レノボ、VMware SDDC、Red Hat OpenStack、Hadoop向けソリューションのリファレンス・アーキテクチャーを新規投入

~検証済みリファレンス・アーキテクチャーによるハイパフォーマンスで迅速なインフラ構築のソリューションを提供~

レノボ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 留目真伸、以下レノボ)は本日、大企業ならびに中堅企業をターゲットとする最新のISVソリューションのリファレンス・アーキテクチャーを発表しました。パワフルな新技術を盛り込んだリファレンス・アーキテクチャーにより、Lenovoのサーバー、ストレージ製品群によるスムーズな最新インフラの構築を行うことが可能となり、需要が増しているクラウドやビッグデータ、データベースのプラットフォームのデプロイメントの高速化・パフォーマンスの向上を実現することができます。
●Lenovo Cloud Reference Architecture for VMware Software Defined Data Center

VMware Software Defined Data Center 用の Lenovo Cloud Reference Architectureは、企業内の仮想化タスクをすべて管理できる、低価格で相互運用性の高いプライベート・クラウド環境を、短期間でより手軽に提供します。最新製品のLenovo System x M5 ラックサーバー、Lenovo ネットワーキング製品、IBM Storwize ストレージの組み合わせは、高いパフォーマンスの仮想化ソリューションを実現します。また、内蔵フラッシュ・ストレージとVMware VSANを使用したハイパーコンバージド・システム構成も提供され、Software Defined Storageの環境を迅速に使用することもできます。VMwareソフトウェアと導入に関するレノボのベスト・プラクティスを組み合わせることで、高いセキュリティで、よりダウンタイムの少ないプライベート・クラウド環境を構築できます。
http://shopap.lenovo.com/jp/systems/solutions/cloud/#tab-vmware_cloud

●Lenovo Cloud Reference Architecture for Red Hat OpenStack

Lenovo Cloud Reference Architecture for Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platformはハードウェア、ソフトウェアを組み合わせたプライベート・クラウドの導入に最適化された構成でインフラストラクチャーおよび仮想化環境の管理の簡素化を実現することができます。レノボによるサイジング済みの Lenovo System x3650/ x3550 M5ラックサーバーとRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platformを組み合わせることで、スモールスタート可能な小規模構成から、本番業務への拡張も可能な高いスケーラビリティを実現し、実証テスト済みの構成を迅速に導入することが可能になります。内蔵フラッシュ・ストレージを組み合わせたハイパーコンバージド・システムも新たに追加され、コスト・パフォーマンスの高い構成を提供しています。
http://shopap.lenovo.com/jp/systems/solutions/cloud/#tab-openstack_cloud

●Lenovo Big Data Reference Architecture

Cisco Visual Networking Index によれば、今後4年間で世界のIPトラフィックは3倍に増加することが見込まれ、ストレージの管理とビッグデータの分散化はかつてないほど重要になってきます。レノボは、Cloudera、MapR、IBM 向けの最新 Hadoop リファレンス・アーキテクチャーを発表し、引き続きビッグデータソリューションに注力していきます。これらテスト実証済みの統合的なリファレンス・アーキテクチャーは、Intel Xeon E5-2600 V3 プロセッサーを搭載する Lenovo System x3650 ならびに x3550 M5 ラックサーバーによる信頼性とスケーラビリティと共に、ビッグデータ周辺の最新テクノロジーを提供し、迅速な導入を支援します。
http://shopap.lenovo.com/jp/systems/solutions/big-data/

●Lenovo Database Configuration

データは今後も指数関数的に増え続けると予想されるからこそ、レノボは新たなデータベースソリューションを提供し、お客様がデータの力を迅速に利用して業界を変革していくのを手助けします。Lenovo Database Configuration for EnterpriseDB Postgres Plus は、Lenovo System x3850 X6 ミッションクリティカル・サーバーのメインフレーム並みの信頼性と組み合わせてお届けします。EnterpriseDB が提供している、このオープンソースを基盤とするPostgres Plus Advanced Server データベース製品は、お客様にとって、データベース選定の経済的な選択肢の一つとなります。
http://shopap.lenovo.com/jp/systems/solutions/database/#tab-enterprisedb
 
Lenovo Database Configuration for MongoDB Enterprise は、現在最もポピュラーなNoSQLデータベースソフトウェアを Lenovo System x3850 X6サーバーと組み合わせ、スケールアップなシステムを提供します。Lenovo System x3850 X6 の信頼性とMongoDBの先進的な機能がひとつになって生み出すものは、卓越したシステムパフォーマンス、可用性、そして、データの高速処理とダウンタイムの短縮を同時にもたらすソリューションです。
http://shopap.lenovo.com/jp/systems/solutions/database/#tab-mongodb

その他レノボがご提供するソリューションは下記よりご覧ください。
http://shopap.lenovo.com/jp/systems/solutions/

レノボは、Lenovo Corporationの商標です。
その他の製品名および会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

お客様のお問い合わせ先
レノボ・ジャパン株式会社 TEL:0120-80-4545
お問い合わせ受付窓口   TEL:0120-130984
(レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社)

レノボ・ジャパン ホームページ
トップページ  :http://www.lenovo.com/jp/ja/
プレスリリース :http://www.lenovo.com/news/jp/ja/

レノボについて
Lenovo(HKSE:992/ADR:LNVGY)は、Fortune Global 500に含まれる売上高460億米ドルのグローバル企業で、個人向け、事業向け、企業向けに革新的なテクノロジー製品を提供する業界リーダーです。高品質で安全性も考慮されたレノボの製品とサービスは、PC(老舗のThinkブランド、マルチモードのYogaブランドを含む)、ワークステーション、サーバー、ストレージ、スマートTVに加えて、スマートフォン(Motorolaブランドを含む)、タブレット、アプリケーションで構成されるモバイル製品ファミリーにまで広がります。LinkedIn、Facebook および Twitter(@Lenovo)で最新情報を提供しています。レノボの詳細については、www.lenovo.com/jp/ja/ でご覧いただけます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. レノボ・ジャパン株式会社
  4. >
  5. レノボ、VMware SDDC、Red Hat OpenStack、Hadoop向けソリューションのリファレンス・アーキテクチャーを新規投入