検査分析の総合受託サイト 『分蔵検蔵』 10月15日よりサービス開始

日本初!取扱い検査数500点以上の検査分析受託サイト

株式会社IMIC(東京都千代田区九段北1-4-4 代表取締役 樋口哲也 TEL03-5212-1550)は、10月15日より、検査分析の総合受託サイト『分蔵検蔵』(http://bunzo-kenzo.com/)をリリース。あらゆる業種の検査分析ニーズにワンストップ・ワンプライスで対応いたします。


 

『分蔵検蔵』トップページ

 

『分蔵検蔵』特徴

 

1.業界初!ワンプライス受注システム
検査分析業界では慣習的に、お客様毎に価格・サービスが決っていることが多く、ワンプライスでの提示が難しいとされていました。『分蔵検蔵』では、これまで培ってきたエリア・市場相場等を元に、最適な価格をご提案できる仕組みを構築、多くの検査項目がWeb上でワンプライスにて注文できるようになりました。
 

食品分析の一例

 

2.取扱い検査数570点強(10月15日時点)
全国600社を超える検査分析会社と連携することにより、対応できる検査分析の項目数が、通常の検査会社に比べ項目数等が格段に多く、総合検査受託サービスと呼ぶに相応しい品ぞろえとなっております。
 

検査別、業種別に検査項目を検索できます

 

3.検査分析のワンストップ対応
運営元である株式会社IMICでは、建設不動産から製造業、旅客業のお客様に至るまで、幅広い業種の検査分析ニーズに対応しており、その技術的ノウハウや知見、応用力を『分蔵検蔵』にも余すことなく反映させております。
お客様はこれまでの分離発注から脱却、問合せから支払いまで『分蔵検蔵』だけでまとめていただくことが可能です。
 

産廃・土壌分析の一例

 

『分蔵検蔵』今後の展開

運営会社である株式会社IMICにて取り扱う検査数は10月15日時点で1,700点を超えています。
ワンプライス化できる項目は順次『分蔵検蔵』にアップしていき、また、新たなニーズを取り込みながらサービスの充実を図ることで、日本最大の検査分析ポータルサイトを目指して参ります。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社IMIC
  4. >
  5. 検査分析の総合受託サイト 『分蔵検蔵』 10月15日よりサービス開始