世界100ヶ国以上で普及するモバイル・トラベルアプリ、待望の日本語版登場!

~旅程管理アプリ『トリップケース』に日本語含む8言語を追加、計9言語に対応~

エアライン、ホテルチェーンなどの旅行サプライヤーや旅行会社にグローバルなテクノロジー・ソリューションを提供し、トラベルテクノロジー分野における世界最大手のセーバートラベルネットワーク(本社:Sabre Corporation米国テキサス州、日本支社長:中里秀夫、以下セーバー)は、2015年10月19日、世界の100ヶ国以上の旅行者や出張者に広く利用されている旅程管理アプリ、『トリップケース(TripCase)』に待望の日本語版が追加されたことを発表します。

◆セーバートラベルネットワーク公式サイト:http://jp.sabretravelnetwork.com/


本アプリは、世界で大きなシェアを持つセーバーの予約システム経由で予約された記録はそのまま反映される他、個人で予約した航空会社・旅行会社・ホテルからの確認メールを指定のアドレスに転送することで、すべての旅程を一つのプラットフォームで旅行者自身が管理することもできます。ウェブサイトからの利用、手動での追記も可能です。

今回、従来の英語版に加えて日本語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語版の8カ国語版を追加し、合計9言語での利用が可能となったトリップケースは、既に世界100ヶ国以上の旅行者に利用され、同様のアプリの中でトップクラスのダウンロード数を誇っています。世界で11万以上の企業、旅行会社、航空会社で活用され、2014年には年間3,000万件以上の旅行を取扱っており、現在急成長している、旅行業界の代表的なモバイル・トラベルアプリです。
 

画像統合版

◆トリップケースの特長(利用料無料):

1.      いつでもどこでも、モバイルで簡単に常にアップデートされた予約情報を確認、一元管理できる
2.      フライト変更が生じた場合に自動で通知が届くため、慣れない言語や空港でも安心
3.      最新のシートマップや、変更が生じた場合の代替スケジュールも簡単に検索
4.      家族・友人や出張先の関係者と簡単に旅程を共有でき、危機管理にも役立つ
5.      自身でオプショナルツアー、レストラン予約や会議予定を追加し、パーソナライズが可能
6.      旅行先で、ハイヤー配車サービスの「ウーバー」を簡単に手配可能

 

ユーロモニター・インターナショナル社の2014年調査では、「2030年には旅行者は現在より10億人増加し、その多くがスマートフォンを持って旅行するようになるだろう」と推測しています。また、フォーカスライト社の2014年「旅行者とテクノロジーの調査」によると、「旅行者の中でスマートフォンの浸透率が最も高いのは中国で、旅行者の98%がインターネットを利用できる電話を所有している」としています。次いで浸透率が高いのは米国(87%)、英国・フランス・ドイツ(それぞれ76%以上)となっています。

トリップケースに新たな8カ国語を追加することは、「旅行者の好みに合わせた形態でパワフルなモバイルサービスを提供する」という、セーバーの戦略に沿ったものです。セーバーは、いち早くウエアラブル端末を使い始めた旅行者向けにAndroid Wear用アプリの開発を発表しているほか、2015年4月にはApple Watch用アプリも提供を開始しています。

日本市場に対しては、この世界各国で普及しているトリップケースと連携できるインバウンド(訪日旅行者)向けソリューションとして、「セーバーレッドアップス(Sabre Red Apps)」も展開しています。

■トリップケースのユーザーガイドは下記からご覧ください。
http://jp.sabretravelnetwork.com/home/products/tripcase

■トリップケースの詳細情報は、各言語の公式サイトもご覧ください。
日本語:http://jp.tripcase.com/ 
中国語・簡体字: http://cn.tripcase.com
中国語・繁体字: http://tw.tripcase.com/
韓国語: http://kr.tripcase.com
英語: http://travel.tripcase.com/

以 上

■セーバートラベルネットワークについて

セーバーは世界各国の「エアラインやホテルをはじめとする旅行サプライヤー」と「旅行会社と企業」をつなぎ、旅行者のあらゆるニーズをITで支える、トラベルテクノロジー分野におけるリーディングカンパニーです。旅行会社には旅行商材を予約する際に必ず必要なシステム「Sabre GDS*」、企業にはオンライン海外出張予約&管理ツール「ゲットゼア(GetThere)」などを提供しています。
セーバーは世界144ヶ国、66,000を超える旅行会社で425,000人を超えるツアー・オペレーターに毎日利用されている他、世界のオンライン旅行会社(OTA)のトップ10社のうち9社がセーバーのパートナーです。セーバーを通じて予約される年間旅行取扱高は約1,200億ドル(=14兆4,000億円/1$=120円で計算)にものぼります。
1960年に世界最初の予約システムを開発以来50年以上の経験と技術を生かし、現在は世界60カ国に約10,000人の従業員を擁し、世界160カ国以上に顧客を有しています。
*GDS: Global Distribution Sysytemの略。航空券やホテル、レンタカーなどの旅行関連コンテンツの予約システムの総称。

・会社名:中里 秀夫(なかざと・ひでお)
・本社住所:〒107‐0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー4階
・TEL : 03-6893-7270 
・FAX : 03-6893-7279
・設立:1993年9月17日
・業務内容
旅行・運輸業界を主とした情報処理および情報提供サービス、
ソフトウェアの技術指導、システム構築のコンサルティング
・ウェブサイト:http://jp.sabretravelnetwork.com

*Sabre(R), Sabre Holdings(R), Sabre Travel Network(R), Sabre Airline Solutions(R), Travelocity(R) 及び GetThere(R)は登録商標でありSabre Holdings Corporationまたはその関連会社が所有する商標です。その他の商標はそれぞれ各所有者のものです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. セーバートラベルネットワーク
  4. >
  5. 世界100ヶ国以上で普及するモバイル・トラベルアプリ、待望の日本語版登場!