第16回日本認知症ケア学会大会での発表内容について

中鎖脂肪酸がアルツハイマー型認知症におけるクオリティー・オブ・ライフ(QOL)の改善に貢献

 日清オイリオグループ株式会社(社長:今村隆郎)は、2015年5月23日(土)~24日(日)に開催された第16回日本認知症ケア学会大会(於:札幌市)において、中鎖脂肪酸の新たな研究成果として、アルツハイマー型認知症者の症状改善および介護者の負担感軽減を含めたクオリティー・オブ・ライフ(QOL)の改善に関する症例報告2件と、関連報告1件を発表しました。


【症例報告の概要】
次の2つの症例報告から、アルツハイマー型認知症者における中鎖脂肪酸の摂取は、本人の認知機能、周辺症状(BPSD)の改善と、介護者のQOLの向上などに有効であると示唆されました。


(1) クリニックに通うアルツハイマー型認知症の80代男性1名の改善症例
約10gの中鎖脂肪酸摂取を継続したところ、開始2週間以降、もの盗られ妄想、疲れやすさ、実行・記憶機能などに改善が見られました。(詳細は下部参照)

(2) 若年性認知症者向けデイサービスに通う60代男性9名の症例
中鎖脂肪酸を半年間、毎日20g摂取したところ、9名中7名のアルツハイマー型認知症者に症状の改善が見られました。その内容は、記憶などの中核症状に加え、不安やうつなどの周辺症状(BPSD)、日常生活動作など多岐にわたりました。また、9名中4名のご家族が介護負担感の軽減を実感しました。(詳細は下部参照)


<今後の方針>
認知症に関わる中鎖脂肪酸の健康機能については、引き続き症例を積み上げてその信頼性を高め、また、比較対照研究によりその有効性を明確にする臨床研究を進めていきたいと考えています。

【関連報告の概要】画像解析技術を利用した認知症者の表情変化の客観評価方法
画像解析技術を利用した表情分析方法を用いて、デイサービスに通う若年性認知症者を対象に笑顔の頻度を数値化するという当社独自の分析をしたところ、体調やレクリエーション内容の違いにより、その頻度が異なることを客観的に確認できました。

<今後の方針>
今回の報告は、認知症者のQOLの改善を “笑顔”から評価する試みで、将来、認知症者と介護者との意思疎通の支援およびケアの質向上につながる技術と考えています。今後もさらなる検討を進めていきます。

※本発表は、5月23日(土)に同学会大会の「ホテルさっぽろ芸文館」会場でポスター発表したものです。ポスター発表とは、研究の概要をまとめた大判のポスターの前で行うプレゼンテーションの形式です。通常の発表と異なり、1つの会場内で、同時に多数の発表が行われます。



【症例報告の詳細】
(1)一般診療所での症例
「中鎖脂肪酸を摂取したアルツハイマー型認知症罹患高齢者の症例」
-BPSD改善によるQOL向上の可能性について-


[共同研究者]
かとうクリニック(加藤一彦医師、末満ひろみ)
[目的・背景]
これまで、海外では中鎖脂肪酸によるアルツハイマー型認知症者の短期記憶改善やモデル
動物のうつ抑制報告があるが、日本での症例は少ないため検討した。
[対象者]
アルツハイマー型認知症の80代男性1名
[摂取量]
一日約10gの中鎖脂肪酸を継続して摂取
[症状の改善]
開始2週間以降、妄想、疲れやすさ、実行・記憶機能などに改善が見られた。

※凡例の説明:黒字が中核症状、赤字が周辺症状(BPSD)。未改善であった症状には下線を付した。
中核症状4項目「遂行機能、意味や陳述記憶、遅延再生」に加えて、周辺症状(BPSD)2項目「もの盗られ妄想、易疲労」で症状の改善が見られた。「短期記憶」と「不安」は未改善であった。

また、対象者に以下のような行動変化が観察された。

 

・俳句を詠むようになり、句会への参加を再開した。
・親戚訪問時に、よどみなく挨拶、会話をするようになった。
・奥様のご両親の氏名などを思い出すようになった。
・テレビ視聴時の疲労が軽減し、番組を最後まで視聴できるようになり、さらに番組の感想などを話し合うことができた。


[まとめ]
 本症例より中鎖脂肪酸摂取は、認知機能改善に加えて周辺症状(BPSD)改善に有効と示唆された。また、血液学・生化学検査値は大きく変動しないこと等から、認知症の治療に有用な食品である可能性も示された。




(2)通所施設での症例
「中鎖脂肪酸を摂取した若年性アルツハイマー型認知症罹患者の症例」
-日常観察から見た周辺症状、生活動作、QOLの変化-


[共同研究者]
特定非営利活動法人ぐるーぷ麦(吉田歌子代表、吉永裕子)
[目的・背景] これまで、中鎖脂肪酸によるアルツハイマー型認知症者の短期記憶改善やモデル動物のうつ抑制報告があるが、若年性アルツハイマー型認知症での中鎖脂肪酸摂取に関する報告はほとんど知られていないため検討した。
[対象者]
若年性認知症者向けデイサービスに通う60代男性9名
[摂取量]
一日約20gの中鎖脂肪酸を継続して摂取
[症状の改善]
半年間の中鎖脂肪酸の摂取により、9名中7名に、うつや不安、不眠などの周辺症状(BPSD)認知機能および日常生活動作の改善が見られた。

※観察された9名の改善内容を周辺症状の指標(NPI)に準じた項目とそれ以外の具体的項目で示した。
※一人の対象者が複数項目で改善したケースがあるため、各項目の改善者数の合計は対象者数を上回っている。

また、介護負担感について、9名中4名のご家族が介護負担感の軽減を実感していました。
<ご家族からの聞き取り例>
・本人が半年から1年前くらいの状態に戻り、大変嬉しく思っている。
・穏やかになったので、介護ストレスが減った。
・落ち着きを取り戻し、以前より気を抜くことができる。
・本人が明るくなり、嬉しい気持ちになった。



[まとめ]
 若年性アルツハイマー型認知症者における中鎖脂肪酸の摂取は、周辺症状(BPSD)の改善と介護者のQOLの向上に寄与することが示唆された。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日清オイリオグループ株式会社
  4. >
  5. 第16回日本認知症ケア学会大会での発表内容について