“社会実験動画”「もしもシャケの切り身が泳いでいたら?」公開

<静岡放送制作 TBS系全国ネット特番>9月6日「キャイ~ン×よゐこの そうだ、魚屋さんへ行こう!」番組に先立ち“社会実験動画”

 静岡放送株式会社(代表:桂 英治、本社:静岡県静岡市)は当社制作の魚バラエティ「キャイ~ン×よゐこの そうだ、魚屋さんへ行こう!」(以下「番組」)のオンエアに先立ち、社会実験動画「もしも、シャケの切り身が泳いでいたら?」を8月31日(月)よりインターネット上で公開します。
 番組は、静岡放送が制作する、9月6日(日)午後4時からTBS系列全国ネットで放送される番組で、魚一筋、魚をこよなく愛する魚屋さんを通して贈る“涙と笑いの魚バラエティ”です。

  近年、日本の魚消費量はここ10年で減少・横ばいの傾向が続いており、魚への関心や魚食への興味が薄れてきています。そんな中、今回の動画は、食卓で出される魚はさばかれた状態で泳いでいると信じている子供たちがいるという都市伝説を検証すべく、精巧なシャケの切り身ロボットを制作、相模原市の相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはらの協力を得て実験を行ったものです。

 

■社会実験動画概要
名 称 : 【社会実験】もしも、シャケの切り身が泳いでいたら?
開始日 : 2015年8月31日
動画尺 : 95秒
内 容 : 魚離れが起きていると言われる日本人。そんな日本人の中でも特に
      子供たちの魚への興味が薄れているのではないか、という仮説のもと
      食事に加工された姿で出されるシャケの切り身を水槽に泳がせて、子供たちがどんな反応を示す
      社会実験を行った。泳ぐのはシャケの切り身ロボット3体。飼育員らが、水槽に放流すると一斉に
      泳ぎだすシャケの切り身。水槽に貼られているシャケの説明プレート。子供たちが切り身を見なが
      ら、口々にしゃべっている。シャケが切り身姿で泳ぐのを信じてしまっている子供もいるようです。
URL   : https://www.youtube.com/watch?v=SUYUJZk_Uo8

 









■社会実験詳細
日 時 : 2015年8月20日
会 場 : 相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら(神奈川県相模原市)
内 容 : シャケの切り身ロボットを泳がせた水槽を設置

■ロボット概要
名 称 : シャケ切り身ロボット

内 容 : 小型モーター4台を内蔵し、それぞれに違った動きをさせることで魚らしい動きを追求している。

      環境に優しい天然ゴムで包み込み、ペイント。本物の切り身と見間違うほどの精巧さで泳ぐシャケの切り身を表現した。



■番組概要
タイトル   :キャイ~ン×よゐこの そうだ、魚屋さんへ行こう!
放送日時   :9月6日(日)午後4:00~4:54
制作著作   :SBS
制作協力   :SBSメディアビジョン
同時ネット  :TBS系列全国28局フルネット
プロデューサー:羽田詠子、淺原宜則(SBSメディアビジョン)

出演者     :キャイ~ン ウド鈴木 天野ひろゆき、よゐこ 有野晋哉 濱口優

番組内容   :魚離れの日本人を引き留められるのは、星つきシェフでも巨大マグロを仕留める漁師でもな
        く、実は「町の魚屋さん」。番組は、単なる魚グルメだけでなく、日本の魚食の存亡を賭けた
        魚屋さんの挑戦をキャイ~ン、よゐこが密着。

出演者コメント:天野ひろゆき(キャイ~ン)さん鮮度を保つだけでなく、どういう状態にしたら魚が一番おいしいかという、魚のポテンシャルを引き上げるためにあんなに魚屋さんがいろんな作業をやっているのかと思ったら頭が下がりますよね。この番組を見たら魚を食べたくなるし、魚を料理したくもなります。子供も見たら一緒に魚を食べたいって言うと思います。とにかく魚を探求し、追求していく番組です。それをやっている代表が前田尚毅さん。彼の技術はすごいですよ。この番組を見たら魚にものすごい興味がわいて、魚が好きになる、日本に魚嫌いをなくす番組です。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 静岡放送 株式会社
  4. >
  5. “社会実験動画”「もしもシャケの切り身が泳いでいたら?」公開