1500万ユーザーに支えられ、ハフィントンポスト日本版が月間1億PVを突破

〜ライフスタイル コンテンツもさらに充実へ

 ニュース&ブログ、オピニオンサイト「ハフィントンポスト日本版」(以下、ハフポスト日本版)は、2015年7月に、月間1億ページビューを突破しました。月間1500万のユーザーの皆様に支えられ、2013年5月の創刊からわずか2年2カ月で達成したことになります。
 ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン(代表取締役:西村陽一)が運営するハフポスト日本版は、米国でスタートを切った「The Huffington Post」のアジア進出の第一弾として、朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)をパートナー企業として創刊されました。人と人、人と世界をつなぐソーシャルメディアを重視し、政治、経済、社会、国際、ライフスタイルを軸に国内外の多彩な論点を紹介、読者の皆様に多種多様な情報をお届けしてまいりました。

 2014年1月には、テレビ朝日系「報道ステーションSUNDAY」のメーンキャスターとして活躍する長野智子をEditor at Large(編集主幹)に迎え、国際ニュースの充実やブロガーの拡大を図るとともに、格差社会や地方創生、ダイバーシティやLGBTなど、世相をかたちづくる重要なテーマの掘り起こしに努めております。

 また、この春からは、ユーザーの皆様の関心が高い「ライフスタイル」ジャンルに注力し、生き方や暮らし方、働き方について問題提起する硬派なニュースから、心が安らいだり元気になったりする軽い話題のものまで、幅広い情報をお伝えしております。これらのコンテンツ拡充とすべての記事をページ分割せずに表示するユーザーフレンドリーを意識したサイト運営により、日本版は現在、「世界のハフポスト」の牽引役の一つを務めております。

 編集主幹の長野智子は、以下のようにコメントしています。

月間1億PV突破にあたり、読者のみなさま、そしてハフポスト日本版を支えてくださった関係者の皆様に、この場を借りて、心よりお礼申し上げます。ハフポスト日本版は国内外のニュースを伝えるにとどまらず、ワークライフバランスやLGBTなど、「ダイバーシティ」をテーマに掲げ、積極的に問いかけ、提言をしてきました。これからも「埋もれがちな小さな声を、聴こえる声に」という思いを大切に、より多くの方に期待していただけるメディアになれるようスタッフ一同、がんばっていきたいと思います。

 サイト力の源泉はひとえにユーザーの皆様です。より多くの方々に愛読されてこそ、サイトは成長していきます。ハフポスト日本版は今後も、ユーザー数を重視し、より質の高い報道を目指し、邁進してまいります。

 ハフポスト日本版を、今後ともよろしくお願い致します。

【The Huffington Postについて】
ザ・ハフィントン・ポストは、ニュース速報、特集、エンターテインメントの情報源であると同時に、読者が活発に意見交換や対話を行うコミュニティーです。2012年、イラク戦争・アフガン戦争の報道により、ピューリッツアー賞を受賞しました。サイトの訪問者数は、世界全体で月間2億1400万人を数え(2015年1月現在、コムスコア調べ)、また、当サイトに寄稿するブロガーは10万人を超え、政治家や学生、著名人から、学者、政策専門家にいたるまで、あらゆる人々が自身の大きな関心事項に関する書き込みをリアルタイムで行います。

日本版は2013年5月、朝日新聞社をパートナー企業としてスタート。アメリカと日本のほか、英国、カナダ、ケベック州、フランス、スペイン、イタリア、ドイツ、マグレブ(北アフリカ)、韓国、インド、ギリシャ、アラブで各国版を展開しています。ザ・ハフィントン・ポストは米大手インターネット企業・AOL.Incの傘下で運営されています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社
  4. >
  5. 1500万ユーザーに支えられ、ハフィントンポスト日本版が月間1億PVを突破