株式会社日本情報化農業研究所が第三者割当増資による資金調達を実施

株式会社日本情報化農業研究所(本社: 京都府京都市左京区、代表取締役: 古荘貴司、以下「日本情報化農業研究所」) は、この度、大和企業投資株式会社が運営する大和ベンチャー1号投資事業有限責任組合を引受先とした5,000万円の第三者割当増資により、昨年9月に続く資金調達を実施しました。

日本情報化農業研究所は、無農薬・無化学肥料の栽培技術と、現場の写真撮影を通じて報告、連絡、相談するサービス「houren.so(http://www.houren.so/)」を基軸として、おいしい野菜の量産化を目指しています。

今回の資金調達は、京都市内における自社農場の立ち上げと運営に加えて、京都府内外における更なる農場の拡大を目的として実施されました。また、当社が生産するおいしい野菜のブランディングとマーケティング、量産化のための組織開発等にも取り組んでまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社日本情報化農業研究所
担当者:竹林
Email: pr@n-i-agroinformatics.com

株式会社日本情報化農業研究所について

科学的知見に基づく「無農薬栽培技術」
広がり続ける耕作放棄地、高騰を続ける肥料、燃料価格。日本の農業を復活させるには、①高収益、②低石油資源依存、③再現可能および持続可能という条件を満たした農業を実現する必要があると考えています。当社では、そのための技術開発に成功しており、提携農場(奈良県桜井市)が2008年に設立されて以来、技術面、販売面の協力を継続的に行っています。その結果、耕作放棄地を畑地改良し半年間で黒字化させるとともに、6年連続で無農薬・無化学肥料による60品目ほどの野菜(キャベツなど一般に無農薬栽培が困難とされる品目を含む)の栽培に成功しており、ネットショップでは高いリピート率を維持しています。

「houren.so」
農業の現場から生まれた業務改善サービスです。今まで記録されていなかった現場の情報を、写真撮影を通じて蓄積することで、①作業時間の可視化、②メンバー間の情報共有の効率化、③ノウハウの蓄積、④レポート作成業務の省力化、といった効果が得られています。houren.soは農場に限らず、建設、ホテル、飲食店などを、高い効果が期待できる業種として想定しており、日報の作成など業務管理ツールとしての機能も備えています。
リリース日:2015年3月26日( houren.so 正式版 )
URL:
http://www.houren.so/
http://www.n-i-agroinformatics.com/houren.so
Facebookページ:
https://www.facebook.com/houren.so?fref=ts

【会社概要】
会社名:株式会社日本情報化農業研究所( http://www.n-i-agroinformatics.com/
所在地:〒606-8107 京都府京都市左京区高野東開町8-5ヴェルエール松屋101
代表取締役:古荘貴司
事業内容:農業(栽培)技術の研究・開発、農外事業者の農業参入技術支援、現場向け業務管理システムの開発(houren.so)、SOY CMS/Shopの開発ならびにカスタマイズ・サポート・OEM供給など関連サービス
運営サービス:houren.so( http://www.n-i-agroinformatics.com/houren.so )、SOY CMS/Shop( http://www.soycms.net/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社日本情報化農業研究所
  4. >
  5. 株式会社日本情報化農業研究所が第三者割当増資による資金調達を実施