シーセンスによるMaxifier社買収について

グローバル・テクノロジー企業であるシーセンスがデジタル広告の最適化ソリューションを提供するMaxifier社を買収

2015年6月1日(ノルウェー・オスロ)- グローバル・テクノロジー企業であるシーセンスは、本日、世界をリードする広告最適化ソリューションを提供する企業であるMaxifierを、株式会社電通デジタル・ホールディングス、Eurovestech(ユーロベステック)社、Fieldhelm(フィールドヘルム)社から買収する意向である旨発表いたしました。
買収による米国市場進出と製品ラインナップ増加

Maxifierは、Condé Nast(コンデナスト)、Forbes(フォーブス)、The Atlantic(ジ アトランティック)、Bauer Media(バウアー・メディア)といったプレミアム・パブリッシャー、そしてクラシファイドパブリッシャーであるLeboncoin(レボンコイン)などのお客様において、あらゆる広告キャンペーンを視覚化し、自動的に最適化することで、最適化に要する時間を削減し、かつ効果的なキャンペーンの実施を可能とすることができます。また、シーセンスとMaxifierは、各々両社のサービスのライセンスを受けているGFR Media社及びGroupo Globo社という共通の顧客も有しております。Maxifierの買収によって、シーセンスは、米国での事業活動及び顧客基盤を一気に拡大し、EMEA事業を更に推し進めることとなります。

プレミアム・パブリッシャーにフォーカス

シーセンスCEOのストーレ・ビヨンスタッドは次のように述べております。

「Maxifierはシーセンスの保有するプレミアム・パブリッシャー向けのデータを活用したテクノロジー資産と完全にマッチします。Maxifierが提供するテクノロジーを統合することで、シーセンスはメディアビジネスにおけるデジタル広告の運用の最適化と収益の改善を支援させて頂くことが可能となります」、

「Maxifierの買収によって、データ自動活用の手段について更に強力にご提案できるようになります。プレミアム・パブリッシャーは両社にとって中核的な顧客であり、この買収によって当社はMaxifierの顧客に対しても販売を拡大することができるのです」。

Maxifierは、本部をニューヨークに擁し、イギリス、日本に営業拠点があり、また、ロシアに開発拠点を有しています。

 Maxifierは、プレミアム・パブリッシャー、メディア企業、及びそれらに対する広告依頼者のために、一月あたり5万件ものデジタル・キャンペーンにおいて、その最適化を進めるために4百億件以上の広告インプレッションの分析を行っています。Maxifierの技術は、最適化に要する時間を削減することによって、広告運用チームに直接に便益をもたらし、より効果的なキャンペーンを提供することによって、より高い売上を得て、収益を増加させることを可能とします。

データの拡張と提供製品の拡張

オスロ証券取引所に上場するシーセンスは、多岐にわたるビジネス領域においてオーディエンスデータを収集、セグメント化、活用することを可能とするシーセンスDMP(データ・マネージメント・プラットフォーム)を含む製品群を提供しています。パブリッシャーは、シーセンスが提供するテクノロジーを利用することでターゲティング広告の提供、デバイスやブラウザを横断したリアルタイムサイト分析、またオーディエンスの嗜好や興味にあわせてコンテンツのパーソナライズ、また関連するコンテンツのレコメンデーションなどを実現しています。現時点において、シーセンスはグローバルに250社の顧客を持ち、8億を超えるアクティブなユーザープロファイルを、真にリアルタイムで蓄積しています。獲得されたあらゆるインサイト情報は、オーディエンスのエンゲージメントを更に高め、またデジタルによる収益を高めるといったゴールを目指しています。

Maxifier買収によってシーセンスは、顧客基盤および提供する製品、そしてテクノロジー進化の全てを実現することとなります。買収後、シーセンスはMaxifierのソリューションをシーセンスの製品群として追加します。これにより既存の顧客および将来の顧客に対して、これまで以上に強化された製品を提供することが可能となります。

今回の買収に関するご案内はこちら
http://www.cxense.com/jp/cxense-acquire-ad-optimization-company-maxifier/

シーセンスについて

シーセンスは、デジタル世界におけるビジネスの成功をお手伝いします。オーディエンスデータおよびリアルタイム分析を使用することによって、シーセンスは、メディア企業およびeコマース企業がデジタルによる収益を向上させることに役立つ、極めて高い関連性を有するコンテンツ提案、ターゲティング広告、予測検索などを通じてユーザーに対してより便利な利用環境を提供します。ユーザーの嗜好に適合させるためにデータを最大限活用し、これまでにないオンラインのパーソナライゼーションを創造することによって、企業は、確約性・定着度の高い顧客の獲得、高い広告収入、デジタル購読者の増加を実現できます。シーセンスは、ノルウェーのオスロに本社があり、世界中にオフィスを有するグローバル企業です。

実際、Dow Jones(ダウ・ジョーンズ)/Wall Street Journal(ウォール・ストリート・ジャーナル)、South China Morning Post(サウス・チャイナ・モーニング・ポスト)、Bonnier(バーニア)、Polaris Media(ポラリス・メディア)、AEON、楽天、Globo、Grupo Clarin(グルポ クラリン)など多数の顧客を有しています。より詳細な情報は、www.cxense.comまたはTwitter: @Cxenseをご参照ください。 シーセンスは、コード:CXENSEでオスロ証券取引所に上場しています。

URL:http://www.cxense.com/jp

Maxifierについて

Maxifierは、プレミアム・パブリッシャーおよびメディア企業が広告商品の価値を寝かせておかずに最大化することを可能とする、統合されたパフォーマンス最適化の分野において世界をリードする企業です。MaxifierのツールであるADMAXテクノロジーは、特にプレミアム及び高価値の広告商品を最適化するために設計されており、しばしば面倒なプロセスとなるキャンペーン最適化において情報を可視可し、制御を容易にします。ADMAXによって広告運用チームの最適化に要する時間を削減することで、同チームがより高い売上、利益、将来のより大きな予算の確保に集中できる環境を提供します。米国、イギリス、日本およびロシアにオフィスを有することによって、Maxifierは、世界をリードするパブリッシャーおよびメディア企業のために、4万4000件を超えるキャンペーンの対象プレミアム商品の提案および最適化を推進するため、年間5,000億件のインプレッションを分析しています。

URL:http://http://www.maxifier.jp/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. シーセンス株式会社
  4. >
  5. シーセンスによるMaxifier社買収について