「いつでもどこでも」本を「耳で楽しめる」、オーディオエンターテインメントサービス Audible(オーディブル)が日本へ本格上陸

月額1500円でオーディオエンターテインメントコンテンツ聴き放題の 定額制サービスを2015年7月14日(火)より開始 ~Android版アプリの提供開始 今夏にはiOS版も登場予定~

1995年のアメリカでの創業以来、世界中でオーディオエンターテインメントコンテンツの制作・配信を行っているAudible, Inc.は、2015年7月14日(火)より日本においてAndroid版アプリを提供し、
月額1500円でオーディオエンターテインメントコンテンツ聴き放題の定額制サービスを開始することを発表いたします。

Audible.co.jp 画面トップイメージ

 

■日本への上陸にあたって
日本で開始するサービスでは、無料のアプリをスマートフォンにダウンロードし、月額1500円でオーディオブックなどのコンテンツを聴き放題でお楽しみいただけます。ご利用時にはお使いのアマゾンのアカウント情報をそのままご利用いただけます。また、ご登録後1カ月間は無料にてサービスをご体験いただけます。隙間時間を有効活用してビジネスについて学んだり読書を楽しみたいビジネスパーソンや、アニメや動画といったカルチャーに感度の高い人々などをターゲットの中心とし、日本での展開を今後ますます強化していく予定です。Android版アプリに続き、今夏にはiOS版もご提供する予定です。

■Audible, Inc.とは
Audible, Inc.は世界最大のオーディオブック制作・配信事業者です。1995年のアメリカでの創業以来、一貫してオーディオエンターテインメントコンテンツの制作・配信を行い、2008年にはAmazon.comの傘下に入りました。現在、アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・オーストラリアにて事業を展開しており、日本は6カ国目となります。30以上の言語にてコンテンツをご提供しており、すでに世界中で数百万人のお客様にご利用いただいております。
Audibleは、様々なコンテンツホルダーの皆様と協業し、コンテンツの企画から、最適な朗読者の選定・演出・収録・編集等の制作、そして配信と、オーディオエンターテインメントに関わる一連のサービスをご提供しています。Audibleは、「耳で読む本」であるオーディオブックを通じ、「聴く」ことでお客様が本に触れる機会を増やし、本の世界に「浸る」ような新しい読書体験をご提案してまいります。

■Audibleの各機能、想定利用シーン
Audibleは、物語(ストーリー)とお客様の距離を近づけ、「いつでもどこでも」本を「耳で楽しんで」いただけるように、様々なシーンでの利用を想定した機能を備えています。

 

←忙しくても隙間時間を有効利用してお楽しみいただけます
混んでいる満員電車でも、本を広げずに仕事に役立つ情報や気になる本を耳で読むことができます。章を飛ばして聴いたり、後で聴き直すため「ブックマーク」にメモをつけて保存することも可能です。





 

 

 

←幅広いジャンルのコンテンツをご提供します
小説はもちろん、ビジネス書、語学学習、ライトノベル、落語、ラジオドラマなど幅広いジャンルで日本語のコンテンツを数千タイトルご用意しました。聴き放題なので様々なコンテンツを追加料金を気にせずにお楽しみいただけます。






 

 

←「耳で楽しむ」ための便利機能が充実しています
朗読スピードはお好みで0.5倍から3倍まで6段階で調節可能。「本をさくさく読みたい時は1.5倍速」などの使い分けができます。
就寝前に耳で読書する時は「スリープタイマー」が便利です。







■日本におけるサービス展開
⇒「声の力」を実感させるナレーション
Audibleは一流のナレーションを高品質の音でご提供します。
古谷一行さん、竹中直人さん、岸田今日子さんなど魅力的なナレーター陣の作品も用意しております。「声の力」を実感いただくために、さまざまなナレーター陣とのコラボレーションを今後も展開予定です。
⇒日本上陸を記念し、小説家 島田雅彦さんと特別コンテンツを制作
Audibleの日本本格上陸を記念し、小説家の島田雅彦さんとスペシャルなコラボレーションを実施。著者という立場・視点から、オーディオブックの歴史を振り返るスペシャルコンテンツ「作家 島田雅彦氏が語る朗読の世界」をお聴きいただけます。また、未刊行の短編小説を含む作品をAudibleのために島田さん自身がナレーション。
一連のコンテンツはAudibleで順次発表予定です。

■Audibleが提供する「オーディオエンターテインメントコンテンツ」とは
Audibleは、世界中で何百万もの人々が利用しているオーディオブックの提供サービスです。オーディオブックとは「耳で読む本」と言われており、書籍を音声化したものを指します。海外ではすでに広く利用されており、コンテンツ利用の方法として一般に認識されています。オーディオブック以外にも、オリジナル脚本のオーディオドラマなどを含む「音楽ではない耳で聴くコンテンツ」というジャンルの制作・配信を行っているのがAudibleであり、それらを広く「オーディオエンターテインメントコンテンツ」と呼んでいます。これらを通して、日本でも本の新しい楽しみ方・コンテンツの新しい利用方法をご提供できると考えています。

■オーディオブック市場におけるAudibleの強みとは?

⇒圧倒的なコンテンツ数

現在世界で21万5千タイトル以上のコンテンツがご利用可能となっており、コンテンツの時間総数は150万時間以上に達します。(2015年3月時点)

⇒継続的な習慣として「なじみやすい」という手軽さ
現在世界のAudible利用者は、年平均17本以上のコンテンツを購入しています。再生時間に換算すると、2014年までに世界中で12億時間がオーディオエンターテインメントコンテンツを楽しむことに充てられていることになります。安価に、また手軽に利用できるというスタイルが人々の生活になじんでおり、「一時的な体験ではなく習慣として取り入れる」というトレンドになっています。

⇒一流のナレーション、魅力的なオリジナルコンテンツ
Audibleは、高品質かつ話題性の高いコンテンツを提供しています。オーディオブックナレーションの技能を教えるワークショップを国境を越えて開催するなどの取り組みや、既にある小説の改作を含むオリジナルコンテンツの制作も行っており、オーディオブックの可能性を無限大に高め続けています。
また、2013年には世界で最も権威のある音楽賞とされるグラミー賞の「オーディオブック部門」賞を受賞しています。世界中で活躍する著名なハリウッドスターをナレーターとして起用するなど、よりお客様に魅力的なコンテンツの作成にも取り組んでおります。

【サービス概要】
■サービス名称  :Audible(オーディブル)
■価格      :月額1,500円(登録後一カ月間は無料体験可能)
■使用方法    :①Android版アプリにて会員登録、月額1,500円で聴き放題の定額サービス
          ②iTunesからコンテンツをダウンロード(コンテンツごとに購入)
■URL      :https://www.audible.co.jp/
■お客様お問い合わせ先:
 Audibleカスタマーサービス(24時間対応)
 TEL:0120-899-217 MAIL: customerservice@audible.co.jp

【Audible, Inc. 企業概要】
■企業名:Audible Inc.
■本社:アメリカ ニューアーク(ニュージャージー州)
■CEO:Don Katz
■沿革:1995 アメリカで設立し、1999年に株式公開。
    2008 Amazon.comの傘下に入る
    2011 オーディオブッククリエイションエクスチェンジ(ACX)をアメリカでサービス提供開始。
       現在はアメリカとイギリスで提供中。権利関係の手続きをスムーズにし、
       書籍のオーディオブック化を活発化させる。
    2012 KindleとAudibleを同期させるサービス“Whisper Sync for Voice“をアメリカで
       サービス提供開始。現在はアメリカ、イギリス、ドイツで提供中。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Audible, Inc.
  4. >
  5. 「いつでもどこでも」本を「耳で楽しめる」、オーディオエンターテインメントサービス Audible(オーディブル)が日本へ本格上陸