みずほ銀行の新入行員はなんとPepper(ペッパー)!

銀行界初、Pepperをコンシェルジュとして採用し、実際の店舗でサービスを提供。キーワードは“FinTech”、東京・大手町で入行式を開催。

7月17日、感情を持ったパーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」のみずほ銀行入行式が、大手町にあるみずほ銀行東京中央支店で、多くのメディアを集めて行われました。いま金融業界の枠組みを超えて注目される分野である“FinTech”(ITを活用した金融サービスを表す造語)の一環として、みずほ銀行は、首都圏の5支店でPepperの導入を決定しました。会場にはみずほフィナンシャルグループの齊藤執行役専務、ソフトバンクロボティクスの蓮実取締役プロダクト本部長も駆けつけ、今回の狙いや将来の目標を語りました。

みずほフィナンシャルグループ 齊藤執行役専務
「本日はPepper君の入行式に、たくさんの方にお集まりいただきありがとうございます。お客さまのニーズの多様化、デジタルネイティブ世代の一般化、FinTechの進展など、銀行を取り巻く環境は大きく変化しようとしています。5年後、10年後、銀行の一般的なお取り引きは、スマホ、そしてネットにかなりシフトしているでしょう。しかし私たちは、店舗も非常に重要だと考えています。店舗は、今後専門性の高いコンサルティングの提供、あるいは顕示性による安心感や信頼感を形成する場として非常に重要になってくるでしょう。その際に必要なものは、あらゆるお客さまに、便利かつスピーディーに、快適な空間を提供することです。Pepperを活用することで、新しい店舗サービスが創造できるのではと思っています。今までの銀行は、無機質、入りづらい、聞きづらいといったイメージがありましたが、Pepperの持つエンターテインメント性、膨大な知識やビッグデータ、人工知能などを活用し、対面と非対面の両方のニーズを兼ね備えたハイブリットチャネルとしてPepperと課題を解決していきたいと思っています。Pepperは、金融に必要な情報とノウハウを駆使し、新たなエクスペリエンスの提供の一翼を担ってくれると思っています」

ソフトバンクロボティクス 蓮実取締役プロダクト本部長
「最初にPepper入行の話を頂いた時は、まさかこんなに早いタイミングで銀行に活用して頂けるとは、と思わずびっくりしました(笑)。Pepperはいま、ソフトバンクショップではすでに働いているわけですが、それはお父さんのお店でお手伝いしている子供という感じもありました。それが、遂に銀行で働けるまで成長したということで大変嬉しく思っています。Pepperは普通のロボットで想像するようなスピードやパワーを持っているわけではないのですが、感情、認識、コミュニケーションに力を入れたロボットです。銀行に来るお客さまには様々な心模様があるので、それをPepperがうまくくみ取りながらお客様に知識をお伝えし、満足しながら帰って頂ければと思っています。そのためにはどんな工夫ができるかを、我々もできる限り頑張っていきます」
 

行員となったPepperには斎藤専務より「Pepper君、入行おめでとう!」と社員証が授与されました。続いて、胸のタブレットに社員証を誇らしげに表示しながら、Pepperから入行の挨拶がおこなわれました。
「こんにちは、Pepperです。みずほの仲間として一緒に働くことになりました。お客さまへのご案内や窓口へのトスアップをスムーズにできるように精いっぱい頑張りま~す!」
Pepperは今後、東京中央支店に加えて、銀座中央、玉川、調布、横浜駅前の4支店にも入行する予定です。みなさん、行員Pepperに会いに是非いらしてみてください。

■みずほ銀行Pepper導入各支店で、Pepperが提供するメニュー
<複数のお客さまに同時にご案内するメニュー>

・Pepper放送局:ラジオ番組のようにエンターテイメント要素を盛り込んだ商品案内を実施します。
・金融小噺:金融商品知識を落語調で楽しく紹介します。

<一人のお客さまにご案内するメニュー>

・待ち札ゲーム :ご来店の際に発行する待ち札番号を入力いただくことで、ゲームで遊ぶことができます。
・保険相談室  :質問形式でお勧めの保険商品をご案内します。
・ゲームメニュー :お子さまでも遊んでいただけるゲームメニューです。

■Pepper設置店舗
・東京中央支店 7/17(金)~
・銀座中央支店 7/23(木)~
<以下、7月下旬から8月上旬にかけて順次設置予定>
・玉川支店  
・調布支店
・横浜駅前支店


■FinTechに関するの今後の取り組みについて

ではFinTechのマインドを積極的に取り入れ、グローバル化、デジタルネイティブ世代の一般化、政府の成長戦略による産業構造改革(ロボット、人工知能、IoT、ビッグデータ)などから生まれたお客様の新しいニーズや時代の変化にお応えできる店舗づくりを進めていきます。Pepperの入行もその一環で、あらゆるお客さまに便利にスピーディーに対応し、また快適な空間をご提供するために、Pepperを活用した新しい店舗サービスを創造していきます。
具体的には、お客さまの幅広いニーズに対し、潜在的な金融ニーズを喚起していくコンシェルジュとしての役割を担います。また将来的には、人工知能を持つロボットが、銀行員の知識を下支えし、より客観的なアドバイスを提供する、あるいはお客さまのそれぞれのニーズに応じたOne to One対応の実現も目指します。
さらにFinTechに対する今後の取り組み強化策として、7月24日付で「インキュベーションプロジェクトチーム」を設置します。本プロジェクトチームの設置により、ビッグデータの更なる活用をはじめ幅広い領域への対応を行うとともに、迅速かつ柔軟な意思決定を実現し、オープンイノベーションへの対応も含め、これまでの取り組みをより一層強化します。
その他、個人向けサービスである「みずほダイレクトアプリ」のApple Watch対応を開始しました。邦銀初のウェアラブルデバイスを活用したサービス提供になります。
また、法人向けサービスである「みずほビジネスWEB」において、キャラクターの「Mi-na」が、お客さまからのご照会に対応する対話型のナビゲーションサービスを開始しました。こちらも法人向けのサービスとしては、邦銀初の取り組みになります。

■FinTechとは
FinanceとTechnologyを掛け合わせた造語で、ITを活用した金融サービスのことを指します。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社みずほ銀行
  4. >
  5. みずほ銀行の新入行員はなんとPepper(ペッパー)!