倉敷中央病院が研修医採用に実技試験を導入。「15ミリの折り鶴」・「昆虫の組み立て」・「ミクロ寿司」に挑戦。

ユニークな試験で受験者の精神力・集中力・判断力を総合的に審査。

倉敷中央病院は、2016年度の新卒研修医採用試験に実技試験を導入します。それに先立ち、7月19日、東京ビッグサイトで開催される医学生向け医療系就職活動イベント「レジナビ」で、医学部の4・5・6年生を対象とした実技試験のトライアウトを実施します。
◆トライアウト告知用WEBサイト
URL: http://www.kchnet.or.jp/recruiting/
◆開催日、会場
7月19日、東京ビッグサイト102会議室にて (レジナビと同日開催)
◆開催時間
13時~、17時~


 公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院(岡山県倉敷市美和1丁目1番1号 創立1923年)は、2016年度の新卒研修医採用試験に実技試験を導入します。それに先立ち、7月19日、東京ビッグサイトで開催される医学生向け医療系就職活動イベント「レジナビ」で、この実技試験のトライアウトを実施します。対象は全国の医学部の4・5・6年生です。


倉敷中央病院が実施する実技試験の内容は、以下の三つです。

■15mm平方の折り紙を用いて極小の折り鶴を何羽つくれるかに挑戦
■13の部分に分けた約35mm前後のタマムシを、もとの形に組み立て直せるかに挑戦
■約5mm程度のひと粒の米の上に極小の刺身を載せた寿司を何貫つくれるかに挑戦

以上をそれぞれ15分以内に行ってもらいます。

 この実技試験を採用するにあたって、倉敷中央病院 救命救急センター長兼教育研修部部長 福岡医師は次のように語っています。
「手先の器用さをテストすることが最大の目的ではありません。医療の現場は、無理難題の連続です。その際、冷静に状況を判断し的確な処置ができるか、決して諦めずに手を尽くせるかが問われます。
今までの筆記と面接の試験では測れなかった素質や性格を判断したいと考えています。私たちは、筆記や面接で目立たなくても、やりぬく力を持って活躍する人材にたくさん出会ってきました。
そんな人に出会える実技試験を目指しています。前向きな医学生の受験をぜひ心待ちにしております」

 この実技試験を体感できるホームページを開設しました。ぜひご覧ください。(URL: http://www.kchnet.or.jp/recruiting/
企画はカンヌ国際広告祭(クリエイティブフェスティバル)で金賞を複数回受賞しているTBWA\HAKUHODOのクリエイティブディレクター佐藤カズー氏と、そのチームが担当しています。

【本件に関するお問い合わせ先】
倉敷中央病院 医師採用 PR事務局(株式会社ザックス内)
担当: 畑中、布施(ハタナカ、フセ)
TEL : 03-6804-2931
FAX : 03-3403-1226
Mail: kurashiki@zaax.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 公益財団法人 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院
  4. >
  5. 倉敷中央病院が研修医採用に実技試験を導入。「15ミリの折り鶴」・「昆虫の組み立て」・「ミクロ寿司」に挑戦。