商用発電所の運用に成功しました。

サンパワー社の社長 兼CEOであるトム・ワーナーは、次のように述べています。「当社は長年の経験を活かし、未来に向けて、お客様がより効率的にエネルギー管理できる選択肢となるよう継続して技術革新に取り組んでいきます。私たちは、未知のセクターであった太陽電池会社から世界的な業界のリーダーにとなったことを誇りに思い、今後も確かなエネルギーサービスとソリューションを提供します」

当社は、将来を見据え、現在蓄電池やエネルギーの需給・消費のマネジメントといった新技術を活用し、お客様のエネルギー消費の最適化を実現するスマートエネルギービジネスへの取り組みを強化しています。また、更に強固で信頼性の高い電力系統インフラの構築に向け、太陽光発電と新規技術の融合を目指し、電力会社と連携していきます。

※本プレスリリースは、4月23日に米国・サンノゼで発表されたプレスリリースの抄訳です。
(英語原文:http://newsroom.sunpower.com/2015-04-23-SunPower-Celebrates-30-Years-as-a-Solar-Industry-Leader

【サンパワー社について】
サンパワー社(ナスダック:SPWR)は、今日の市場において最高効率と信頼性を誇るソーラーパネルの設計、製造、販売を行っています。四半世紀にわたる経験と確かな実績によって、住宅部門、産業部門、政府部門、公益事業部門の顧客から支持を得ており、ソーラーシステムの製品寿命全体にわたり投資利益率を最大化します。アメリカのカリフォルニア州サンノゼに本社を置き、北アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、アフリカ、日本およびアジアにオフィスを構えています。詳細は当社ウェブサイトwww.sunpowercorp.com をご覧ください。

SUNPOWERおよびMaxeonはサンパワー社の登録商標であり、米国などの国々で登録済みです。その他すべての商標は、各所有者の財産です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. SunPower Japan株式会社
  4. >
  5. 太陽光発電のサンパワー社 創業30周年